「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ベートーヴェン「荘厳ミサ曲」

2012年4月22日、バービカンホールにて。

Beethoven: Missa Solemnis

Nikolaus Harnoncourt conductor
Marlis Petersen soprano
Elisabeth Kulman mezzo-soprano
Werner Güra tenor
Gerald Finley baritone
Groot Omroepkoor (Dutch Radio Chorus)
Royal Concertgebouw Orchestra of Amsterdam

この曲は確か90年代にジョン・エリオット・ガーディナー指揮の手兵で聴いたことがあり、これで2回目の経験です。ガーディナーの時は余りよくわからなかった音楽も今日は大変楽しめました。管弦楽は言うに及ばず、4人の独唱陣も合唱団も美しくもすばらしく、恐らくこれ以上は望めないほどの水準の高い演奏でした。さすがにアーノンクールが選んだだけのことはあるなぁと感心しきり。合唱は特筆に値する水準の高いものでした。そのアーノンクール、今回初めて指揮を見ましたが指揮台も指揮棒も使わないで見事な音楽を作ってくれました。
この曲、前半は相変わらず私にはあまり理解できない音楽でしたが後半はとにかく美しく、貴重な体験でした。

演奏終了後に、イギリスの伝統的音楽ソサイエティであるRoyal Philharmonic Societyからアーノンクールに対してGold Medalを授与するセレモニーが行われました。挨拶では、音楽というものはまず作曲家があって成り立ち、その後奏者達が重要で私のような指揮者はどうでもいいというような謙虚なコメントがあって笑わせていました。

Elisabeth Kulman (mezzo-soprano) & Marlis Petersen (soprano)
c0057725_21573696.jpg


Gerald Finley (baritone) & Werner Güra (tenor)
c0057725_2158059.jpg


Nikolaus Harnoncourt
c0057725_21583776.jpg


Nikolaus Harnoncourt received Gold Medal from John Gilhooly
c0057725_2159328.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-04-25 00:01 | コンサート

ヴェーバーのオペラ「魔弾の射手」コンサート形式

2012年4月19日、バービカンホールにて。

Weber: Der Freischütz (concert performance)

Sir Colin Davis conductor
Stephan Loges: Ottokar/Zamiel
Martin Snel:l Kuno
Christine Brewer: Agathe
Sally Matthews: Ännchen
Lars Woldt: Kaspar (Falk Struckmannの代役)
Simon O’Neil:l Max
Gidon Saks: A Hermit
Marcus Farnsworth: Kilian
Lucy Hall: Four Bridesmaids
Malcolm Sinclair: narrator
London Symphony Chorus
London Symphony Orchestra

初めて体験するオペラです。実は昨年ベルリオーズが作り替えたこれのフランス語版を聴くチャンスがPromsであったのですがブダペストに行く用事のため行けなかったのです。
本日の公演はオリジナルのドイツ語版です。しかしドイツ語による地の台詞が多いのでその部分は英語によるナレーターによってストーリーが補足される形式でした。ザミエルは姿を現さず、スピーカーを使って暗い感じを表現していました。歌手はボヘミアの公爵オットカーとの二役担当なのでオットカーの時は舞台で歌っていましたが。
コリン・デイヴィスの指揮する音楽の何とすばらしいことでしょう。序曲からわくわくしながら聴いていました。このところLSOの音は本当にすばらしいし、歌手達もまあまあなので全体として十分楽しめました。マックス役のサイモン・オニールはいつも通りの美声。ファルク・シュトルックマンの代役ラーズ・ヴォルトも文句なし。クリスティン・ブリューワーも水準の歌唱。しかしこの人はますます太った印象を受けました。協演したサリー・マシューズの3倍ぐらい太い。そのサリー・マシューズは前半ちょっと声が引っかかるような感じでしたが後半は俄然よくなって第3幕のロマンスとアリアはすばらしい歌唱でした。
しかしそれにしてもこの作品はオペラとしてはあまり魅力を感じません。ストーリーが単純でばかばかしいところもありますし。あまり舞台で見たいとは思いませんでした。

