人気ブログランキング |

David Hockney展2題

c0057725_6552568.jpg

Mr and Mrs Clark and Percy 1970-1
Acrylic on canvas 2134 x 3048 mm Tate


現在National Portrait Galleryで「David Hockney Portraits」という特別展が開催されています。それと呼応するかのように、Bond Street駅近くのAnnely Juda Fine Artなるギャラリーで「David Hockney: A Year in Yorkshire」という風景画展開催の情報をコメントとして守屋さんにいただき、あわせて鑑賞しました。

c0057725_6561875.jpgホックニーという人の作品はあちこちで散発的に見たことはあるものの、今までまとめて見たことはありません。特段の興味がなかったことにもよります。彼の絵に対する印象は、例えば左の写真のような明るいカリフォルニアを題材にしたイラスト的なものでした。今回の経験でも彼を理解したとは言いがたいのですが、結構奥の深い作家であることはわかりました。ペンで描いた肖像のスケッチ画でも的確に対象の個性を捉える目と技術はやはり一流画家のものです。
冒頭に掲げた写真は、学生時代からの友人達を描いた大作ですが、制作に1年かけただけあって丁寧に描かれ、かなり訴えるものがあります。今回一番感銘を受けた作品です。本人の言葉では最も自然主義的作品というだけあって色使いも含めて極めて写実的です。二人の間にバルコニーに出るドアがあって外の風景が描かれていますが、この距離を置いた構図が夫婦の現在の状況を現わしているのだという解説は面白いと思いました。この絵の完成後程なくして二人は離婚したそうです。このほかにもカップルを描いた作品がありますが、全て二人の精神的状況がわかるようになっているとの解説は説得力があります。

ホックニーはロサンジェルスに居を移してからも頻繁に故郷のヨークシャーに帰ってきて絵を描いています。その中で少年時代の自分を育んだ風景画も数多く描いていますが昨年から今年にかけて仕上げたものを数十点展示しているのが上に述べたギャラリーです。次の写真はその中の一枚です。
c0057725_6591238.jpg

かなりおとなしい色使いの作品もありますが、大体がちょっとイギリスの風景とは思えないような派手な色が使われています。c0057725_70089.jpgこれがカリフォルニアの風景なら例えば左の作品(Nichols Canyon)のようなものでも、あの太陽の下では印象的にありえると思ってしまいますが。恐らく少年時代の思い出を重ね合わせてこういう表現になったのでしょう。守屋さんは描かれた木々のフォルムを見てセザンヌを思い出されたようですが、私はむしろゴッホを思い浮かべるようなものを何点か発見しました。しかし、今年69歳ですがまだまだ制作意欲は続くようです。

David Hockney Portraits
National Portrait Gallery
12 October 2006 – 21 January 2007

David Hockney: A Year in Yorkshire
Annely Juda Fine Art
15 September 2006 – 28 October 2006
by dognorah | 2006-10-27 07:13 | 美術
<< マグダレーナ・コジェナーのモー... Maiko Moriピアノリサイタル >>