「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

プッチーニのオペラ「トゥーランドット」

2008年12月29日、ROHにて。

Turandot
Lyric drama in three acts and five scenes
Composer: Giacomo Puccini

体調不良で大分更新が途絶えていましたが、何とか復活して今年最後のオペラ鑑賞に行きました。9月に見た同じプッチーニの「西部の娘」でホセ・クーラがあまりにも絶好調だったのでこれも見てみようと思って行ったのでした。期待通り彼の歌唱はすばらしかったのですが100%とは行きませんでした。なぜなら風邪を引いていたからです。第1幕から時々観客に背を向けてコンコンと咳をしている状態で、それでも発声の時には何もないかのように美声を披露してくれていました。しかし第3幕の超有名アリア「ネッスンドルマ」ではあろう事かアリアの最中にコンコンを2-3度やったのです。それでもアリア後半の輝かしい絶唱部分は彼ならではの張りのある陶酔的歌唱が聴けましたが。なので、この後の公演はちゃんと出演できるのかちょっと心配ですが、ヨハン・ボータが暫く出演するので次の彼の出演は1月12日になり多分大丈夫でしょう。オペラハウス内は観客は言うに及ばず、オケピットからもしきりに咳の音が聞こえるすさまじさで風邪が大流行のロンドンを象徴していました。かく言う私もやや低めの温度設定のホールのせいもあってずっと咳を連発していました。今月中旬にかかったインフルエンザの後遺症が未だ尾を引いているのです。
José Curaと左はPaata Burchuladze、更に左はAlasdair Elliott
c0057725_841353.jpg

今夜の出演者は全てすばらしい出来で、タイトルロールを歌ったイレーヌ・テオリン(今年のバイロイトでイゾルデを歌った人)は初日を風邪で休んだのですが、fluが未だ直っていなくて調子が万全ではないという事前のアナウンスにも拘わらず聴かせどころの第2幕では、こんなのありかと思わせるようなすばらしい声で圧倒してくれました。そういう逆境でこれだけの歌唱を聴かせてくれたというだけで感涙。この人は風邪を克服している最中なのでこれ以降の公演は大丈夫でしょう。クーラはこの人から風邪を移されたに違いないです。第3幕ではキスシーンも含めてかなり接近して歌いますからね。
Iréne Theorin
c0057725_833065.jpg

リューを歌ったスヴェトラ・ヴァッシレーヴァという人は初めて聞く名前ですが、清純な役にふさわしい清々しい声で、歌ったアリアは全てすばらしい出来でした。写真で見る通りなかなかの美人でもあります。なぜかこの人だけが顔のメークなしです。他の人はカラフの白面やトゥーランドットのアイマスク+白面など素の顔が分からないようなメークが施されているのですが。
Svetla Vassileva
c0057725_8334377.jpg

ティムール役も声量豊かなバスで立派な歌唱でした。皇帝も今までこのプロダクションで見た中では最高の出来。ピン、パン、ポンもしっかりした歌唱で上出来。特にピンを歌ったジョルジオ・カオデュロはとても印象的なバリトンです。白面メークなのではっきりとは分かりませんが体型的にも結構ハンサムな人です。

指揮のニコラ・ルイゾッティは多分初めて聴く人ですが、ダニエル・オーレンみたいに派手な指揮をする人で、音楽はものすごくダイナミック、それでいて叙情的な部分もすばらしく、間の取り方が並じゃない魅力的な音楽作りでした。また、合唱は特に弱音部の美しさが際立っていて舞台をしっかり支えていました。
Nicola Luisotti、José Cura、Svetla Vassileva
c0057725_8343452.jpg

こういう出来のいい音楽的環境ではストレスなしに舞台に集中でき、初めてこのオペラの面白さを認識すると共に、演出もなかなかのものだと思い直しました。ただ、モクモクモクモクと煙を多用するのはやめて欲しい。吸っても直接刺激的ではないもののあまり気持ちのいいものではないし、手法が安易すぎます。同じ演出でも以前はこんなにも多用していなかったはず。
でもとにかく質の高いオペラで今年の最後を飾れたので満足です。来年もいい公演に巡り会えますように。

皆様、よいお年をお迎え下さい。

Original Production: Andrei Serban
Revival Director: Jeremy Sutcliffe
Conductor: Nicola Luisotti
The Orchestra of the Royal Opera House