Lars Woldt & Simon O’Neil
c0057725_2194586.jpg


Sir Colin Davis talking to Christine Brewer
c0057725_2114189.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-04-24 21:18 | オペラ

バレンボイム指揮ベルリン州立歌劇場管弦楽団

2012年4月17日、RFHにて。

Daniel Barenboim conductor
Staatskapelle Berlin

Bruckner: Symphony No.8 (vers. composite, ed. Haas)

この曲の実演を聴くのは2005年のエッシェンバッハ指揮ヴィーンフィル、2007年のハイティンク指揮コンセルトヘボーに次いで3度目です。特に今回は5年ぶりということで久しぶりに大好きな曲を聴けて幸せです。しかもバレンボイムという大物の指揮で初めてロイヤルフェスティヴァルホールという通常のホールでの演奏。なお前回まではノヴァーク版だったのでハース版を聴くのは初めてですが聞き比べているわけではないので私には違いはわかりません。
バレンボイムの指揮には何の問題もなくのめり込むことが出来ました。強奏でも刺激的な音は一切出さず美しい仕上げです。ティンパニーなど凄く音量をセーヴしている風な印象を受けました。今回第2楽章のトリオ部分で目が覚めるような美しいハープの音が目立ったのが新鮮でした。管弦楽団の実力はロンドンのオケとそれほど違わない感じですが弦楽器群の音がある種の輝きがあってやはり大陸のオケかなという印象を受けました。第3楽章ではその弦が効いて本当にロマンティックな美しさを堪能できます。第1楽章ではテンポはゆったりだなと思いましたが第2楽章以降結構揺れていました。特に第4楽章がそうで、随分早いなという印象部分もあり劇的に盛り上げていきます。
演奏全体から受ける感動はやはりエッシェンバッハの方が深いとは思ったものの十分楽しむことが出来ました。

久しぶりに見たDaniel Barenboim
c0057725_8244942.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-04-19 08:29 | コンサート

日曜夜の室内楽

2012年4月15日、Conway Hallにて。

Mozart: Duo in G, K.423
Handel-Halvorsen: Passacaglia
演奏:KloudDuo
Natalie Klouda: violin
Ashok Klouda: cello

Schumann: Trio No.2 in F, Op.80
Jean Françaix: Trio
Beethoven: Trio in E flat, Op.70-2
演奏: Barbican Trio
Sophie Lockett: violin
Robert Max: cello
James Kirby: piano

二組の演奏家による室内楽です。最初のものはPre-concert recitalと名付けられた30分程度のリサイタルです。ヴァイオリンとチェロによる二重奏というのはあまり聴いた記憶が無く、珍しい作品だなと思って調べたらこのモーツァルトの作品は元々はヴァイオリンとヴィオラのための二重奏らしい。ヴィオラの代わりにチェロでやるとなると少しスコアをいじっているのでしょう。それはともかく聞こえてくる音楽はとてもすばらしく、ヴァイオリンもチェロもよく響いて聴き心地のいい音楽でした。アンサンブルもすこぶるよかったし。
二人は夫婦で、それぞれ別の人たちとトリオやカルテットの室内楽活動をしていますが二人でやるときはこの名前を使っているようです。確かな腕と音楽性豊かな演奏で大好きになりました。

メインのコンサートは結成25周年を迎えるというピアノトリオの演奏です(それにしてはヴァイオリン奏者がかなり若いので、途中メンバー変更したのかも知れませんが)。

Barbican Trio (Conway Hallのサイトから借用)
c0057725_22343051.jpg

今回のプログラムではシューマンもフランセイもそれぞれ趣が違うもののまあ楽しめましたが、最後のベートーヴェンが圧巻で本日の白眉でした。このOp.70のトリオはOp.70-1とOp.70-2の2曲が含まれていますが、最初のもの(ト長調)が「幽霊」という名前で有名なためか、本日演奏された変ホ長調のものは演奏機会が少ないようです。でも音楽はすばらしく、さすがベートーヴェンです。スケールが大きく細やかな表現もいっぱいあって本当に楽しめました。演奏前にチェロ奏者から解説がありましたが、第2楽章のコインの裏表のような二重変奏が聞き所のひとつらしい。私は特にピアノパートの美しさに惚れ込みました。

