ハーディング指揮LSOコンサート

2012年4月12日、バービカンホールにて。

Schumann Piano Concerto
Bruckner Symphony No 6

Daniel Harding conductor
Nicholas Angelich piano
London Symphony Orchestra

初めて聴くピアニストですが、またまたすばらしいピアニストに出会ったのでした。
1970年生まれのアメリカ人です。
シューマンのピアノ協奏曲は過去にもいい演奏は聴いていますが、今夜の感動的演奏は格別のものでした。音は骨太ながらまろやかで美しく、第1楽章冒頭から凄く雰囲気を漂わせる演奏です。緩急強弱、全く的確な表現で惚れ込みました。カデンツァも詩的な雰囲気で魅力的な音です。指揮者も聴き惚れているかのよう。第2楽章に入っても美しさは代わらずロマンティックな物語を聴いているように感じました。
バックのオケがまたすばらしくてピアノとのタイミングもぴったり。弦の音が殊の外魅力的でピアノの作る世界を一緒に仕上げている様が伝わってきます。久しぶりに聴くハーディング、協奏曲は完璧です。今日はこの一曲で十分という気になりました。

今夜のコンサートはハーディングの元気な姿を確認したいという目的で切符を買ったので、ブルックナーは実はどうでもよかった。そういう気持ちで聴いたのがいけなかったのかやはりブルックナーは4番、7番、8番以外はあまり理解できない。それでも第1楽章の冒頭部分での低弦によるフレーズはすばらしく、ヨーロッパの楽団の響きがして嬉しかった。やはりハーディングは欧州で活躍している分そういう音作りになってしまうのかなと思ってしまった。
曲には共感することは出来なかったけれどオケのアンサンブルはすばらしくがんがん鳴らされる金管も安心して聴いていられる高いレヴェルにあった。
ということでますます前半のシューマンがすばらしく思えてしまった一夜でした。

Nicholas Angelich
c0057725_974894.jpg


Daniel Harding with Nicholas Angelich
c0057725_9812100.jpg

[PR]
# by dognorah | 2012-04-14 09:09 | コンサート

オペラ「リゴレット」

2012年4月7日、ROHにて。

Giuseppe Verdi: Rigoletto

Director: David McVicar
Conductor: John Eliot Gardiner

Rigoletto: Dimitri Platanias
Gilda: Lucy Crowe
Duke of Mantua: Vittorio Grigolo
Count Monterone: Gianfranco Montresor
Maddalena: Christine Rice
Sparafucile: Matthew Rose
Giovanna: Elizabeth Sikora
Marullo: ZhengZhong Zhou
Matteo Borsa: Pablo Bemsch
Count Ceprano: Jihoon Kim
Countess Ceprano: Susana Gaspar
Usher: Nigel Cliffe
Page: Andrea Hazell
Royal Opera Chorus
Orchestra of the Royal Opera House

このマクヴィカーのプロダクションは2001年プレミエだったのでもう11年前のものになります。随分再演されていますが過去に私が見たのは3回だけでこれが4回目です。今回のお目当てはヴィットリオ・グリゴーロですが、期待通りのすばらしい歌唱で大満足です。ピアノからフォルテまですべての音域で惚れ惚れする声は相変わらずで、今まで何度か舞台で聴いたものよりも一段と歌のうまさが感じられました。
タイトルロールの初めて聴くギリシャ人バリトン、ディミートリ・プラタニアスもいい声をしていて迫力もあり、これはまた注目すべきバリトンです。外見はハンサムとは言えないので女性支持者は少ないかも知れませんが。
ジルダを歌ったルーシー・クロウは個人的事情で降板したEkaterina Siurinaの代役で、この日がこの役のデビューでした。そのせいでやはり緊張していたのでしょう、第1幕で登場したときは高音部が乾いた音色で伸びもなくおやおやという印象でした。暫くすると高音も潤いが出てきて全体としてはまあまあの歌唱でしたが、最高音部は終始苦しく、ちょっと聴きづらくなります。
殺し屋役初登場のマシュー・ローズは上手い歌唱でしたが低音部はもう少しドスのきいた声が欲しいところです。
マッダレーナ役のクリスティーン・ライスは演技も含めてかなり上手く、第2幕の有名な4重奏もしっかり。
指揮のジョン・エリオット・ガーディナーのヴェルディはROHで聴くのは「シモン・ボッカネグラ」に次いで2回目ですが前回と同じくさすがと言える音楽を聴かせてくれました。ROHのオケがこんなに美しい音を出すのか!と驚く場面もしばしばでしたし、劇的表現も凄いものがあります。狭いオケピットの中にコントラバスが8本ちゃんと入っていましたが普通のことなんでしょうか。なんか低音を増強している風に思えたのですが。