Princess Turandot: Iréne Theorin
Calaf: José Cura
Liù: Svetla Vassileva
Timur: Paata Burchuladze
Ping: Giorgio Caoduro
Pang: Ji-Min Park§
Pong: Alasdair Elliott
Emperor Altoum: Robert Tear
Mandarin: Kostas Smoriginas
[PR]
by dognorah | 2008-12-31 08:51 | オペラ

ユーロフスキーのマーラーとヴァーグナー

2008年12月13日、RFHにて。

演奏
Vladimir Jurowski
London Philharmonic Orchestra
Anja Kampe: Isolde
Robert Dean Smith: Tristan
Sarah Connolly: Brangaene
László Polgár: King Marke
Stephen Gadd: Melot/Kurwenal

プログラム
マーラー:交響曲第10番アダージオ
ヴァーグナー:「トリスタンとイゾルデ」より第2幕

前半のマーラーは完璧に統制の取れた演奏で、極めて美しいが美しさの中から不安と緊張が垣間見えるものでした。非常に豊かな音というわけではないもののとても純な音がします。優れた演奏です。

今までユーロフスキーのオペラのコンサート形式は何度か聴いてきていつも満足させられてきましたが、今日も例外ではなく大変楽しめました。管弦楽のコントロールはマーラーと同じで出てくる音は全く納得できるものです。この人のオペラを一度舞台で見てみたいものです。
イゾルデを歌ったアニア・カンペは前半高音が割れる傾向にあってよくなかったのですが後半は持ち直して芳醇な声が聴けました。
ロバート・ディーン・スミスのトリスタンを聴くのは今年3度目ですがこの日が一番出来が悪かったと思います。いつにもまして線が細くオケにかき消されてよく聞こえない場面がしばしばでした。
セイラ・コノリーのブランゲーネは最初から最後まで美声がすばらしく非常に安定した歌唱です。マルケ王を歌ったラズロ・ポルガーはあまりヴァーグナー歌いとしての経歴はないようですが、立派なマルケ王でびっくりしました。開始前に風邪で調子が悪いなんてアナウンスがありましたが、ちょっと信じられません。メロートを歌ったスティーヴン・ガッドもよく声が出ていました。
写真は左からAnja Kampe: Robert Dean Smith: Sarah Connolly: László Polgárです。
c0057725_234996.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-12-18 02:04 | コンサート

「ヘンゼルとグレーテル」公演

2008年12月12日、ROHにて。

コヴェントガーデンでは1937年以来71年振りとなる再演が新制作で行われました。

Hänsel und Gretel
Märchenspiel in three acts

Music: Engelbert Humperdinck
Libretto: Adelheid Wette after the fairytale “Hänsel und Gretel” by Jacob Ludwig and Wilhelm Carl Grimm

Director: Moshe Leiser and Patrice Caurier
Set Designs: Christian Fenouillat
Conductor: Colin Davis
The Orchestra of the Royal Opera House

Cast
Hänsel: Angelika Kirchschlager
Gretel: Diana Damrau
Gertrud: Elizabeth Connell
Peter: Thomas Allen
Witch: Anja Silja
Sandman: Pumeza Matshikiza
Dew Fairy: Anita Watson

すばらしい公演でした。フンパーディンクの音楽はかなりヴァーグナーの影響を受けていますが饒舌で多彩、とても魅力的です。コリン・デイヴィスの指揮はそれを余すところ無く表現した圧倒的名演でした。ROHのオケもここまで美しい演奏が出来るんだという事実に、改めて指揮者の力は偉大と思いました。過去の上演を思い起こすとチャールズ・マッケラスが指揮した「カーチャ・カヴァノヴァー」がこれに匹敵する名指揮だったか。

歌手は期待に違わず、ディアナ・ダムラウもアンゲリーカ・キルヒシュラーガーも持ち前の美声がよく出ていたし、演技も立派でした。他の歌手も特に不満はなく、水準の高いものです。魔女役のアニア・シリアは往年の名ソプラノで名前だけは知っていましたが未だに現役なんですね。今年68歳だそうですが、こういう役にはぴったりでしょう。