このConway Hallはクラシックの室内楽は日曜の夜しかやりませんが、入場料8ポンド(1000円程度)で気が向いたら来て好きな場所に座って聴ける気軽なコンサートです。今まで何度か来ていますが、演奏の質は高いと思います。私の好きなベーゼンドルファーのピアノが常備されています。
[PR]
by dognorah | 2012-04-17 22:36 | コンサート

ハーディング指揮LSOコンサート

2012年4月12日、バービカンホールにて。

Schumann Piano Concerto
Bruckner Symphony No 6

Daniel Harding conductor
Nicholas Angelich piano
London Symphony Orchestra

初めて聴くピアニストですが、またまたすばらしいピアニストに出会ったのでした。
1970年生まれのアメリカ人です。
シューマンのピアノ協奏曲は過去にもいい演奏は聴いていますが、今夜の感動的演奏は格別のものでした。音は骨太ながらまろやかで美しく、第1楽章冒頭から凄く雰囲気を漂わせる演奏です。緩急強弱、全く的確な表現で惚れ込みました。カデンツァも詩的な雰囲気で魅力的な音です。指揮者も聴き惚れているかのよう。第2楽章に入っても美しさは代わらずロマンティックな物語を聴いているように感じました。
バックのオケがまたすばらしくてピアノとのタイミングもぴったり。弦の音が殊の外魅力的でピアノの作る世界を一緒に仕上げている様が伝わってきます。久しぶりに聴くハーディング、協奏曲は完璧です。今日はこの一曲で十分という気になりました。

今夜のコンサートはハーディングの元気な姿を確認したいという目的で切符を買ったので、ブルックナーは実はどうでもよかった。そういう気持ちで聴いたのがいけなかったのかやはりブルックナーは4番、7番、8番以外はあまり理解できない。それでも第1楽章の冒頭部分での低弦によるフレーズはすばらしく、ヨーロッパの楽団の響きがして嬉しかった。やはりハーディングは欧州で活躍している分そういう音作りになってしまうのかなと思ってしまった。
曲には共感することは出来なかったけれどオケのアンサンブルはすばらしくがんがん鳴らされる金管も安心して聴いていられる高いレヴェルにあった。
ということでますます前半のシューマンがすばらしく思えてしまった一夜でした。

Nicholas Angelich
c0057725_974894.jpg


Daniel Harding with Nicholas Angelich
c0057725_9812100.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-04-14 09:09 | コンサート

オペラ「リゴレット」

2012年4月7日、ROHにて。

Giuseppe Verdi: Rigoletto

Director: David McVicar
Conductor: John Eliot Gardiner

Rigoletto: Dimitri Platanias
Gilda: Lucy Crowe
Duke of Mantua: Vittorio Grigolo
Count Monterone: Gianfranco Montresor
Maddalena: Christine Rice
Sparafucile: Matthew Rose
Giovanna: Elizabeth Sikora
Marullo: ZhengZhong Zhou
Matteo Borsa: Pablo Bemsch
Count Ceprano: Jihoon Kim
Countess Ceprano: Susana Gaspar
Usher: Nigel Cliffe
Page: Andrea Hazell
Royal Opera Chorus
Orchestra of the Royal Opera House

