「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ドヴォルザークのオペラ「ルサルカ」

2012年2月27日、ROHにて。

Antonin Dvorák: Rusalka

Directors: Jossi Wieler & Sergio Morabito
Conductor: Yannick Nézet-Séguin

Rusalka: Camilla Nylund
Foreign Princess: Petra Lang
Prince: Bryan Hymel
Ježibaba: Agnes Zwierko
Vodník: Alan Held
Huntsman: Daniel Grice§
Gamekeeper: Gyula Orendt
Kitchen Boy: Ilse Eerens
Wood Nymphs: Anna Devin, Justina Gringyte & Madeleine Pierard
Royal Opera Chorus
Orchestra of the Royal Opera House

ROHでこの演目をやるのは久しぶりらしいです。過去に2回上演した記録が残されていますが、いつなのかは知りません。今回のはザルツブルグの2008年の新作を貰ってきたもので、今日が初日です。私の方はと言えば、このオペラを体験するのはこれが2回目で、前回はグラインドボーンでした。演出は随分違うのは当然としても、今回のは室内楽的な舞台で、グラインドボーンのスペクタクルなグランドオペラを思わせるスケール感は全くありません。演出全体を比べてもどうも納得できないところがままあり、グラインドボーンの方が遙かにいい演出です。大体ルサルカがナイフを腹に突き立てて自殺するというのは原作とも違うし、黒猫のぬいぐるみ姿が出てきたりするのもなんだかねぇ。魔女と黒猫の組み合わせという陳腐な発想が大体いけない。案の定カーテンコールで出てきた演出家には盛大なブーが飛んでいました。猫ついでにいえば、魔女が座っているソファーに本物の黒猫が出演していて驚きました。まるで訓練をしっかり受けたように逃げたり嫌がったりせずに、魔女のちょっかいに反応していたし、最後は猫の脇腹あたりを魔女が何かすると、さっと舞台袖に引っ込みましたし。

歌手の方ですが、ROHデビューのフィンランド人ソプラノ、カミーラ・ニュールントは第1幕ではきれいな声ながらもやや線が細く、「月に寄せる歌」もあまり印象的ではありません。しかし第3幕では声が力強くなり、大満足の歌唱でした。第1幕はセーヴしていたのか、デビューで緊張していたのか。
王子役のアメリカ人テノール、ブライアン・ハイメルは、過去に聴いた「トロイ人」ではよい印象でしたが「カルメン」ではどうもねぇという半々の経験をしていますが、この人も第1幕では声が上滑り的でカルメンに近く、第3幕では力強い歌唱で合格。
外国の王女役、ドイツ人メゾ、ペトラ・ラングはよく声が出ていて、演技も得意の憎まれ役が堂に入っていました。ヴォドニク役のアメリカ人バスバリトン、アラン・ヘルドも立派な歌唱で、気持ちよく聴けました。魔女役のポーランド人メゾ、アグネス・ツヴィールコもなかなかすばらしい。3人の妖精達はすべてROH若手歌手養成コースの人たちですが、皆さんスタイルがいいし上手かった。しかし主要役には一人もチェコ人がいませんね。

指揮者ですが、もう最高!ドヴォルザークの美しく劇的な音楽を余すところ無く伝えてくれた感じです。この人のオペラ指揮を聴くのはは昨年のバーデンバーデンの「ドン・ジョヴァンニ」に次いで2回目ですが両方ともとてもいい印象で、これからの登場も待ち遠しいです。なお、音楽監督のパッパーノは今日は客席にいました。

Camilla Nylund、終演直後の独りカーテンコール
c0057725_231143.jpg
c0057725_233392.jpg
c0057725_235648.jpg


Bryan Hymel
c0057725_24189.jpg


Agnes Zwierko
c0057725_243561.jpg


Alan Held
c0057725_245449.jpg


Petra Lang
c0057725_251845.jpg


Anna Devin, Madeleine Pierard & Justina Gringyte
c0057725_253859.jpg


Yannick Nézet-Séguin
c0057725_255723.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-02-29 02:13 | オペラ

モーツァルト「皇帝ティートの慈悲」コンサート形式

2012年2月22日、バービカンホールにて。

Mozart La Clemenza di Tito

Deutsche Kammerphilharmonie Bremen
Louis Langrée conductor
Michael Schade Titus
Alice Coote Sextus(エリーナ・ガランチャの代役)
Rosa Feola Servilia
Malin Hartelius Vitellia
Christina Daletska Annius
Brindley Sheratt Publius