演出もなかなかよくできたもので、四角いホーンをばっさり切ったような舞台も機能的でメルヘンチックな雰囲気がよく出ています。この公演の前に予習としてMETが今年上演したユーロフスキー指揮の映像を見ましたが、あのグロテスクな演出(Richard Jones)に比べるとこちらの方が遙かに上出来です。
なお、今日はカメラが入っており、DVDが制作されるのですが12月25日にBBC Twoで放送もされるそうです。

下の写真は終了直後のカーテンコールで大歓声に大喜びするDiana DamrauとAngelika Kirchschlagerです。
c0057725_3202041.jpg

その次は、左からAnja Silja、Diana Damrau、Angelika Kirchschlager、Elizabeth Connellです。
c0057725_3205782.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-12-15 03:22 | オペラ

ラトル指揮OAEの公演

2008年12月8日、RFHにて。

指揮:Simon Rattle
Orchestra of the Age of Enlightenment

プログラム
ベルリオーズ:リア王序曲
シューマン:交響曲第4番(1841年オリジナル版)
シューマン:交響曲第2番

特にピリオド楽器が好きというわけではないが、今までバロックオペラを聴くことが多かったこのオケがラトル指揮でシューマンを演奏するというのに惹かれて聴いてみた。こういう交響曲を演奏してもピリオド楽器のオケとしてはOAEは上手いと思った。

ラトルは何を振っても水準以上の演奏をする人だが今日もその通り。最初のベルリオーズからして緻密な構成と細部のよく練られた表現が聴くものを惹きつける。開演ぎりぎりまでリハーサルを続けた成果か。シューマンは2曲とも暗譜で指揮。

シューマンの偶数番交響曲はは滅多に聴かないので翌日の1番と3番でなしにこの日を選んだのだが、2曲とも大変楽しめた。シューマンらしいがっしりした構成に美しいフレージング、つい体を揺すりたくなるような熱狂的なリズム感が心地よい。4番で普通に演奏されるヴァージョンとオリジナルの違いなぞ全く知らないが、今回かなり優れた演奏だったと思う。
第2番もその流れで継続。第1楽章は熱狂的好演だったし、第3楽章の美しさは特筆もの。そして第4楽章の盛り上げ方など自然で納得がいく佳演だった。
[PR]
by dognorah | 2008-12-11 00:59 | コンサート

ドニゼッティのオペラ「Parisina」コンサート形式

2008年12月6日、RFHにて。

Parisina
Tragedia lirica in tre atti
Music: Gaetano Donizetti
Libretto: Felice Romani

出演
Parisina: Carmen Giannattasio (Patrizia Ciofiの代役)
Ugo: José Bros
Ernesto: Nicola Ulivieri
Azzo: Dario Solari (Nicola Alaimoの代役)
Imelda: Ann Taylor
Geoffrey Mitchell Choir
London Philharmonic Orchestra
Conductor: David Parry

Opera Raraと共同で制作したものです。
音楽は管弦楽もアリアもドニゼッティの特徴が一杯出ているすばらしいものですが、ストーリーはやや単調で起伏に欠ける嫌いがあります。

歌手は主役二人、ソプラノのカルメン・ジアンナッタシオとテノールのホセ・ブロスが共にすばらしい歌唱で劇を盛り上げてくれました。特にホセ・ブロスは昨年ヴィーンで見た「清教徒」の時と同じく惚れ惚れする声で私のドーパミンは出っぱなしでした。カルメン・ジアンナッタシオはコンサート開始前に、ほんの数日前に出演が決まった状態なのでそれを考慮して欲しいというアナウンスがありました。実際最初の方はやや歌唱が不安定なところもありましたが、すぐにそれは解消されて涼やかな美声がよく通るすばらしい歌唱になりました。私はチョーフィの声がやや苦手なのでこういういい歌手に交代してくれて幸せでした。他の歌手も悪くなく、全体としてはレヴェルの高い歌手陣と言えます。エルネストを歌ったニコラ・ウリヴィエリ(なかなかハンサム)はバスとのことですが明るいバリトンのような声で、逆にアッゾを歌ったダリオ・ソラリは暗い声のバリトンで、バスのような響きでした。イメルダを歌ったアン・テイラーは高音が綺麗に出るメゾ・ソプラノです。
合唱は特に上手いというわけではないですが大きな不満はないです。
指揮のデイヴィッド・パリーは昨年のベッリーニの「La straniera」時と同様オペラとしての劇的な起伏は大変上手いと思いました。しかし、この人はオケのコントロールに関してはあまり上手くはなく、管弦楽の音はやや不満です。昨年の公演の時はLPOの実力だろうと思いましたがその後ユーロフスキーの指揮で何回もすばらしい音を聴いているので、これは指揮者の責任だと思い直しました。
下の写真の最初は、Carmen GiannattasioとDavid Parry。
c0057725_944826.jpg

