<   2011年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Bobby Chenピアノリサイタル

2011年5月30日、ウイグモアホールにて。

Bobby Chen: piano
Programme
Prokofiev: Piano Sonata No. 2 in D minor Op. 14
Schubert: 4 Impromptus D899
Liszt: Études d'exécution transcendante S.139 No. 9 'Ricordanza'
Liszt: Années de pèlerinage, Deuxième année, Italie S.161
a) Sonetto del Petrarca No. 104
b) Après une Lecture du Dante: Fantasia quasi Sonata

マレーシア生まれのボビー・チェンの演奏を聴くのは久しぶりですが、相変わらずすばらしい音楽を作る人です。初めて聴いたのは5年前に開催されたSt James, Piccadillyでのランチタイムコンサートですが、強烈な印象を与えてくれた人なのでずっと名前は覚えていて、他の人のコンサートの時に会場で会って話したこともあります。オペラが好きなんだと言っていたことを覚えています。
今日は5年前のベーゼンドルファーのピアノではなく彼のスポンサーとなっているファチオーリ(Fazioli)です。さすがにスポンサーが用意したピアノだけあって状態はすばらしく、5年前のベーゼンドルファーに拮抗する輝かしい音色でした。
そして彼のピアノのタッチも相変わらずダイレクトに私の胸に入ってくるもので、繊細さと透明感に満ち、高いテクニックに裏付けされたダイナミックな演奏は曲の持つ意図を完全に伝えてくれます。
最初のプロコフィエフの作品は彼が21歳の時に作曲した初期作品ですが、第4楽章辺りに後年の彼の特徴の片鱗が見られるものの全体としては太めの音でロマン派的な印象が感じられます。ボビーの演奏は「ああ、これこれ、この音」と思い出させてくれる美しい音色とわかりやすい解釈でリラックスして聴けます。
シューベルトの4つの即興曲は死の前年に作曲されたポピュラーな名曲で馴染み深いメロディが多々用いられていますが、ボビーの解釈は特にユニークでもないけれどテンポの大胆な変化など交えてとても新鮮でいつも聴いているCDとはまた違った楽しみ方が出来ました。
後半は記念年のリストですがボビーの美しいピアにズムが遺憾なく発揮された息を飲むような演奏が続いて溜息が出ます。特に始めの2曲。最後の「ダンテを読んで」は今年あちこちで何度か聴いているしCDも持っていますが、リストらしい凄い指捌きが要求される激しいパッセージが連続するもののいまいち好きにはなれない曲です。
終了後は大勢がブラヴォーで騒ぎ、隣のおばさんなど金切り声を上げて何度も叫んでいました。何度目かにステージに戻ってきたボビーはアンコールを一曲演奏しました。曲はプロコフィエフのトッカータでしたが、ちょっと諧謔性のあるこの曲に笑いも出ていましたね。
終わってからバックステージに行ってみたらすでに長蛇の列。しばし待ってやっと彼と会話が出来ました。それだけ大勢の客が感銘を受けたということでしょう。客の入りはあまり多くはなかったけれど。帰りは再びホールを通って出口に向かいましたが、ステージ上ではもうピアノの梱包がされていました。凄い早業! 次の予定が詰まっているのでしょう。

Bobby Chen
c0057725_21134521.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-05-31 21:18 | コンサート

ユーロフスキー指揮LPO

2011年5月28日、RFHにて。

Vladimir Jurowski: conductor
Hanno Müller-Brachmann: bass-baritone (Christian Gerhaherの代役)
London Philharmonic Orchestra

Haydn: Symphony No.88 in G
Mahler: Songs from Des Knaben Wunderhorn
・Des Antonius zu Paduas Fischpredigt
・Lob des hohen Verstandes
・Rheinlegendchen
・Trost im Unglück
・Das irdische Leben
・Der Tamboursg'sell
・Revelge
Brahms: Symphony No.4

先日ウイグモアホールでのリサイタルをキャンセルしたクリスチャン・ゲルハーハーが出演するというので買ったコンサートですが、やはりまだ具合がよくないのかこちらもキャンセルしてしまいました。でも、代役のハンノ・ミューラー=ブラッハマンもなかなかよかったです。この人は以前ベートーベンの第9のソリストとして聴いたことがあります。声質はそれほど好みじゃありませんが、表現力のある歌唱はなかなかのもの。指揮者ユーロフスキーとほぼ同じ背丈の長身ですが、歌うときは膝を折り曲げたり前屈みになる癖があってまるで背を低く見せようとするみたいな動作です。このときのバックのオケの演奏も秀逸で全体としては大変楽しめた音楽でした。

