人気ブログランキング |

Albertina美術館の近代美術新コレクション

2007年5月にオーストリーはもちろん欧州でも有数の美術コレクションとされるRita and Herbert Batliner財団が保有する約500点の美術品がヴィーンのアルベルティーナ美術館に永久貸与されることになったそうです。これによってオーストリーの美術館に欠けていた近代美術作品が非常に充実することになりました。

今回、その中から約250点が「モネからピカソまで」という題で初めて一般公開されることになり、早速見てきました。近代の美樹史で重要な活動をほぼすべて網羅する充実したコレクションで圧倒されました。個々の作品についてはすべてが第1級というわけではありませんが見応え十分な作品も多いです。お勧めです。

ジャコメッティが彫刻だけじゃなく絵画も結構描いていること、点描画というイメージのあるシニャックの水彩画が確かな筆致とバランスの取れた色遣いでとても魅力的な作品であることなどを初めて知りました。
すべての画像が入手できるわけではないのですが、気に入った絵を何点か貼り付けます。

La Seine à Chatou:Vlaminck, Maurice de 1906
c0057725_216539.jpg


Les Petites Montagnes Mauresques:Cross, Henri Edmond 1909
c0057725_2164786.jpg


Saffron:Rothko, Mark 1957
c0057725_2173665.jpg


Monet bis Picasso
14.9.2007 – 6.4.2008
Albertina, Wien
by dognorah | 2007-09-20 21:08 | 美術
<< ハープ中心の室内楽コンサート マスネーのオペラ「ヴェルテル」 >>