人気ブログランキング |

<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

東京弦楽四重奏団(Tokyo Quartet)演奏会

7月3日、Stationers’ Hallにて。City of London Festivalの一環。全4回の公演のうちの第3回目。このStationers’ Hallは、15世紀に各種設立されたギルドのうち本を作ったり売ったりしていた人たちの本部的存在であった。現在は貸しホール的存在である。下の写真に外見とホールの内部を示す。演奏者は中央のステンドグラスの前に位置する。
c0057725_23551617.jpg

c0057725_23555226.jpg

ロンドンはこの夏一番と思われる暑さで、30度を超えたらしい。夕方にはやや涼しい風が吹いていたが、冷房のない古い建物の中は昼間の熱気がそのままで、コンサートのため窓は閉じたまま。聴衆は聴いているだけだけど、演奏者は燕尾服でかなりの運動量、さぞかし大変だっただろう。文字通り熱演であるが、すばらしいエネルギーを発散させていた。

Tokyo Quartetは1969年に桐朋学園出身の奏者たちによって設立された団体で、メンバーの交代を経ながら現在も次の4名で活発な活動を行っている。日本音楽財団より貸与されている楽器はThe Paganini Quartetと名づけられた由緒あるもので、全てストラディヴァリウスとのこと。
第1ヴァイオリン:Martin Beaver
第2ヴァイオリン:Kikuei Ikeda
ヴィオラ:Kazuhide Isomura
チェロ:Clive Greensmith

このうち、ヴィオラ奏者が設立以来のメンバーだそうで、多分リーダー的存在のせいなのか通常のカルテットの配置と違って右端に座って演奏している。

プログラム
モーツァルト:弦楽四重奏曲ヘ長調 K590
間宮芳生:弦楽四重奏曲第3番(A Song the White Wind)
ブラームス:弦楽四重奏曲変ロ長調 Op.67
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲アメリカの第4楽章(アンコール)

モーツァルトの第1印象は4人の奏でる音がとても透明で美しいこと。アンサンブルは何も言うことなし。すばらしい音楽がホールに満ちる。丁度演奏が終わったときに近くの教会から鐘の音が聞こえて、みんな笑いながらも盛大な拍手。時計を見たら8時だった。

間宮の音楽が欧州で演奏されることは珍しいことと思う。私も聴くのは初めてである。聴いて、自分の現代音楽好みが再確認できた。先のモーツァルトの後なので余計新鮮に聞こえた面があるとは思うが、その美しさよりも何かを切り開こうとするような鋭さを持ったこの音楽の方が好きだ。不安や不確定性も強く感じられるが、二人の日本人メンバーのお陰で解釈的にも問題ないのだろう、心に素直に入ってくる演奏だ。

ブラームスは、実に緻密な演奏で隙というもののない完成度の高さに感心した。この暑さのもとでよくこれだけ精神を集中できるものだ。3つの作品の中では音楽的にはやはり一番深さを感じる作品である。

写真は終演後のTokyo Quartetで、左から第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラの各奏者である。
c0057725_23563123.jpg

by dognorah | 2006-07-04 23:53 | コンサート

スポーツ雑感

7月1日はイングランドとポルトガルのフットボールの試合がある上に、ほぼ同時刻にウインブルドンではイギリス希望の星アンドリュー・マレーがシード3位であるアメリカのアンディ・ロディックと対戦したのでイギリスのスポーツファンは大忙しだったことだろう。
実は、フットボール試合のせいでウインブルドンはすくであろうから見に行こうかと思っていたのだが、マレーがここまで勝ち進むことを予想していなかったので残念ながら目論見は外れてしまった。午後4時ごろ、家人が偵察に行ったらウインブルドンは長蛇の列だったとのこと。すいていたのは道路とスーパーマーケットだけだったらしい。

c0057725_2121268.jpgマレーはしかし強くなったもんだ。ノーシードながら第3シードを破ったのだから。しかも3セット連取のストレート勝ち。試合をTVで見ていて、ものすごく相手を研究していたんだなぁということがよくわかる作戦だった。そのためにロディックは第1サーヴを入れないとポイントが取れない状況になり、まんまとやられてしまった。今日は特に調子がよかったということもあるが、イギリスにおける新人類である印象を強烈に与えてくれた。まずコートに入ってくる段階でiPodで音楽を聴いている。こういう選手は見たことがない。あの若さで、判定に不満があったら臆せず(柄悪い印象は問題だが)審判にいちゃもんをつける。勝ちビビリなんていう言葉はどうも通用しないのではないかというマッチポイントでの心臓の強さ。

それにしても毎年のことであるがウインブルドンにおける線審の誤審の多さはほとほと呆れる。興をそがれることはなはだしい。TVで見ると、あんたは目が見えるの?と言いたくなる年寄りが線審であったりする。サーヴにしたって、フォールトのときは電子音が鳴ることになっているが出鱈目なことが多く、全く信頼性に欠ける代物。伝統的なテニスクラブの頭の固い役員たちは改善しようとする前向きの姿勢がぜんぜん感じられない。この電子音システムにしてもどこかの会社から導入してもう10年は経つと思われるがなんら技術的に改善されていない。キックバックでも貰っているのじゃないかと勘繰りたくなる。こんな不良システム速やかに撤去すべきだろう。
我らが杉山はヒンギスに勝ったがあの試合も杉山に不利な判定がBBCの解説者と私で意見の一致を見たものだけで2件はあった。BBCのディジタル判定システムは不快の念でウインブルドンテニス協会から見られているが、技術屋の私から見てボールがちゃんと入ったかどうかの電子的判定ぐらいは簡単に出来ることで、さっさとあのシステムを導入して誤審をなくす努力をして欲しいと思う。どだい、プレイをしていない人間の目であの速い球を判定するのは無理があるのだから。