前後しますが、最初の曲ハイドンの交響曲第88番も大変立派な演奏でした。オケを小編成にしたので弦のアンサンブルもすこぶるよく、美しい音色でゆっくりしたテンポがツボにはまった感じで、格調の高さを感じさせる出来です。

最後のブラームス第4番もわくわくさせるような演奏で大いに楽しみました。第1楽章序奏部は慎重な開始で両腕を柔らかく大きく動かすことでふわーっとした感じを出していましたが、それが私の持つイメージとぴったり一致して、この部分の音を聴いただけで今日はいい演奏になりそうだぞという期待感に胸がふくらみます。そしてその期待は裏切られることはなく、第4番としてはどの楽章を取っても私の大好きな演奏スタイルとなりました。ただしかし、ハイドンに比べて大編成になった分オケの音質にはやや不満が出たのも事実です。ユーロフスキーの棒を持ってしてもいかんともしがたい本質的なオケの実力に関わることで、むしろ彼にはせめてフィルハーモニア管ぐらいのオケを指揮して欲しいとも思いました。
なお、ユーロフスキーはオケの編成は両翼配置が好みな様で今日の3曲ともそうだったし最近の記憶でもほとんどそうです。本日のブラームスの時はそれに加えてコントラバス10挺を最後列の左右に5挺ずつ並べるという珍しい配置でした。

Hanno Müller-Brachmann & Vladimir Jurowski
c0057725_0505242.jpg


Hanno Müller-Brachmann
c0057725_0512719.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-05-31 00:56 | コンサート

ロイヤルバレーのトリプルビル(ドレスリハーサル)

2011年5月27日、ROHにて。

Scènes de ballet
Music: Igor Stravinsky
Choreography: Frederick Ashton
Conductor: Barry Wordsworth
Main dancers: Sarah Lamb, Valeri Hristoph

Sarah Lamb & Valeri Hristoph
c0057725_74397.jpg


Voluntaries
Music: Francis Poulenc
Choreography: Glen Tetley
Main dancers: Marianela Nuñez, Rupert Pennefather, Lauren Cuthbertson, Thiago Soares, Ryoichi Hirano

Marianela Nuñez, Rupert Pennefather, Lauren Cuthbertson & Thiago Soares
c0057725_77212.jpg


The Rite of Spring
Music: Igor Stravinsky
Choreography: Kenneth MacMillan
The chosen one: Steven Mcrae

Steven Mcrae
c0057725_781669.jpg


春の祭典は6年前に見て以来なのでもう一度と思って見てみました。あのときは「選ばれた者」はタマラ・ロホでしたが今回は男性ダンサーになっています。どちらでもいいとは知りませんでした。また、6年前はロホがみんなにリフトされたらすぐに照明が消えて印象が強烈でしたが、今回はいつまでもつきっぱなしです。そういえば全体的に前回の方が照明が暗かった記憶がありますのであるいはLighting Designが変更になったのかも。

最初のScènes de balletは同じストラヴィンスキーの音楽ながらアシュトンの振り付けなので衣装も含めて古典的です。ラムの優雅な動きに魅了されました。
二つ目の演目は写真で示したようにモダンな衣装ですが動きは古典的なバレーのもので、ニュネスとペニファーザーのコンビはなかなか楽しめました。予定されたその他のプリンシパルダンサーが前の演目も含めてキャンセルされたのはリハーサルを軽く見ているせいと思われますが、何のためのリハーサルなのでしょう。
それはともかく普段はこれ目当てに見に来ることはないマイナーな演目を春の祭典のついでに見ることができてよかったと思います。
[PR]
by dognorah | 2011-05-30 07:15 | バレー