Dimitri Platanias
c0057725_8543961.jpg


Lucy Crowe, Vittorio Grigolo and Christine Rice
c0057725_8551819.jpg


Vittorio Grigolo
c0057725_8554084.jpg


c0057725_8564331.jpg
c0057725_857293.jpg


John Eliot Gardiner
c0057725_8572473.jpg

[PR]
# by dognorah | 2012-04-09 09:02 | オペラ

若手音楽家による室内楽コンサート

2012年4月5日、ルーマニア文化協会にて。

Jinah Shim – piano (Winner of the 2011-2012 Enescu Scholarship);
・Bach: Piano Suite No.2 in C minor, BWV 813
・Butler: Lucifer’s Banjo for piano

Konrad Elias-Trostmann – violin (Winner of the 2011-2012 Enescu Scholarship);
Alexandra Văduva – piano (First-prize winner, 2011 Vienna International Piano Competition);
・Enescu: Sonata for piano and violin No.2 in F minor, Op.6

Bogdan Costache – violin;
Mina-Maria Beldimănescu – pinao;
・Enescu: Impromptu concertant for violin and piano

Francesco Ionaşcu – violin; Ioana Forna – violin; Mihai Cocea – viola, Lauren Steel - cello, Alexandra Văduva – piano.
・Schumann: Piano Quintet in E-flat Major, Op.44

エネスク協会主催の有望な若い音楽家達によるコンサートはどれもすばらしく、堪能しました。特にエネスクのヴァイオリンソナタ第2番には大感激です。この会場では今まで彼の弦楽四重奏が主に演奏されてきましたがいまいち好きになれなかったのです。でもこのヴァイオリンソナタは凄い。特にピアノパートが美しく、腕達者なピアニストの繊細な表現もあって深い感銘が得られました。名曲です。
[PR]
# by dognorah | 2012-04-09 07:08 | コンサート

ゲルギエフの「パルジファル」コンサート形式

2012年4月3日、バービカンホールにて。

Wagner: Parsifal

Mariinsky Theatre Orchestra & Chorus
Valery Gergiev conductor
Parsifal Avgust Amonov
Kundry Larisa Gogolevskaya
Gurnemanz Yury Vorobiev
Amfortas Evgeny Nikitin
Klingsor Nikolay Putilin
Titurel Alexey Tanovitsky
1st Flowermaiden Viktoria Yastrebova
2nd Flowermaiden Oksana Shilova
3rd Flowermaiden Liudmila Dudinova
4th Flowermaiden Anastasia Kalagina
5th Flowermaiden Zhanna Dombrovskaya
6th Flowermaiden Anna Kiknadze
Tiffin Boys Choir

パルジファルの舞台は過去に4回見ていますがコンサート形式を聴くのは初めてです。今日のゲルギエフはなかなかすばらしく、前奏曲から最後までずっと聴き惚れました。マリインスキー劇場管弦楽団の音も柔らかい弦に音程のしっかりした管共にとても満足すべき出来でこのオペラにふさわしい響きでした。ゲルギエフは両翼配置したオケを舞台上にコンパクトに詰め込み、指揮台も指揮棒も使わずに指揮していました。歌手は主要役を左側第1ヴァイオリンとコントラバスの間に座らせ、右側の弦セクションの後ろに他の歌手陣を配置、そのままの位置で歌わせていました。またティトレルと少年合唱は2階席後方に配置してそこで歌わせていました。

歌手はグルネマンツ、アンフォルタス、ティトレル、クリングゾルがすばらしくて文句なしの出来。特にニキティンのアンフォルタスは立派の一語です。パルジファルは第2幕でもう少し声量が欲しいところですが第3幕はかなりよかった。クンドリは声量はあるものの私の好みの声ではなく、時々聴き続けるのが苦痛だったことも。他の歌手達はすべてよかった。合唱は男声が格段によく女声はまあまあというところ。

ということで全体としては大変楽しめました。ゲルギエフに対するブラヴォーも盛んで、特に第2幕開始で登場したときには盛大なブラヴォーが飛んでいましたが納得できます。

Evgeny Nikitin as Amfortas
c0057725_1324180.jpg


Avgust Amonov as Parsifal
c0057725_1331824.jpg


Avgust Amonov and Larisa Gogolevskaya as Kundry
c0057725_134215.jpg


Yury Vorobiev as Gurnemanz
c0057725_134371.jpg


Nikolay Putilin as Klingsor
c0057725_1351919.jpg


Valery Gergiev
c0057725_1361687.jpg

[PR]
# by dognorah | 2012-04-08 01:43 | オペラ

セミヨン・ビチコフ指揮LSO

2012年4月1日、バービカンホールにて。

Mahler Symphony No 3

Semyon Bychkov conductor
Christianne Stotijn mezzo-soprano
Tiffin Boys' Choir
Ladies of the London Symphony Chorus
London Symphony Orchestra