このオペラのコンサート形式は3年半前に同じバービカンホールで聴きましたが、セスト役はそのときもアリス・クートでした。今回はガランチャが出産直後でツアーは無理ということでキャンセルとなったのですが代役のクートは前回の出来を凌ぐ絶好調の歌唱でした。音程はしっかり、声は深みがあり各アリアの表現も納得のいくものでした。まるで「ガランチャでなくてもいいでしょうがー」と言わんばかり。でも容姿がちょっと違うんですけどー。
ティート役のミヒャエル・シャーデもそれに劣らないすばらしい出来で大変楽しめました。コンサート形式とはいえ、演技のうまさがもろ感じられる迫力もありました。
ヴィテリア役のマーリン・ハルテリウスも悪くはありませんが声は全面的に好きだというわけではないです。
セルヴィリア役のローザ・フェオラは美しい声の持ち主で、こちらは私の好み。この役はアリアが少ないのが恨めしい。
アンニオ役のクリスティーナ・ダレツカはまあまあの出来。
プブリス役のブリンドリー・シェラットはROHでお馴染みのバスですがよく声が出ていて歌も上手かった。
ルイ・ラングレー指揮のDeutsche Kammerphilharmonie Bremenは音がよくて切れのいい演奏、序曲を聴いて今日は来てよかったと思ったものでした。実はガランチャがキャンセルしたとき切符を返そうかどうしようかと迷ったのです。ラングレーは過去に何度か聴いていますがいつも印象はいいです。特に昨年4月の「ペレアスとメリザンド」には私は最上級の賛辞を送っています。
特筆に値するのは管弦楽で、ドイツの小編成オケの実力を余すところ無く伝えてくれました。木管も弦もアンサンブルがすばらしく隣にいた友人は普段聴くLPOとは何という違いと感嘆していました。

Michael Schade as Titus
c0057725_22212795.jpg
c0057725_222157100.jpg


Alice Coote as Sextus
c0057725_2222272.jpg
c0057725_22231728.jpg


Malin Hartelius as Vitellia
c0057725_22272326.jpg


Brindley Sheratt as Publius & Rosa Feola as Servilia
c0057725_22284381.jpg


Christina Daletska as Annius
c0057725_22292659.jpg


Louis Langrée & concert master
c0057725_22302921.jpg
c0057725_22313198.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-02-24 22:42 | オペラ

ピアノとピアノ五重奏のコンサート

2012年2月19日、Conway Hallにて。

Hiro Takenouchi: piano
Maggini Quartet

Franz Schubert: Fantasie in C major, Op. 15 (D. 760), ( Wanderer Fantasy)
Benjamin Britten: 3 Divertiment (March, Wartz, Burleske)
Franz Schubert: Quartettsatz in C minor D703
Felix Mendelssohn: Quartet in E minor
Edward Elgar: Piano Quintet in A minor Op.84

最初の曲はPre Concert Performanceとしてメインの演奏会の前に演奏されました。ピアニストの竹ノ内博明は1978年生まれ、Royal College of Music卒業、ザルツブルグ音楽祭などにも出演するなどソロや室内楽などで主に欧州で活躍している人です。
この日は実はラフマニノフのソナタを演奏する予定でしたが、これより前の一ヶ月ぐらい病気を患っていたため準備できず、過去に演奏したことのあるシューベルトの「さすらい人」に変更されたのでした。開始前には各楽章のテーマ演奏も交えて曲の解説もされました。
演奏はすばらしく、難曲といわれるこの曲を淀みなく弾いて感銘を与えてくれました。第4楽章が特に凄かった。ピアノはホール付属のベーゼンドルファーコンサートグランドでした。久しぶりにこのピアノの音を聴きましたが、やはり好きです。

Maggini Quartetはイギリスの四重奏団ですが、第2ヴァイオリン奏者が使っている16世紀のイタリア製楽器の製造者名をこの団体の名前にしているのでイタリア風になっています。本日はヴィオラ奏者が指に怪我をしたことから臨時の奏者を雇い、プログラムを変更しての公演です。
最初の2曲はいまいち乗れませんでしたが、メンデルスゾーンのものは聴き応えがありました。いいアンサンブルです。最後のエルガーは竹ノ内さんがピアノパートを担当です。美しい曲で、演奏もすばらしく大変楽しめました。特に第2楽章。

このホールは地下鉄ホルボーン駅の近くにあり、基本的に毎週日曜日の6時半から室内楽コンサートがあります。終演後このプログラムを持参すれば食べ物を20%引きにしてくれるレストランが駅近くに3カ所あり、本日はその中から韓国系の寿司屋に行って恩恵を受けたのでした。味はまあまあ。
[PR]
by dognorah | 2012-02-24 09:01 | コンサート

