ラファエロとタピストリー

The Miraculous Draught of Fishes: Raffaello Sanzio (1515)
c0057725_950786.jpg

先日、来月から始まるロンドンの夏の音楽祭PROMSの切符を買いにロイヤル・アルバート・ホールに出向いた帰りにせっかくここまで来たのだからとVictoria & Albert Museum (V&A)に立寄って最近聴いたインド美術のレクチャーの影響でアジアの彫刻群をくまなく見てまわりました。そのときにある部屋に迷い込んだらそこに突然巨大なラファエロの絵が迫ってきたのです。全部で7枚あります。ちょっと壮観です。部屋はRaphael Cartoon Courtという名前です。部屋の写真を下に示します。
c0057725_9523756.jpg

初めてこういうものの存在を知ったので最初はこれは本物か?と疑ったのでした。説明を読むと、彼が法王レオ10世の依頼で仕上げたタピストリー用の下絵だったのです。縦3.6m、横4mの紙にテンペラで描いたもので、1515年制作ですが、前後数年をかけて全部で10枚用意されました。
そのうち4枚はSt Peterの生涯を描いたもので、以下の題名がついています。
・The Handing-over of the Keys
・The Miraculous Draught of Fishes
・The Healing of the Lame Man
・The Death of Ananias

6枚はSt Paulの生涯を描いたもので次のものです。
・The Stoning of St Stephen
The Conversion of Proconsul
・The Blinding of the Sorcerer, Elymas
The Sacrifices in Lystra
・St Paul in Prison
St Paul Preaching in Athens
この下絵は当時タピストリーでは高度な技術を持っていたブリュッセルのPieter van Aelst工房に送られて1517年から順次仕上げられ、1521年にすべて完成しヴァティカンのシスティーナ礼拝堂に飾られたのでした。ラファエロは先輩のミケランジェロが描いた天井画と同じ場所に飾られるということでかなり張切って仕事をしたようです。
タピストリーは現在Vatican Museumで公開されているそうですが、私はそこに2回行ったものの絵画しか見なかったのでそういうものの存在さえ知りませんでした。

そしてなぜ下絵がロンドンにあるかというとイギリスの国王Charles I世が1623年にイタリアの業者から保存されていた7枚(上記の題名で太字のもの)を買取ったからです(3枚は行方不明)。意図はヴァティカンにあるのと同じタピストリーをロンドンのMortlake地域で立上がったタピストリー工房に作らせるためでした。タピストリー制作後は下絵はハンプトンコートに保存されていたのですがその後V&Aで展示公開されるようになったのです。

下絵はタピストリー制作時には幅数十センチの短冊状にカットされるのですが、それは元通りにつなぎ合されて展示されています。現物を見ればカットされた後がはっきりわかります。絵はかなり精緻に描かれています。解説によれば、ラファエロはタピストリーの技術を実際以上に優れたものと見ていたようです。この部屋には件のMortlakeで制作されたタピストリーの実物が一枚だけ展示されていますが、下絵と反対側の壁に掲げられているので比較しやすいです。再現性は驚くべきものがあります。ブリュッセルで作られたときから丁度100年たっているわけですが、新興工房の技術はブリュッセル以上だったと解説されています。ということでヴァティカンにあるものより出来がいいそうです。残念ながらこのMortlake製の作品の写真がないので、ヴァティカンのものの写真を掲げます。この写真を見る限り、色がかなり原画と異なっていますがMortlakeのものはそれがもっと忠実に作られています。

c0057725_9531393.jpg

下絵とタピストリーで絵が反転しているのは制作過程的に必然だそうです。タピストリーはまず木枠に縦の糸を等間隔で張り、それを下絵の上に乗せて縦糸に下絵の通りにカラーのマークをつけていきます。そして横糸を編んでいくのですが、各色の余った糸はこちら側で結んでほどけないようにします。従ってこちら側は見苦しくなり、反対側を表とするために絵が反転してしまうわけです。
[PR]
by dognorah | 2007-06-17 10:01 | 美術
<< ロンドン室内管弦楽団演奏会 ネトレプコ復活 - ドン・ジョ... >>