ビチコフがマーラーを振るというので買ったチケットです。彼は珍しくいつものベスト姿ではなく燕尾服を着ていました。
第1楽章冒頭の金管は朗々と美しく鳴る壮大なものでまず圧倒されます。ビチコフの指揮はスケールの大きいものでオケのコントロールも見事。緊張感がみなぎります。すべての金管は第1楽章だけでなく終始すばらしい演奏でした。これに比べると木管は第1楽章はやや冴えず、ちょっと気になりましたが第2楽章以降は持ち直しました。その第2楽章の美しいこと。第3楽章は一般的にちょっとだれる傾向のある楽章ですがビチコフはメリハリをつけて相変わらず惹きつけてくれます。第4楽章はメゾソプラノのストテインが登場しますが彼女の美しいながらも小さな声量に合わせてオケの音量もグッと絞られます。このあたりはやはりビチコフのオペラで鍛え上げた思いやりでしょうか。なかなか感動的な楽章でした。しかし第5楽章で合唱が入ってくると彼女の声量の無さは隠しがたく、かなり不満を覚えました。合唱も並の出来です。それでも本来この楽章の持つ力のせいで聴き応えはありました。第6楽章はすばらしい集大成でビチコフはここぞとばかりダイナミックに叙情的に思う存分マーラーを歌い上げます。終演後は多くのブラヴォーが出ていました。
しかし長いですねこの曲は。正味100分たっぷり。正直、まだ終わらないかーと思ったことも。

Christianne Stotijn
c0057725_7373759.jpg


Semyon Bychkov
c0057725_738255.jpg

[PR]
# by dognorah | 2012-04-03 07:39 | コンサート

ピアッティ弦楽四重奏団演奏会

2012年3月29日、St Peter's Church, Eaton Squareにて。

Piatti String Quartet
Bach (arr. Mozart): 5 Fugues, K.405
Beethoven: String Quartet No.10 in Eb, Op.74 'Harp'
Smetana: String Quartet No.1 in E minor, 'From My Life'

現在開催中のLondon Wigmore International String Quartet Competition(Wigmore Hall主催)で世界中から選ばれた12の団体の中で唯一UKから選ばれた弦楽四重奏団の演奏会です。
最初の曲はバッハの平均律クラヴィア曲集からモーツァルトが5曲を選んで弦楽四重奏用にアレンジしたもの。合奏するというよりも各楽器が一つのフーガを演奏するようにアレンジされていていかにもバッハという印象で大変楽しめます。

2曲目の第1楽章が始まった途端4人の奏者の上品で洗練された音に釘付けとなりました。アンサンブルも見事でまるで絵筆で背骨を撫でられたようにゾクゾクしてしまいました。弦楽四重奏の演奏でこういう感じに見舞われたのは初めてです。2009年に結成されたのでまだ3年程度の経験しかありませんがこれほど聴衆を魅了してくれるとはたいした実力と言えるでしょう。

休憩後の3曲目はスメタナ。音の響きは相変わらず美しく、始めて実演に接したこの曲は親しみやすいメロディもあって音楽を堪能しました。特に第3楽章は豊富な内容ですね。

さてこの団体は今回のCompetitionでどういう成績になるのか楽しみです。世界には沢山実力団体がいるでしょうから楽観は出来ませんが。ちなみに今月27日から今日までが予選で、本日の午後五時にパスした6団体が発表になるようです。そして明日の準決勝で3団体に絞られ、4月1日に決勝が行われます。聴きに行きたいのですがすでに私のスケジュールは一杯で残念ながら行けません。
[PR]
# by dognorah | 2012-03-30 23:38 | コンサート

フリューベック・デ・ブルゴス指揮LSO演奏会

2012年3月25日、バービカンホールにて。

Glinka Overture: Ruslan and Ludmila
Mendelssohn: Violin Concerto
Rimsky-Korsakov: Scheherazade

Rafael Frühbeck de Burgos conductor
Alina Ibragimova violin
London Symphony Orchestra