次の写真はJosé Brosです。
c0057725_9443663.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-12-08 09:45 | オペラ

エネスコ協会ガラコンサート

2008年12月4日、ルーマニア文化会館(ロンドン)にて。

演奏
Nelly Miricioiu: soprano
David Harper: piano

このソプラノの名前は初めて聞く人ですが、1952年ルーマニア生まれで現在はロンドンに住んでいます。ブカレストで教育を受けた後ミラノで更に声楽に磨きをかけてオペラ界にデビュー。コヴェントガーデンを始めパリオペラ、ザルツブルグ、METなど世界の主要な劇場で数々の主役を歌ってきたそうです。現在はどうしているのか記述がないのでよく分かりませんが。

最初の曲は声がいまいちでちょっとがっかりものの歌唱でしたが、それは単なる喉慣らしだったらしく2曲目からはどんどん調子を上げてドニゼッティ以降は絶好調。ロッシーニなんかも全く年齢を感じさせないコロコロの高音で、立派な歌唱でした。150人ぐらいで満員になる小さな部屋であることもあって声がびんびん耳に響きます。間にオペラのステージにまつわるおしゃべりで聴衆を笑わせながらのコンサートはintimateな雰囲気でとても楽しめました。

インターヴァルにはワインが出るし、終了後はワインとカナッペによるレセプションがあって参加者は飲食と会話でも大いに楽しんだのでした。いつもながらルーマニア領事館の太っ腹振りに大いに感謝。

写真はレセプションでワイン片手に客達と談笑するNelly Miricioiuです。
c0057725_22261129.jpg

プログラム
Joachin Rodrigo: Cuatro Madrigales
・Con que la lavare?
・Vos me matasteis
・De donde venis amore?
・De los Alamos vengo, madre
Donizetti: Due composizione
・E morta
・La zingara
Rossini: Aria from “Semiramis”
・Bel raggio lusinghier
Nicolae Bretan: Two Romanian songs
・Somnoroase pasarele
・Ce te legini codrule
Brediceanu: Doina Stancutei
Verdi: Aria from “Don Carlo”

・Tu che la vanita
George Enescu: Three songs from his album of “Sept chanson”
・Esterene a Anne
・Languir me fais…
・Aux damoyselles paresseuses d’ecrire a leurs amys
G. Meyerbeer: Aria from “Robert le diable”
・Robert, toi que j’aime
Bellini: The mad scene from “Il Pirata” (recitative, aria and cabalette)
・Col sorriso d’innocenza
Verdi: Aria from “Macbeth”
・Vieni t’affretta
アンコール
・トスカから「歌に生き、恋に生き」
・ルーマニア民謡
・ジャンニ・スキッキから「私のパパ」
[PR]
by dognorah | 2008-12-07 22:26 | コンサート

ティチアーノの名画が国外流出の危機に

現在ロンドンのナショナル・ギャラリーに行くと、表題のようなことが起こっているのでそれを救うために寄付をお願いしたい、というキャンペーンにお目にかかるでしょう。対象となっている絵は、ナショナル・ギャラリー・スコットランドにある「ディアナとカリスト」という作品と、
c0057725_1015990.jpg

ナショナル・ギャラリー・ロンドンにある「ディアナとアクタエオン」という作品です。
c0057725_1022684.jpg

先般「カリスト」というオペラを見たばかりなので上の最初の絵はどういう場面かすぐ分かって親しみが感じられますし、両方ともスペイン王フィリップ2世のために描いたという2m四方ぐらいの大作でとても充実した絵です。「ディアナとアクタエオン」は裸体を見られたディアナが怒って後に猟師アクタエオンを追いかけて殺すのですが、その殺す場面もティチアーノは絵にしていて、その絵は既にナショナル・ギャラリー・ロンドンが所蔵しています。対になっているということでナショナル・ギャラリー側は両方一緒に所蔵したいという思いが強いようです。