マゼール指揮マーラー第7番

2011年5月26日、RFHにて。

Lorin Maazel: conductor
Philharmonia Orchestra
Mahler: Symphony No.7

指揮者が壇上に上がってからトラブルが! マゼールさん、コンサートマスターに向かってなにやらぶつぶつ言いながら指揮台を降りてしまいました。ヴァイオリン奏者の一人が意を汲んで楽屋裏に行く。暫くして係員が譜面台を持ってきた。暗譜で指揮するのかと思われていたようです。係員が登場すると聴衆から拍手が出ましたがマゼール自身も拍手してなにやら冗談を言って笑わせていたが私には聞き取れず。
約10分遅れで始まったコンサート、今日も快調です。なんかフィルハーモニアの出す音がものすごく深みがあって美しく、それだけでしびれました。やはりマゼールの棒で鍛えられたオケの音はひと味違います。第1楽章はマーラーの持ち味がすべて書き連ねてあるような印象を持っていますが、それがくまなく描出されていく様は見事でした。第2楽章から第4楽章の間でもオケの出す音の魅力に身をゆだねて心地よく楽しめた演奏でした。第2楽章では舞台裏で鳴らされるカウベルの音がやけに小さいのが気になりました。席によっては聞き取れなかったかも知れません。そして第5楽章は徐々に盛り上がり、マゼール得意のコーダの凄まじさはここでも発揮されます。ただ途中強奏部分でややアンサンブルの乱れが感じられたのが残念です。しかしまあ全体としては今日も大変満足すべき演奏で、来てよかったなぁという思いを残しながら帰途につきました。

この第7番を実演で聴いたのは恐らくこれで4度目で4年ぶりです。自分の記録のために過去分をまとめておきますと、2005年にサローネン指揮フィルハーモニア管、2006年にシャイー指揮ゲヴァントハウス管、2007年にハーディング指揮ロンドン響です。
[PR]
by dognorah | 2011-05-29 20:06 | コンサート

ヘンデルのオペラ「アリオダンテ」コンサート形式

2011年5月25日、バービカンホールにて。

Handel: Ariodante (An opera in three acts)

Il Complesso Barocco
Alan Curtis: conductor

Joyce DiDonato: Ariodante
Karina Gauvin: Ginevra
Nicholas Phan: Lurcanio
Sabina Puértolas: Dalinda
Matthew Brook: King of Scotland
Marie-Nicole Lemieux: Polinesso
Sam Furness: Odoardo

他愛もない恋愛沙汰が邪な心を持った男に掻き回されることによってドラマティックな様相を見せるというよくあるストーリーで、最後はめでたしめでたしとなります。
タイトルロールのジョイス・ディドナートは光り輝くような存在感で絶好調の歌唱を聴かせてくれました。ズボン役としてヴェストにネクタイという出で立ちでボーイッシュな姿も魅力的です。
もう一人のズボン役マリー=ニコル・レミューは単なるパンツ姿ですが、歌唱の方は相変わらずのうまさでした。しかしこの人はよくロンドンに来ますね。3月の「狂気のオルランド」と4月の「ペレアスとメリザンド」でも歌っていましたので今年はすでにこれで3回目です。
ソプラノ歌手二人もすばらしい出来でした。カリーナ・ゴヴァンがこのオペラで最初にアリアを歌いますが清澄な声が瑞々しく響いて極上の声でした。拍手するタイミングを計っていたら誰も拍手せず。これは完全に拍手しそびれたもの。次の次ぐらいにレミューが歌ったらやっと拍手が起きたのですが、カーティスはそれが不満だったのか、観客の方を振り向いて「おまえらいったいどうしたんだ?最初のすばらしいアリアに拍手しないで!」と言わんばかりでした。
アリアが少ないもののダリンダ役のスペイン人、サビーナ・プエルトラスも魅力的な声で魅了してくれました。
そしてテノールのニコラス・ファン! 中国系だとおもいますがアメリカ人でとてもいい声です。惚れ惚れしました。
スコットランド王を歌ったマシュー・ブルックは水準の声ですが歌唱は上手い。
たった一人アリアのないテノール、サム・ファーネスは端役で代役ということもあって、まあ普通の声です。

管弦楽のアラン・カーティス指揮イル・コンプレッソ・バロッコを聴くのは5年ぶりで、前回は「ロデリンダ」でした。今回もそのとき同様上手いなあと思いました。全く文句なしのヘンデルです。

美しいアリアが一杯でオペラ好きには大変楽しめる作品ですがオペラとしてはしかしやや退屈な作品かもと思いました。

Joyce DiDonato & Karina Gauvin
c0057725_0252684.jpg


Alan Curtis
c0057725_0264369.jpg


Matthew Brook, Nicholas Phan, Joyce DiDonato, Marie-Nicole Lemieux, Karina Gauvin & Sabina Puértolas
c0057725_0271063.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-05-29 00:35 | オペラ