このマクヴィカーのプロダクションは2001年プレミエだったのでもう11年前のものになります。随分再演されていますが過去に私が見たのは3回だけでこれが4回目です。今回のお目当てはヴィットリオ・グリゴーロですが、期待通りのすばらしい歌唱で大満足です。ピアノからフォルテまですべての音域で惚れ惚れする声は相変わらずで、今まで何度か舞台で聴いたものよりも一段と歌のうまさが感じられました。
タイトルロールの初めて聴くギリシャ人バリトン、ディミートリ・プラタニアスもいい声をしていて迫力もあり、これはまた注目すべきバリトンです。外見はハンサムとは言えないので女性支持者は少ないかも知れませんが。
ジルダを歌ったルーシー・クロウは個人的事情で降板したEkaterina Siurinaの代役で、この日がこの役のデビューでした。そのせいでやはり緊張していたのでしょう、第1幕で登場したときは高音部が乾いた音色で伸びもなくおやおやという印象でした。暫くすると高音も潤いが出てきて全体としてはまあまあの歌唱でしたが、最高音部は終始苦しく、ちょっと聴きづらくなります。
殺し屋役初登場のマシュー・ローズは上手い歌唱でしたが低音部はもう少しドスのきいた声が欲しいところです。
マッダレーナ役のクリスティーン・ライスは演技も含めてかなり上手く、第2幕の有名な4重奏もしっかり。
指揮のジョン・エリオット・ガーディナーのヴェルディはROHで聴くのは「シモン・ボッカネグラ」に次いで2回目ですが前回と同じくさすがと言える音楽を聴かせてくれました。ROHのオケがこんなに美しい音を出すのか!と驚く場面もしばしばでしたし、劇的表現も凄いものがあります。狭いオケピットの中にコントラバスが8本ちゃんと入っていましたが普通のことなんでしょうか。なんか低音を増強している風に思えたのですが。

Dimitri Platanias
c0057725_8543961.jpg


Lucy Crowe, Vittorio Grigolo and Christine Rice
c0057725_8551819.jpg


Vittorio Grigolo
c0057725_8554084.jpg


c0057725_8564331.jpg
c0057725_857293.jpg


John Eliot Gardiner
c0057725_8572473.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-04-09 09:02 | オペラ

若手音楽家による室内楽コンサート

2012年4月5日、ルーマニア文化協会にて。

Jinah Shim – piano (Winner of the 2011-2012 Enescu Scholarship);
・Bach: Piano Suite No.2 in C minor, BWV 813
・Butler: Lucifer’s Banjo for piano

Konrad Elias-Trostmann – violin (Winner of the 2011-2012 Enescu Scholarship);
Alexandra Văduva – piano (First-prize winner, 2011 Vienna International Piano Competition);
・Enescu: Sonata for piano and violin No.2 in F minor, Op.6

Bogdan Costache – violin;
Mina-Maria Beldimănescu – pinao;
・Enescu: Impromptu concertant for violin and piano

Francesco Ionaşcu – violin; Ioana Forna – violin; Mihai Cocea – viola, Lauren Steel - cello, Alexandra Văduva – piano.
・Schumann: Piano Quintet in E-flat Major, Op.44

エネスク協会主催の有望な若い音楽家達によるコンサートはどれもすばらしく、堪能しました。特にエネスクのヴァイオリンソナタ第2番には大感激です。この会場では今まで彼の弦楽四重奏が主に演奏されてきましたがいまいち好きになれなかったのです。でもこのヴァイオリンソナタは凄い。特にピアノパートが美しく、腕達者なピアニストの繊細な表現もあって深い感銘が得られました。名曲です。
[PR]
by dognorah | 2012-04-09 07:08 | コンサート

ゲルギエフの「パルジファル」コンサート形式

2012年4月3日、バービカンホールにて。

Wagner: Parsifal

Mariinsky Theatre Orchestra & Chorus
Valery Gergiev conductor
Parsifal Avgust Amonov
Kundry Larisa Gogolevskaya
Gurnemanz Yury Vorobiev
Amfortas Evgeny Nikitin
Klingsor Nikolay Putilin
Titurel Alexey Tanovitsky
1st Flowermaiden Viktoria Yastrebova
2nd Flowermaiden Oksana Shilova
3rd Flowermaiden Liudmila Dudinova
4th Flowermaiden Anastasia Kalagina
5th Flowermaiden Zhanna Dombrovskaya
6th Flowermaiden Anna Kiknadze
Tiffin Boys Choir