NYフィル演奏会

2012年2月16日、バービカンホールにて。

Alan Gilbert
New York Philharmonic
Mahler: Symphony No.9

このオケを聴くのはいったい何年ぶりか、とにかく90年代にロンドンとニューヨークで聴いたことがあるという記憶はあるのですが、どうもその後はチャンスがなかったようです。多分今世紀に入ってからもロンドンには何度か来ていたのでしょうけれど。
90年代からの時間の経過を考えると楽団員は大幅に入れ替わっているでしょうから、初めて聴く団体と言っても過言ではないですね。指揮者も初めて体験する人です。シカゴ交響楽団と同様東洋人奏者の数が多いことに驚きます。名簿から拾うと日系人も5人ぐらいいます。大体、音楽監督のアラン・ギルバート自身お母さんが日本人ですし。

それはともかく、今日の演奏はすばらしいものでした。今まで何度も聴いたこの曲は一回も感動しなかったと言えるほど、名演奏にはお目にかかっていなかったのですが、今日は違います。オケの各パートの音は金管も木管もまろやかで、弦も魅力的な音色だし、アンサンブルもすこぶるよろしい。第1楽章最後のコンサートマスターとホルンのやりとりは本当に美しかった。
ギルバートの指揮振りは精力的で、大きな体によるジェスチャーは聴いていてもわかりやすそうで、オケを完全に掌握している様子が感じられます。第1楽章から第4楽章まで有機的につながっている印象がしっかり刻まれたのも感動を大きくしてくれました。好感度大です。

Alan Gilbert
c0057725_234527.jpg
c0057725_2343560.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-02-17 23:05 | コンサート

オペラ「フィガロの結婚」

2012年2月14日、ROHにて。

Wolfgang Amadeus Mozart: Le nozze di Figaro

Director: David McVicar
Conductor: Antonio Pappano

Figaro: Ildebrando D'Arcangelo
Susanna: Aleksandra Kurzak
Count Almaviva: Lucas Meachem
Countess Almaviva: Rachel Willis-Sørensen
Cherubino: Anna Bonitatibus
Don Basilio: Bonaventura Bottone
Marcellina: Ann Murray
Bartolo: Carlo Lepore
Antonio: Jeremy White
Barbarina: Susana Gaspar
Don Curzio: Harry Nicoll
Royal Opera Chorus
Orchestra of the Royal Opera House

このオペラを見るのは多分これが6回目ですが、フィガロ役は3人しか経験していません。シュロットがヴィーンでの公演も含めて3回、ダルカンジェロがこれで2回目、残りの一人は2003年に見たグラインドボーンのモルトマンです。沢山バリトンがいるのにちょっと偏りすぎな感じがします。しかも今回のダルカンジェロとスザンナ役のクジャアクは2008年7月の時と同じ組み合わせでした。
フィガロ役のダルカンジェロは今回もすばらしい声で、演技的にも2008年の時よりもおどけた感じがよく出ていて大変楽しめました。しかし本当にこの人の歌唱は安定していますね。今まで何度も聴いていますが一度も不満に思ったことがありません。今回の各アリアも聴き惚れました。
スザンナ役のクジャアクは演技は大変よいものの、声は好みじゃないこともあって歌唱の方はまあまあ。
キンリーサイドが降りてしまった伯爵役はルーカス・ミーチェムが歌いましたが以前に「ダイドーとイニーアス」をここで歌ったときと同様スムーズな明るい声で上手かった。この役にはもう少し威厳のある声がふさわしいと思いますが。演技はあまり上手くなく今まで見たフィンリーやマッテイに比べると見劣りします。
伯爵夫人は大柄なラシェル・ウィリス=ソレンセンが歌いましたが品のよい声がすばらしく大変楽しめました。
ケルビーノ役のアンナ・ボニタティブスもなかなかよかった。バルトロ役のバス、カルロ・レポレにも感心。
パッパーノの指揮もいつものごとくすばらしく、全体としては水準の高い出来でした。

Rachel Willis-Sørensen & Ildebrando D'Arcangelo
c0057725_23532173.jpg


Antonio Pappanoに労われるIldebrando D'Arcangelo
c0057725_23535337.jpg


Aleksandra Kurzak
c0057725_23542498.jpg


Rachel Willis-Sørensen
c0057725_23545072.jpg


Lucas Meachem
c0057725_23551254.jpg


Anna Bonitatibus & Carlo Lepore
c0057725_23553115.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-02-17 00:01 | オペラ