この指揮者は何十年も前からレコードなどで名前を知っている人で実演も90年代にロンドンで聴いたことがあります。未だに健在とはついぞ知りませんでしたが1933年生まれ、今日の指揮振りを見るとまだまだ元気です。演奏する音楽はちょっと田舎くさい木訥さを感じますが音楽的には立派なもので暖かさもあります。それにしてもLSOの音がこのように変化することは驚きですが個性的な指揮者のもとではまあ当たり前のことなんでしょう。細部にあまりこだわらない大づかみな演奏はスケールも大きく大変楽しめました。特に「シェヘラザード」はコンサートマスター(カルミネ・ラウリ)を始め独奏楽器が皆さんすばらしく演奏としてはレヴェルの高いものでした。最近では2010年12月に同じ曲を同じオケで聴いていますが演奏としては今日の方が好みです。

2曲目の協奏曲は実はバルトークのピアノ協奏曲第2番が予定されていてフリューベックと共にそれも楽しみで切符を買っていたのでした。しかし独奏する予定だったYuja Wangという中国人ピアニストがindisposedということで間際になって降板してしまったのでメンコンに差し替えられたのでした。恐らく大あわてで代わりのアーティストを捜した結果こういうポピュラーな曲になってしまったのでしょう。私は会場に着いてから変更を知って一瞬切符を返そうかと思ったぐらいがっかりしましたが、もう会場まで来てしまったことだし仕方がないと不満ながらそのまま座席に座ったのでした。聴く方はまあ気楽なものですが関係者は大わらわだったでしょうね。
で、そのヴァイオリン協奏曲ですが、これが何ともすばらしい演奏でいっぺんに機嫌が直ってしまいました。まずヴァイオリンの音が美しさに溢れた瑞々しいもので、演奏も全く奇を衒うことのないまっとうなもの。美しい音で高音まで一杯にながーく伸ばして演奏する私好みの演奏でもうどきどきものでした。カデンツァも惚れ惚れする出来。名前も聞いたことのないこのロシア人ヴァイオリニストは1985年生まれの26歳という若い人でUK在住らしい(だから簡単に代役ができる)。以前プロムスでヴェンゲロフの代役に引っ張り出されたらしいので実力はかなり知られた存在なのでしょう。

Alina Ibragimova
c0057725_8294352.jpg
c0057725_8301258.jpg


Rafael Frühbeck de Burgos
c0057725_8303780.jpg

[PR]
# by dognorah | 2012-03-27 08:32 | コンサート

アンドリュー・デイヴィス指揮BBC交響楽団演奏会

2012年3月23日、バービカンホールにて。

Hugh Wood: Violin Concerto No. 2 London premiere
Tippett: A Child of our Time

Sir Andrew Davis conductor
Anthony Marwood violin
Nicole Cabell soprano
Karen Cargill mezzo-soprano
John Mark Ainsley tenor(Toby Spenceの代役)
Matthew Rose bass
BBC Symphony Chorus
BBC Symphony Orchestra

最初の曲は作曲家の名前もヴァイオリニストの名前も初めて聞く全く白紙状態でしたが、これがなかなか内容豊富な曲で三楽章形式のしっかりした構成。聴き応えのする協奏曲で大変楽しめました。作曲家のヒュー・ウッドは1932年生まれなので今年80歳です。終演後は元気な姿を舞台上に見せてくれました。とても80歳には見えません。このヴァイオリン協奏曲第2番は2004年に完成されたものですが初演は2009年にMilton Keynesで行われたとようです。5年間も演奏されなかったとはイギリスでもあまりポピュラーな作曲家じゃないようですね。

Anthony Marwood & Hugh Wood
c0057725_6312955.jpg

c0057725_632835.jpg


次の曲はティペットのオラトリオです。この人の作品は2005年11月にROHでオペラ「真夏の結婚」を見て以来久々に聴きました。歌われている英語は聞きにくいので内容はよくわかりませんが音楽は違和感なく楽しめます。独唱陣もなかなかの歌唱でしたが合唱がとにかく凄くてこういうレヴェルで演奏されるなら合唱だけ聴いてももペイするかなという感じです。
1938年にパリでユダヤ人青年がナチスの外交官を殺した事件に刺激を受け、1939年にイギリスがドイツに宣戦布告した二日後から作曲を始めて1941年に完成したそうです。この時代の政治的背景を色濃く反映した歌詞になっています。

Nicole Cabell & Karen Cargill
c0057725_6355377.jpg


Matthew Rose & John Mark Ainsley
c0057725_636167.jpg


Karen Cargill & Sir Andrew Davis
c0057725_6364621.jpg

[PR]
# by dognorah | 2012-03-27 06:40 | コンサート

バレー「不思議の国のアリス」(ドレスリハーサル)

2012年3月17日、ROHにて。

Alice’s Adventures in Wonderland
Music: Joby Talbot
Choreography: Christopher Wheeldon
Conductor: Barry Wordsworth