フィンランド大使公邸でのチャリティコンサート

2011年5月24日。

今回のコンサートも3月に開催されたボスニア・ヘルツェゴヴィナ大使館でのコンサートと同様Madam Wさんと彼女の属するMarylebone Arts Association主催で開催された東北災害向けのチャリティコンサートです。その企画にフィンランド大使が賛同して場所に公邸を提供し、その他ポルトガル大使館や各種団体のサポートを受けて実現したものです。いつもながらMadam Wさんの幅広い人脈と多大な努力には頭が下がります。
このフィンランド大使公邸は世界的にもトップクラスの高価格不動産が並んでいるKensington Palace Gardens にあります。故ダイアナ妃が住んでいたKensington Palaceのすぐ近くです。そこにはロシア大使、フランス大使、日本大使など多くの公邸や大使館が並んでいるため、通りの両端には常時警官が通行車両をチェックするゲートが設けられていて、セキュリティも高いしロンドン中心部にしてはとても静かな超高級住宅街です。こういう場所に出入りする機会などあまりあるわけはなく、気分よく出かけてコンサートとその後のレセプションを楽しみました。なお、斜め向かいにある日本大使公邸から当然大使夫妻も出席です。

演奏者とプログラム
Janne Mertanen (piano)
c0057725_2193319.jpg

Satie: Trois Gnossiennes (1890)
Sibelius: Cinq morceaux op.85 (1916-7), No.5 "Spruce"
Sibelius: Six impromptus op.5 (1890-93), No.5 b-minor, No.6 e-minor
Brahms: 3 Intermezzi op.117

Sergey Sobolev (piano)
c0057725_2110610.jpg

P. Tchaikovsky:
・Reverie du Soir op.19 No.1
・Meditation op.72 No.5
・Scherzo humoristique op.19 No.2
A. Scriabin:
・4 preludes op.22
・Valse in A flat major op.38
・2 etudes op.42, No.4 & No.5
・Sonata No.4 in F sharp major op.30

最初のピアニスト、ヤンネ・メルタネンは1967年生まれのフィンランド人で、ショパンを得意とするピアニストとして広く知られています。今回のプログラムにはショパンが含まれていませんが、それは同じMarylebone Arts Association主催でショパンだけを弾くコンサートがこの10月に予定されているからとのことです。
演奏スタイルは木訥と音を奏でるという印象で、心地よい音楽空間が醸されます。しみじみと聴き入りました。素敵です。なお、いつものようにMadam Wさんの要望でピアニストは用意したプログラムをすべて切れ目無く演奏します。

次のセルゲイ・ソボレフは1982年生まれのロシア人で、2007年開催の第13回チャイコフスキーコンクールで第4位に入賞した人です。ヴィルトゥオーゾタイプの演奏をする人で、そのテクニックには圧倒されました。最初のピアニストとは対照的な演奏をする人ですが、私はどちらかといえばヤンネ・メルタネンの方が好みです。

それにしても質の高い演奏者によるすばらしいコンサートでした。
[PR]
by dognorah | 2011-05-28 21:10 | コンサート

札幌交響楽団ロンドン演奏会

2011年5月23日、RFHにて。

指揮:尾高忠明
ヴァイオリン:諏訪内晶子

武満:How Slow the Wind
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲
ショスタコーヴィッチ:交響曲第5番