日本映画「それでもボクはやっていない」

2012年2月11日、ICAにて。
周防 正行監督2007年作品
英語題名: I Just Didn't Do It

ロンドンの海外交流基金(Japan Foundation)の企画で9本の現代日本映画がロンドンを始めイギリスのあちこちを巡回します。今回はその中から周防 正行監督と坂口香津美監督も来英し、対談と質疑応答のイヴェントも開催されました。周防さんの対談イヴェントに出席し、今回映画も見ましたので感想を述べたいと思います。彼は映画の上演に際しても来館し挨拶と質疑応答をこなしました。この人の過去のヒット作には「Shall we ダンス?」というのがあり、私もDVDで見たことがあります。
今回の作品は過去の娯楽的映画と違って、かなり深刻な日本の裁判の問題点を描いて、これでいいのか?と見る人に訴えるものになっています。映画開始前に監督が、これは日本の現実であり、決してコメディではない、と強調していました。映画制作まで3年かかって日本の司法制度を勉強し、多くの人にインタヴューして自分でシナリオを書いたそうです。
上映開始時に監督から「日本的な儀式を行いたい」というアナウンスがあり、観客は何が起こるのかと緊張して見ていたら彼はやおらポケットからカメラを取り出して「May I take a photo?」といいながら壇上に上がって我々の姿を撮ったのでした。館内は大爆笑。

ストーリーは、超混雑の朝の通勤電車内の出来事。主人公は痴漢行為をされた女子中学生から誤認逮捕され、警察で否認し続けた結果起訴され裁判にかけられる。無実を訴え続け、彼はやっていないという他の女性証人もいたにもかかわらず有罪になってしまう。その課程を逐一映像にしたものですが、最初から有罪という心証で公判を続ける裁判官や被告に有利な証拠は隠滅するという警察や検事の姿が明らかにされます。全く不愉快な事実ですが日本では本当なんでしょう。深刻な内容にもかかわらず家族や友人達の挙動で笑いを誘う場面も結構あり、映画としては見応えのあるものになっています。

上映後、場内から多くの質問が寄せられ、監督から淀みなくコメントが引き出されてこれも興味深いシーンでした(すべて通訳を介してのやりとりです)。なぜこういう映画を作ったのかという質問がありましたが、ある日新聞で、一審で有罪になった痴漢事件が二審で無罪になったという報道があり、冤罪事件はかなり多いんではないかと興味を持ったのがきっかけだそうです。日本では痴漢行為が多いという事実はここロンドンでも有名で、監督からも一日に何千件とあるでしょうという裏付けコメントが出されて更に有名になった感じです。会場からのコメントでは、こういうひどい裁判は別に日本だけに限った訳じゃない、世界中で横行している、というのがありましたが、権力側のやり口はどこでも一緒ということでしょう。監督はこの映画の後政府内に設けられた新しい司法のあり方を検討する会議の委員に任命されたそうですが、権力にたてつく人を権力側に取り込む作戦でしょうか。彼自身も懐柔されないように気をつけたいという発言がありました。なかなかユーモアもある人で、この映画を作る前は娯楽映画を作る監督という印象を持たれていたために、警察や検事あるいは裁判所などインタヴューが非常にやりやすかった、といって笑わせてくれました。今はもう警戒されて本音は聞けないでしょう。

日本の映画は里帰りのために乗る長距離便でしか見ないので、なかなか貴重な経験でした。監督の話が聞けたのもよかった。こういう企画は大変ありがたく、海外交流基金に感謝したいと思います。
[PR]
by dognorah | 2012-02-14 22:49 | 観劇

草間彌生回顧展

Tate Modernにて。
c0057725_05232.jpg

前衛芸術家といわれる草間彌生は1929年3月松本市生まれ、もうすぐ83歳になる人です。子供の頃からスケッチなど絵を描くことが好きだった彼女は長じて洋画と日本画を学び、松本や東京で個展を開くなどの活躍をした人ですが、日本での芸術活動に対する窮屈さを覚えて1957年に米国に渡り、シアトルで個展を開いた後ニューヨークに移動して主にそこで活動していました。
しかしパートナーの死に際して体調を崩し、1973年に帰国、以来東京をベースに創作活動を続けています。大変多作な人で、グーグルで彼女の作品を検索するとたくさんの作品が出てきますが、豊富に展示されている今回の回顧展と重複するものはほとんどありません。作品は絵画、オブジェ、インスタレーションと多彩で、それに加えて過去の写真や新聞記事、手紙のコピーなども展示されているためじっくり展観すると2時間程度はかかってしまいます。全体を通して見て多大な感銘を受けました。凄く多感な人で、また一つのものに執着する人でもありますがあらゆるものに興味を示してどんどん作品をものにしていった人という印象を受けました。ニューヨークでは乱交パーティなども開催して裸の男女にペタペタと色を塗っていくシーンは写真やヴィデオでも披露されています。
私が一番感銘したのは一部屋を全部使って構成するインスタレーションで、彼女の世界に浸れる感じがとても素敵です。今まで多くの他の芸術家のインスタレーションというものを見てきましたが一度も感心したことが無く全く理解できないジャンルの一つでありました。しかし、彼女の作品はまず美しさがあり、それに加えて彼女のメッセージに包まれる感覚に支配されるという優れた芸術作品に接したときに体験する感動を覚えるのです。冒頭の写真はその中の一つ、鏡と光によって作られた空間ですが、これは写真ではなかなか理解できないもので、実際に体験してみるしかありません。ロンドン在住の方は是非テートモダンに行ってみてください。6月5日まで開催されています。
[PR]
by dognorah | 2012-02-14 00:55 | 美術