Alice: Sarah Lamb
Jack/The Knave of Hearts: Steven McRae
Lewis Carroll/The White Rabbit: Ricardo Cervera
Mother/The Queen of Hearts: Itziar Mendizabal
Rajah/The Caterpillar: Eric Underwood
The Duchess: Gary Avis
Footman/Fish: Sander Blommaert
Footman/Frog: Kenta Kura
Alice's sisters: Leanne Cope, Beatriz Stix-Brunell
Orchestra of the Royal Opera House

昨年初めて上演されたバレーですが見損ないました。今年はリハーサルチケットが入手できたので行ったわけですが、こんな楽しいバレーだったら昨年も見ておけばよかったなぁと思いました。大人でも子供でも楽しめること請け合い。
ストーリーはほぼ原作を踏襲しているようです。私はこの物語を読んだことがないのですが一緒に行った友人が教えてくれました。
音楽はジャズやポップスの要素も織り交ぜたものでバレーとしては非常にいい音楽だと思いました。音楽だけでも楽しい。
舞台はヴィデオを多用して状況を表現していますが、実によくできていて登場人物(動物)のすばらしい衣装と融合して雰囲気は最高です。
ダンサーはリハーサルにもかかわらず力一杯踊っている様子で大いに楽しませてくれます。特にスティーヴン・マクレーのダンスは素敵でした。


c0057725_1003432.jpg
c0057725_1005898.jpg
c0057725_1014152.jpg


c0057725_10353100.jpg
c0057725_1042057.jpg
c0057725_1045612.jpg
c0057725_1052135.jpg
c0057725_1054665.jpg
c0057725_1061173.jpg
c0057725_1063785.jpg
c0057725_1065911.jpg

[PR]
# by dognorah | 2012-03-21 10:07 | バレー

新作オペラ「Miss Fortune」

2012年3月16日、ROHにて。

Miss Fortune
Music and Libretto: Judith Weir

Director: Chen Shi-Zheng
Set design: Tom Pye
Costume design: Han Feng
Video design: Leigh Sachwitz
Conductor: Paul Daniel

Tina (Miss Fortune): Emma Bell
Lord Fortune: Alan Ewing
Lady Fortune: Kathryn Harries
Fate: Andrew Watts
Hassan: Noah Stewart
Donna: Anne-Marie Owens
Simon: Jacques Imbrailo
Royal Opera Chorus
Orchestra of the Royal Opera House

Bregenz Festivalとの共同制作で、ブレゲンツではすでに昨年上演されました。作曲家ジュディス・ウイアは1954年生まれのイギリス人です。

オペラのあらすじ
世の中の経済状況の悪化に伴って富豪だったフォーチュン家は財産を失い、娘のティナは両親と別れて放浪するも不運続きで生活は好転しない。路傍でケバブの屋台を経営するハッサンに頼まれて留守番をするもある晩ヨブ達に襲われて屋台は炎上し、ハッサンは全財産を失う。彼女はクリーニング屋でアルバイトするもアイロンがけなどの仕事がきつくてへとへとになる。そういう状況に「Fate(運命)」に文句を言ったら、宝くじに当たるようにしてくれる。しかし同時にクリーニング屋の顧客で若くて金持ちの青年に見初められ、宝くじは放棄して彼との生活を選択する。

オペラにしては何とも変てこなストーリーですが、作者は現在の政治状況の下で人々の生活がどんどん厳しいものになっていく課程をテーマにしたかったのでしょう。それはそれで納得できるものの、音楽が何とも魅力のないもので歌手やオケは頑張っているもののオペラとしては失敗作と言えるでしょう。

歌手は全員特に不満のない出来で、カウンターテノールのアンドリュー・ウォッツは「ロンドンの椿姫」さんによると初日はあまり声が出ていなかったようですが今日は十分まともでした。若い金持ち実業家のジャック・インブライロはROHのヤング・アーティスト出身ですがなかなか印象的な歌唱でした。

指揮者は恐らく初めて見た人ですが、悪くはないでしょう。

舞台は演出も美術も中国人と思われる方々の仕事ですが、美しい出来でよい印象を持ちました。となるとやはり音楽が大変見劣りしますね。

Emma Bell
c0057725_233881.jpg
c0057725_23571.jpg


Jacques Imbrailo
c0057725_241743.jpg


Noah Stewart
c0057725_243338.jpg


Andrew Watts
c0057725_245147.jpg


Paul Daniel
c0057725_251023.jpg

[PR]
# by dognorah | 2012-03-20 02:09 | オペラ