ワイヤレスヘッドフォン

先般の一時帰国の際にはいろいろGadgetを買い込んだが、その中のひとつにワイヤレスヘッドフォンがある。c0057725_7294114.jpgこれは2.4GHzの電波で信号伝送する方式で、従来の赤外線によるワイヤレス方式と違って壁やドアなどの障害物があっても伝送してしまう分行動の自由度が大きい。今はPCのオーディオ出力を光ケーブルで本体に接続して使っているが、居間やトイレに行ってもそのまま音楽は楽しめるのでこの上なく便利である。製品はソニーのMDR-DS6000(左の写真)というものだが、2.4GHzの信号を発信する本体には、アナログまたはデジタルでオーディオ信号を入力してやる。私はオーディオ信号をPCのUSB端子から直接光デジタルに出力する小物(右の写真)と光ファイバーで本体に接続している。c0057725_7301835.jpg

音質はいいし、かけ心地もよく、長時間使用しても疲れない。ただ、どのヘッドフォンも同じであるが、5.1サラウンドサウンドなんてほとんど実感できない。入力がDTSでもドルビーでもPCMステレオでもほとんど変わりなく、単なるステレオと思った方がよろしい。このあたりは5.1chスピーカーシステムとは雲泥の差で、土台2つのイヤーピースだけでサラウンドなんて理論的にはともかく実際は無理な話なのだろう。

もうひとつ気を付けなければならないのは、インターネット接続を2.4GHzのワイヤレスLANにしている場合で、お互いにチャンネルがかぶらないようにしないと干渉が起こる。実際、私が初めてこれを接続して音楽を試聴していたら、別室でノートPCを使っていた家人が、「インターネット接続できない」と騒いでいた。
[PR]
by dognorah | 2005-12-13 07:31 | 日用品
<< エルガーのオラトリオ「ゲロンテ... 石油施設爆発(12月11日) >>