ドヴォルザークのオペラ「ジャコバン党員」コンサート形式

2012年2月4日、バービカンホールにて。

Dvořák: The Jacobin(チェコ語ではJakobín)


Josef Bend: Count Vilem of Harasov
Svatopluk Sem: Bohus
Dana Burešová: Julie
Jaroslav Březina: Benda
Lucie Fišer Silkenová: Terinka
Aleš Vorček: Jiří
Jozef Benci: Filip
Ales Jenis: Adolf
Rebecca Lodge: Lotinka

BBC Singers
Trinity Boys School children's chorus
BBC Symphony Orchestra
Jiří Bělohlávek: conductor
Kenneth Richardson: director

ビエロフラーヴェクが時たま上演してくれるチェコ語のオペラ、今回は滅多に上演されない演目ですが、音楽的にすばらしくて大変楽しめました。

あらすじ
18世紀末の話。ボヘミア地方のハラソフの伯爵の息子ボーフスは父親の反対を押し切ってジュリーと駆け落ちしてパリに行くが革命で居心地が悪くなり、故郷に帰ってくる。しかし母親はすでに亡くなっており、伯爵はもう彼を息子と見なさず、跡継ぎは甥のアドルフだと公言する。アドルフは宮廷長のフィリップと組んで権勢をふるう。パリ帰りのボーフスはジャコバン党員であるという噂を流されアドルフに投獄される。妻のジュリーは手を尽くして伯爵に近づき、ボーフスが子供の時に母親によく歌って貰ったという子守歌を歌うと伯爵は感動し、息子を許す気になる。ボーフスが投獄されている事実を知って逆にアドルフとフィリップを追放する。

物語は音楽学校校長ベンダの娘テリンカとその恋人イルジ、テリンカに横恋慕するフィリップを絡ませて襞を作っているものの、本質的に単純なストーリーで、オペラとしてあまり上演されない理由はそこにあるのでしょう。

音楽としては、ジュリーとテリンカがソプラノ、イルジとベンダがテノール、ボーフスとアドルフがバリトン、伯爵とフィリップがバスで、それぞれアリアがいくつか割り当てられているし、管弦楽がドヴォルザークらしい魅力的なメロディがふんだんに使われているため大いに楽しめます。特に二人のソプラノによる歌唱が魅力的で今回の歌手は二人とも美しい声で堪能しました。テリンカ役が素直に伸びる美しい高音が魅力だとすればジュリー役は声に襞が感じられる印象でこれもまた違った魅力があって、歌の度にわくわくしながら聴いていました。
テノールのイルジも高音がよく伸びるよい声で、テリンカとの二重唱も大変楽しめました。
ボーフス役のバリトンも魅力的な声で主要4役はすべてはいレヴェルの歌手でした。
伯爵役のバスもすばらしい声なのですが、もう少し声量があれば言うことなしでした。
他の歌手達はそこそこという感じですが、役柄上出番の多いベンダとフィリップはもう少し声が欲しいところです。今日の歌手はほとんどがチェコ人だと思いますが、登場人物の多彩さを考えればこれだけ揃えばあまり贅沢は言えませんね。
BBC Singersも少年合唱団もよい出来でした。BBC交響楽団も文句のない出来で、ビエロフラーヴェクも満足だったことでしょう

Svatopluk Sem as Bohus & Dana Burešová as Julie
c0057725_0511066.jpg


Lucie Fišer Silkenová as Terinka & Aleš Vorček as Jiří
c0057725_0521638.jpg


Josef Bend as Count Vilem of Harasov & Ales Jenis as Adolf
c0057725_0525770.jpg


Jiří Bělohlávek
c0057725_0532588.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-02-07 01:05 | オペラ