入場料収入等はすべて東北の災害のために寄付されるチャリティコンサートです。
札幌交響楽団を聴くのはこれが初めてです。指揮の小高さんも初めて。この楽団の日本での実力評価は知りませんが、なかなかいい線を行っているという印象でした。ただし、いつもこのホールで聴いているフィルハーモニア管やLPOに比べるとどのパートを取ってもちょっと聴き劣りしますが。音のスケールなど、ショスタコーヴィッチではよく出いましたがかなり背伸びしている感じで飽和感があり、フィルハーモニアのようにまだまだ余裕があるという印象にはなりません。
それはともかく音楽的にはかなり楽しめたコンサートでした。最初の武満の作品は彼らしい響きが充ち満ちた作品で、こういう雰囲気をさらっと出す演奏は外国のオケには出来ないだろうなと思われるものでした。しかしこの短い曲に特殊な打楽器などを各種そろえるのは特に海外演奏では随分効率の悪いことだなぁと妙な印象を受けてしまいました。次のブルッフの曲が演奏できるようになるまで後片付けで随分時間がかかってしまいましたよ。
そのブルッフですが、これは見事な演奏で、独奏もオケもとても楽しめました。諏訪内さんはいつものように美しい音色で心に迫る熱演。ところで、音楽とは関係ないですが彼女のドレスはちょっといただけない。デザインが悪くて彼女の演奏姿に全く合っていなかった。演奏中におなか辺りに皺がどんどん出来てしまう上、後ろ姿も優雅とはほど遠く、私はステージに近いところに座っていたこともあり正視に耐えられなくてほとんど目をつぶって聴いていました。
ショスタコーヴィッチは尾高さんがRFHのサイトに載っているビデオでしゃべっているようにあちこちで何回も演奏してきたこともあって大変こなれた演奏でした。私の耳には冒頭の低弦の迫力不足にちょっとずっこけましたが、第2楽章以降では迫力的に持ち直し、全体としてはバランスよくまとまっていました。聴衆にはかなり好評でたくさんのブラヴォーも出ていましたね。
舞台に何度か呼び戻された尾高さんはマイクを持って現れ、あの地震の時に自分は東京でオペラを見ていたことなどのエピソードを話すとともに、このコンサートに来てくれた聴衆にお礼を述べました。そしてアンコール曲はエルガー(曲名は失念)。このアンコールはいかにも音楽しているという余裕の演奏でこれも大変楽しめました。

Akiko Suwanai
c0057725_7434798.jpg


Tadaaki Otaka
c0057725_7441735.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-05-28 07:45 | コンサート

ヴェルディのオペラ「マクベス」ドレスリハーサル

2011年5月21日、ROHにて。

Giuseppe Verdi: Macbeth (Opera in four acts)

Director: Phyllida Lloyd
Conductor: Antonio Pappano

Macbeth: Simon Keenlyside
Lady Macbeth: Liudmyla Monastyrska
Macduff: Dimitri Pittas
Banquo: Raymond Aceto
Malcolm: Steven Ebel
Lady-in-waiting: Elisabeth Meister
Doctor: Lukas Jakobski

私がこのオペラを前回見たのは2006年2月3月ですが、ROHでの上演はその後もあったのかどうか定かではありません。あまり好きでもないので今回はこのドレスリハーサルを見るだけです。
タイトルロールのキーンリーサイドは好調でした。この前の「ペレアスとメリザンド」では怪我をした左腕を固定したまま動かせない状態でしたが、今日はまだギブスは一部残っているものの、普通に動かせる状態にまで回復していました。
マクベス夫人を歌ったリュドミラ・モナスティルスカは今回がROHデビューのキエフのソプラノですが太めの大柄な人で、とてもパワーのある歌唱で、この役にはぴったりという感じです。たくさんあるアリアはすべて大絶賛でした。
マクダフ役のアメリカ人テノール、ディミートリ・ピタスも印象的な歌唱で、素直に伸びる魅力的な声の持ち主です。
バンクォ役のアメリカ人バス、レイモンド・アセトも迫力ある歌唱でした。ということで歌手はすべて満足すべき出来です。
また管弦楽も過不足ない演奏で、今回字幕をあまり見ないで音楽に集中していたこともあってヴェルディの音楽を十分楽しめました。最近のパッパーノは結構いい水準を行っています。
演出もこうして数年ぶりに見てみると、なかなかよくまとまったものだということがわかりました。魔女たちのダンスや合唱も内容にふさわしいものです。
といいながらも、オペラ自体の魅力のなさは救いようが無く、これからもあまり見に行くことはないかな。

Simon Keenlyside
c0057725_04634.jpg

c0057725_0463677.jpg


Liudmyla Monastyrska
c0057725_047838.jpg

c0057725_0474039.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-05-23 00:53 | オペラ

スメタナのオペラ「売られた花嫁」コンサート形式

2011年5月20日、バービカンホールにて。

Bedřich Smetana: Prodaná nevěsta( The Bartered Bride)