パルジファルの舞台は過去に4回見ていますがコンサート形式を聴くのは初めてです。今日のゲルギエフはなかなかすばらしく、前奏曲から最後までずっと聴き惚れました。マリインスキー劇場管弦楽団の音も柔らかい弦に音程のしっかりした管共にとても満足すべき出来でこのオペラにふさわしい響きでした。ゲルギエフは両翼配置したオケを舞台上にコンパクトに詰め込み、指揮台も指揮棒も使わずに指揮していました。歌手は主要役を左側第1ヴァイオリンとコントラバスの間に座らせ、右側の弦セクションの後ろに他の歌手陣を配置、そのままの位置で歌わせていました。またティトレルと少年合唱は2階席後方に配置してそこで歌わせていました。

歌手はグルネマンツ、アンフォルタス、ティトレル、クリングゾルがすばらしくて文句なしの出来。特にニキティンのアンフォルタスは立派の一語です。パルジファルは第2幕でもう少し声量が欲しいところですが第3幕はかなりよかった。クンドリは声量はあるものの私の好みの声ではなく、時々聴き続けるのが苦痛だったことも。他の歌手達はすべてよかった。合唱は男声が格段によく女声はまあまあというところ。

ということで全体としては大変楽しめました。ゲルギエフに対するブラヴォーも盛んで、特に第2幕開始で登場したときには盛大なブラヴォーが飛んでいましたが納得できます。

Evgeny Nikitin as Amfortas
c0057725_1324180.jpg


Avgust Amonov as Parsifal
c0057725_1331824.jpg


Avgust Amonov and Larisa Gogolevskaya as Kundry
c0057725_134215.jpg


Yury Vorobiev as Gurnemanz
c0057725_134371.jpg


Nikolay Putilin as Klingsor
c0057725_1351919.jpg


Valery Gergiev
c0057725_1361687.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-04-08 01:43 | オペラ

セミヨン・ビチコフ指揮LSO

2012年4月1日、バービカンホールにて。

Mahler Symphony No 3

Semyon Bychkov conductor
Christianne Stotijn mezzo-soprano
Tiffin Boys' Choir
Ladies of the London Symphony Chorus
London Symphony Orchestra

ビチコフがマーラーを振るというので買ったチケットです。彼は珍しくいつものベスト姿ではなく燕尾服を着ていました。
第1楽章冒頭の金管は朗々と美しく鳴る壮大なものでまず圧倒されます。ビチコフの指揮はスケールの大きいものでオケのコントロールも見事。緊張感がみなぎります。すべての金管は第1楽章だけでなく終始すばらしい演奏でした。これに比べると木管は第1楽章はやや冴えず、ちょっと気になりましたが第2楽章以降は持ち直しました。その第2楽章の美しいこと。第3楽章は一般的にちょっとだれる傾向のある楽章ですがビチコフはメリハリをつけて相変わらず惹きつけてくれます。第4楽章はメゾソプラノのストテインが登場しますが彼女の美しいながらも小さな声量に合わせてオケの音量もグッと絞られます。このあたりはやはりビチコフのオペラで鍛え上げた思いやりでしょうか。なかなか感動的な楽章でした。しかし第5楽章で合唱が入ってくると彼女の声量の無さは隠しがたく、かなり不満を覚えました。合唱も並の出来です。それでも本来この楽章の持つ力のせいで聴き応えはありました。第6楽章はすばらしい集大成でビチコフはここぞとばかりダイナミックに叙情的に思う存分マーラーを歌い上げます。終演後は多くのブラヴォーが出ていました。
しかし長いですねこの曲は。正味100分たっぷり。正直、まだ終わらないかーと思ったことも。

Christianne Stotijn
c0057725_7373759.jpg


Semyon Bychkov
c0057725_738255.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-04-03 07:39 | コンサート