フットボールはイングランドが負けてしまったが、昔から日本と同様、点を取れないチームなので当然の結果という印象ではある。しかしこの試合もお粗末な審判というかポルトガル贔屓の審判というか。明らかなポルトガル側のハンドを見逃しているし、ルーニーが退場に至った絡みも正確には見ていないと思われる。スローヴィデオで見ても退場に値する行為かどうか疑問だ。だからこそ彼は激昂したのだろう。
一方、フランスはなんだかんだと言われながらもブラジルに勝って予想外の4強入り。アンリはさすがというべきか。あのシュートは上手かった。

2日の日曜日はどちらもお休みで、ファンも手持ち無沙汰。余裕あるテニス選手は夏のバーゲンセール入りしたイギリスで買い物にうつつを抜かせるが、ドイツにいるフットボール選手は気の毒に何も出来ない。それともドイツの休日営業規制も少しは変わったかしら?
by dognorah | 2006-07-02 21:29 | テニス

カンディンスキー展

c0057725_23143393.jpg
テイト・モダンで開催中のものを見てきました。副題として「抽象への道のり」とされているように、ロシアを出てミュンヘンで絵を描き始めた1906年頃から第1次大戦のために帰国していたロシアを革命後の社会と折り合えず、再び出る羽目になった1921年ごろまでの本格的抽象画になる前の作品を時代を追って展示し、彼がいかに抽象への道を歩んで行ったかに焦点を当てた展覧会になっています(上の絵は1910-11年作Cossacks)。油彩画が50点以上、その他が30点程度の規模でバーゼルの近代美術館との共同企画です。絵画は、ロシア、スイス、ドイツ、アメリカ、フランス、イギリスなどから集められたものですが、そのほとんどはイギリス初公開ということです。テイトには何しろたった2枚しかコレクションがないのでほとんど借りてくるしかないのですが、パリのポンピドゥーセンターにはスケッチや資料も含めて1200点以上あるのに比べてなんと貧弱なことでしょう。

彼はモスクワの裕福な家庭で育ち、法律と経済学を学んだものの、あるとき印象派の絵画展を見たことから画家になりたいという思いが募り、1996年、30歳で画家になる決断をし、ミュンヘンに絵の勉強をしに行きます。ミュンヘンに行ったもう一つの理由は同時期にワーグナーの歌劇「ローエングリン」を体験したことで、強くその音楽の影響を受けたことによります。彼は後にシェーンベルクの音楽にも傾倒しますが音楽的に感受性の高い人だったのでしょう。
c0057725_23154846.jpg

上の写真に示した初期の絵、Song (1906)はロシアそのものが色濃く漂うプリミティヴなものですが、まろやかな線と多彩な色使いはとても魅力的で、並々ならぬ個性を感じることが出来ます。この頃はロシアへの郷愁を表現した作品が多くあります。

20世紀初頭にはガブリエレ・ミュンターという絵を教えていた生徒のひとりと愛人関係になり、ミュンヘン郊外のムルナウという村に住み始めますが、その頃のカンディンスキーがドイツ表現主義の推進者である彼女の絵の影響を強く受けていることは前に紹介しました。
c0057725_23174675.jpg

例に挙げた上の絵、Murnau-Castle Courtyard (1908)でもそういう印象を持ちますが、まとめて展示されている作品を見ると、構図や原色の組み合わせ方などやはり独特の叙情性が感じられます。私にとってはとても好ましい絵画達です。

大体1910年前後から次第に作品は変容を遂げていくのですが、ミュンターとの生活に飽きてきて、その影響を脱したいという意思もあったのでしょう、絵画表現上の試行錯誤の試みが精力的になされるようになります。当初は具象的な対象物の姿形を画面上にとどめながら全体を象徴的に表現するようになっていきます。その頃は色も原色に近い派手なものは影を潜め、落ち着いた色使いです。
この頃の彼は自分の作品を次の3種類に分類していました。
(1)Impressions
自然界を観察したそのままを表現。
(2)Improvisations
対象物から受けるムードや感覚をそのまま画面に表現。例えば下の写真に示すImprovisations 11(1910)。
c0057725_23184258.jpg

(3)Compositions
Improvisationsと同様心象表現であるが、よりスケール大きくより野心的な表現。例として下の写真に示すCompositions VII(1913)。
c0057725_23192758.jpg

ImprovisationsやCompositionsを描くときは彼は何枚もの下絵を試みて構想を練りに練って仕上げます。しかし一旦それが決まると後は仕事は早く、例えば上の例で挙げたCompositions VIIは2m x 3mの大作ですが、ミュンターの話によると3日で描き上げたそうです。
第1次大戦の勃発を契機に彼はミュンターと別れてロシアに戻り、絵画からどんどん具象的なものがなくなっていく傾向をさらに強めていきます。そしてロシア革命後の混乱の2年間は空白になりますが、画業を再開した1919年以降は抽象への道をまっしぐらといったところでしょうか。1921年には革命政府に失望した彼はドイツに行き、Bauhausで職を得ますが、再びロシアに帰ることはありませんでした。下の写真は1921年の作品Circles on Blackです。
c0057725_23202194.jpg

私はこれよりずっと後期の作品が好みですが、残念ながら今回の展示では含まれていません。

Kandinsky: The path to abstraction
22 June – 1 October 2006
Tate Modern (http://www.tate.org.uk/modern/)
by dognorah | 2006-07-01 23:24 | 美術