Jiří Belohlávek: conductor
Kenneth Richardson: director
Dana Burešová: Marenka
Tomáš Juhás: Jeník
Jozef Benci: Kecal
Aleš Voráček: Vašek
Kateřina Kněžíková: Esmeralda
Lucie Hilscherová: Hata
Gustav Belacek: Micha
Svatopluk Sem: Krusina
Stanislava Jirků: Ludmilla
Jaroslav Březina: Ringmaster
BBC Singers
BBC Symphony Orchestra

いつもお国ものを振るとさすがという演奏をするビエロフラーヴェク、今日も例外ではなく序曲の最初からこれぞスメタナという音楽で、大いに楽しめました。それに加えて、チェコから連れてきた歌手たちも世界的一流というわけではないにしても十分上手い歌唱でこのオペラを鑑賞するには全く問題のない水準でした。テノールは主役のイェニーク役よりもヴァシェク役の方がいい声でした。タイトルロールのマジェンカ役ソプラノは全面的には好きな声ではないですが全音域で不足のない歌唱で声量もありました。今回はコンサート形式ながらある程度の演技もついていましたが、10年ぐらい前にグラインドボーンで実舞台を見たことがあります。指揮者や歌手が誰であったかは全く覚えていませんが、サーカスの登場するところでは結構曲芸や訓練された犬の演技などがあったことだけ覚えています。全曲を聴くのはそのとき以来ですがまあ楽しめるオペラですね。

Dana Burešová as Marenka
c0057725_93422.jpg


Tomáš Juhás as Jeník
c0057725_933087.jpg


Jozef Benci as Kecal
c0057725_94324.jpg


Aleš Voráček as Vašek
c0057725_943394.jpg


Stanislava Jirků as Ludmilla and Svatopluk Sem as Krusina
c0057725_9569.jpg


Gustav Belacek as Micha and Lucie Hilscherová as Hata
c0057725_954437.jpg


Kateřina Kněžíková as Esmeralda and Jaroslav Březina as Ringmaster
c0057725_961070.jpg


Jiří Belohlávek
c0057725_964567.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-05-22 09:15 | オペラ

タマラ・ロホ主演バレー「マノン」

2011年5月9日、ROHにて。

Manon: Ballet in three acts
Music: Jules Massenet
Choreography: Kenneth MacMillan
Conductor: Martin Yates
Orchestra of the Royal Opera House

MANON: TAMARA ROJO
DES GRIEUX: CARLOS ACOSTA
LESCAUT: JOSÉ MARTIN
MONSIEUR G.M. : GARY AVIS
LESCAUT'S MISTRESS: HELEN CRAWFORD
MADAME: ELIZABETH MCGORIAN
THE GAOLER: THOMAS WHITEHEAD
BEGGAR CHIEF: PAUL KAY
COURTESANS: LAURA MCCULLOCH, SIAN MURPHY, SAMANTHA RAINE, LARA TURK
GENTLEMEN: BENNET GARTSIDE, VALERI HRISTOV, LlAM SCARLETT
CLIENTS: JONATHAN HOWELLS, ERICO MONTES, PHILIP MOSLEY, CHRISTOPHER SAUNDERS,
ERIC UNDERWOOD
OLD GENTLEMAN: ALASTAIR MARRIOTT

ロホとアコスタのマノンは2005年2月以来だが、やはりこのコンビはすばらしい。第1幕だけで大いに感動してしまった。先日のリハーサルで見たセイラ・ラムもなかなかよかったけれどロホの踊りは年季が入っている分格が違うことがよくわかった。アコスタのしっかりしたサポートにより各PDDのすばらしさは筆舌に尽くしがたい。
ホセ・マーティンのレスコーはまあまあ。酔っぱらってガールフレンドと踊るところは以前見た他の人の方が上手かった。
リハーサルではユフイ・チェと小林光が二人の仲の悪い娼婦役を実に上手く演じて観客を笑わせていたが、今回の人は通り一遍の演技でちっとも面白くなかった。細かい演技は本人たちに任されているので気の合う日本人同士の方がずっとうまく行くのだろう。

終演直後のTAMARA ROJOとCARLOS ACOSTA
c0057725_1223435.jpg

c0057725_1211856.jpg


JOSÉ MARTIN
c0057725_1231692.jpg

c0057725_1235781.jpg


TAMARA ROJO
c0057725_1243363.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-05-12 01:28 | バレー