人気ブログランキング |

ファン・ゴッホ展

c0057725_242363.jpg

現在Royal Academy of Artsで、
“The Real Van Gogh, The Artist and his Letters”
という展覧会をやっているので見てきました。会期は2010年1月23日から4月18日まで。展示品は彼の書いたオリジナルの手紙が35通、絵画が65枚、素描が30枚です。

ここで知って驚いた事実は、彼が絵の修行に出てから発信した手紙の数の多さ。2000通以上だそうです。そのうち現存しているのは819通で、その90%がアムステルダムのヴァン・ゴッホ美術館にあります。恐らく書いたのと同程度の手紙を受け取っていたはずですが、引越しの度に処分してしまったらしく、現存するものは83通です。
彼が書いた手紙の大部分は弟のテオに宛てたもので、その手紙の多くには彼が仕上げた作品のスケッチも描かれており、大変ユニークです。自分の生活を支えてくれるパトロンにはこまめに日常活動の詳細をレポートするという細やかな神経の持ち主であったことが伺えます。まるで現在のサラリーマンが上司に送る仕事上のレポートのようなものだろうと、長いサラリーマン生活の経験者は感じてしまいました。
そのテオはフィンセントに遅れることたった1年でユトレヒトの精神病院で他界してしまったというのも驚きです。梅毒から来る精神病だったらしい。後年彼の墓はフィンセントと同じフランスのオーヴェル・シュル・オワーズに移されました。並んで立っている墓標の写真を見ていると言いようのない戦慄を覚えます。
c0057725_253293.jpg

この人の同名の曾孫が映画監督で、最近イスラム教徒による暗殺に遇った(2004年)のは記憶に新しい事件ですね。

絵画や素描の展示品はその手紙に説明されている作品を併置しているので、大変わかり易いです。今まで何回もゴッホ展は見てきましたので結構重複する作品もありましたが、初めて見るんじゃないかと思える作品も多く、いつものように彼の作品をたっぷり楽しむことが出来ました。何でもこの規模のゴッホ展はロンドンでは40数年振りだそうです。そうでなくてもゴッホは人気作家なので会場内はかなり混雑しています。すべての前売り券は完売だそうですが、当日窓口に並べばそれほど待たずに入場出来ます。私は2月3日に行きましたが待ち時間は20分程度でした。

写真はゴッホが友人の画家エミール・ベルナールに送った手紙と、そこに言及されている油絵です。

Letter from Vincent van Gogh to Emile Bernard. Arle 1888.
c0057725_264667.jpg

Summer Evening, 1888
c0057725_272966.jpg

by dognorah | 2010-02-15 02:09 | 美術
<< プロコフィエフのオペラ「賭博師」公演 インバル指揮マーラー2番公演 >>