これらの作品は両方ともイギリス人オーナーから半世紀以上の長きにわたって借りていたものです。ところが恐らくそのオーナーが亡くなったのでしょう、遺族がそれらを買い取って欲しいと言ってきたのです。相続税が多額なので現金が必要なのかもしれません。もし買い取ってくれないならオークションに出すつもりだとのことで、そうなると国際的にバイヤーが集まって外国人が落札する可能性が高いのです。
買い取り要求金額は、それぞれ5000万ポンド、現在のレートで約70億円です。合わせて140億円が必要ですが政府はそんな金は出せないと言っています。このままだとヴィーンのクリムトと同じ運命になるというので、一般から寄付を募っているわけです。数ヶ月前にもルーベンスの絵で同様のことが起こって、そのときは何とかお金が集まったそうですが、このようにお金持ちのコレクターから借りている絵は相当数あってこれからも美術館側を悩ますことでしょう。

一方では、いい話もあって、スーパーマーケットで有名なセインズベリー氏のようにコレクションを遺言で美術館に寄付する人も多いのですが。Simon Sainsbury氏は2006年に亡くなっていますが、18点の作品をテートとナショナル・ギャラリーに遺贈し、ナショナル・ギャラリーへ渡る5点のうち3点が丁度同じタイミングで展示されています。モネの絵が2点とゴーギャンのものが1点です。モネの2点は雪景色とユニークな色使いの睡蓮です。ゴーギャンのものは彼のものにしてはユニークな作品と思いますが、セザンヌ風の静物でしっかり描かれた立派な作品です(下の写真)。
c0057725_104135.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-12-03 10:08 | 美術

ロイヤルバレー「オンディーヌ」ドレスリハーサル

2008年11月29日、ROHにて。
c0057725_656198.jpg

写真はカーテンコールで、左からYuhui Choe、Yohei Sasaki、Genesia Rosato、Valeri Hristov、Alexandra Ansanelli、Kenta Kura、Mara Galezziです。

Ondine
Ballet in 3 acts

Music: Hans Werner Henze
Choreography: Frederick Ashton
Conductor: Barry Wordsworth
The Orchestra of the Royal Opera House

Ondine: Alexandra Ansanelli
Palemon: Valeri Hristov
Berta: Genesia Rosato
Tirrenio: Kenta Kura

c0057725_6572531.jpg
最近はリハーサルでしか見ないバレーですが、昔ベータマックスヴィデオテープでマーゴ・フォンテインが演じるこの演目を持っていた記憶が作用して見ることにしました。人気がないようでリハーサルはかなりガラガラでした。また、これを宣伝する右の写真のようなポスターも記憶にあり結構魅惑的なのですが、実際の舞台ではこれに類するシーンは一切ありませんでした。

主役のアレクサンドラ・アンサネッリは妖精らしいすばらしい踊りで大満足。相手役のワレリー・フリストフは登場したときは貴族的雰囲気をたっぷり漂わせていい感じ、踊りも悪くないのですが、二人で踊っているときの表情が単調でちょっといただけません。呆けたように口を半分開けて踊る癖はやめてほしい。片やアンサネッリは場面に応じた仕草や表情も見事なので余計目立ってしまいました。蔵健太は上手かったと思うのですが衣装のせいで微妙な動きは目立ちません。第3幕に出演した佐々木洋平、Mara Galezzi、Yuhui Choeはなかなか魅せる踊りだったと思います。水の精や森の精による群舞が沢山あって、よくできた振り付けでとても楽しめます。

全幕を通して舞台装置も衣装もよくできていてそれらしい雰囲気がよく出ています。第2幕の船が波に揺られてローリングを繰り返すシーンなど甲板の船員達が前傾および後傾姿勢を状況に合わせて取ることでまるで船がローリングしているような錯覚を与えてくれますし。第3幕ではパレモンがベルタと結婚してしまったのを責めるように波間に見えつ隠れつしながらオンディーヌが踊るシーンなどとても上手く考えられたダンスと舞台装置です。

音楽はヘンツェにしてはおとなしいもので、さすがにバレーのために作曲しただけに美しいフレーズもありますが全体としてはそれほど魅力的な音楽とはいえないと思いました。でも、バレーとしてはかなり楽しめるもので、あまり上演されないのが不思議です。

次の写真は左からValeri Hristov、Alexandra Ansanelli、Kenta Kuraです。フリストフの後ろに小林光が写っています。
c0057725_65759100.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-12-02 07:00 | バレー