「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヴィヴァルディのオペラ「ティート・マンリオ」コンサート形式

2008年2月19日、バービカンホールにて。

Vivaldi Tito Manlio

Accademia Bizantina
Ottavio Dantone: conductor
Carlo Lepore: Tito (bass)
Karina Gauvin: Manlio (soprano)
Ann Hallenberg: Servilia (mezzo-soprano)
Roberta Invernizzi: Lucio (mezzo-soprano)
Marina De Liso: Vitellia (contralto)
Josè Lo Monaco: Decio (mezzo-soprano)
Mark Milhofer: Geminio (tenor)
Christian Senn: Lindo (bass)

名演でした。ヴィヴァルディのオペラは初めて聴きましたが、管弦楽も歌もとても美しく、バロックオペラもいろいろすばらしい作品が多いことを改めて認識しました。
序曲が始まると「ああ、ヴィヴァルディ!」と誰でも感じれる弦楽合奏の特徴が前面に出てきます。古楽器なのでイ・ムジチのような明るい澄んだ音色ではありませんが、控え目にしっとりとした感じです。オケは最後まで魅力的な演奏を提示してくれて手慣れたものです。既に何度も演奏しているし録音もしているので当然かもしれませんが私には新鮮でした。

歌手がまたすべてすばらしく、各役に対してアリアが1乃至数曲あてがわれているのですが声も微妙な感情表現を歌い上げる様も見事でした。特に第1幕のヴィテリアが敵方の司令官となった恋人ゲミニオとローマの執政官である父ティートに挟まれて悩むアリアとか、第2幕でルチオがオーボエのソロに乗って切々とヴィテリアへの愛を歌うアリアなど心に響きました。

アリアの数はルチオ役が一番多かった気がしますがロベルタ・インヴェルニッチの歌唱はすべて感動もので、聴衆からも多大の拍手とブラヴォーをもらっていました。声で一番感心したのはセルヴィリアを歌ったスェーデン人アン・ハレンベリで、潤いと深みがあって心地よい響きでした。

指揮者のダントーネとは何度もコンビを組んでいるカナダ人ソプラノ、カリナ・ゴーヴァンの声と歌唱もなかなかのものです。発表されていた写真ではとても魅力的な顔でしたがどうやら数年前のものらしく今は太ってしまって丸顔でお腹も結構出ていました。

男性陣ではタイトルロールを歌ったカルロ・レポレがお腹に響いてくるような低音に迫力があり、歌唱も言うことなしという表現力です。近々コヴェントガーデンで上演されるロッシーニのオペラMatilde di Shabranに出演とのことですが来シーズンあたりでしょうか。もしそうならこれは楽しみです。

義務と愛との葛藤だけで3時間半の上演時間はちょっと長いとは感じましたが音楽的には思いっきり楽しめました。ブラヴォーです。客の入りは1階席はまあまあ、2階席は30%ぐらい、3階席はゼロ(恐らく2階席へアップグレードされたのでしょう)。Great Performer Seriesにしては寂しい入りでした。

写真は左からCarlo Lepore、Ottavio Dantone、Karina Gauvinです。
c0057725_2339729.jpg

次の写真は女性ばかり写したもので、左からJosè Lo Monaco、Roberta Invernizzi、Marina De Liso、Ann Hallenberg、Karina Gauvinです。
c0057725_23395337.jpg

【あらすじ】
ローマとラティンに諍いが発生したため執政官であるティート・マンリオは家族を含めた側近者にローマに忠誠を誓うよう言い渡すが娘のヴィテリアと息子マンリオの婚約者セルヴィリアはそれを拒否する。ヴィテリアの恋人がラティンの司令官ゲミニオであり、セルヴィリアはゲミニオの妹だからである。一方、ラティンの軍人であるルチオは親ローマ派でしかもヴィテリアに横恋慕している。
ティートは息子に和平使節としてラティンのキャンプを訪問するよう命令する。彼がキャンプに着くとゲミニオは彼を侮辱した上剣で挑みかかる。やむを得ずマンリオは応戦するが結果としてゲミニオを殺害してしまう。それはティートの命令に背いたことになりローマに戻った彼は激怒する父と嘆き悲しむ妹と婚約者から激しく責められる。そして父から死刑を宣告されて牢に入れられる。ルチオはローマ軍がマンリオの赦免を嘆願していることから彼を救出しようとするがマンリオはそれを断る。死刑執行の朝になってローマの市民がマンリオを死刑にさせないという行動を取ったためティートもやむを得ず死刑を撤回し、家族は和解する。
[PR]
by dognorah | 2008-02-20 23:47 | オペラ

ペトレンコ指揮ロンドン交響楽団

2008年2月13日、バービカンホールにて。

出演
ピアノ: 上原彩子
指揮: Vasily Petrenko
管弦楽: London Symphony Orchestra

演目
Joseph Phibbs: Shruti (world premiere)
Raphmaninov: Rhapsody on a theme of Paganini
Shostakovich: Symphony No.15

最初の曲は若手作曲家に発表の機会を与えるもの。インド音楽に啓示を受けたという4-5分の曲。管楽器がリードする瞑想的な曲である。悪くないが作品としてはもう少し演奏時間があってもという感じ。写真は自曲を解説するJoseph Phibbs。
c0057725_9143785.jpg

2曲目のラフマニノフは昨年4月に松本さやか、あすか姉妹によるピアノ2台で聴いた曲だが今回はオリジナルの管弦楽ヴァージョン。やはり当然のことながら管弦楽での演奏は華やかで豪華。若い指揮者ペトレンコと上原彩子の息はぴったりという感じである。ピアノはテクニックの凄さを見せるのではなく結構叙情的だったと思う。ピアノのアンコールは同じラフマニノフのプレリュードから作品23のNo.6だろうか。インターヴァルのレセプションでご本人と話す機会があったが、想像以上に小柄な方でちょっとびっくり。舞台で見るのはこれで3回目だが観客席から見ている限りあまり分からなかった。リサイタルではヤマハを、協奏曲ではスタインウエーを弾くとのこと。お子さんが生まれてからはパリではなく日本をベースにしているという。
写真はVasily PetrenkoとAyako Uehara。
c0057725_916249.jpg

ショスタコーヴィッチの15番は以前にゲルギエフ指揮ロッテルダムフィルで聴いたことがある。今回改めて聴いてみて音楽的にも結構良くできた曲かなと思い始めた。そう思わせてくれた指揮者ペトレンコは若いのに(1976年生まれ)なかなか大したものだ。洗練された音楽作りで余計な演出は何もしていない感じなのに曲に引き込まれる。オケのコントロールもすばらしく、終演後は楽団員から拍手を受けていた。現在ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニック管弦楽団の主席指揮者だが人気が高くて契約を2012年まで延長したそう。
[PR]
by dognorah | 2008-02-16 09:23 | コンサート

ムーティ指揮「コジ・ファン・トゥッテ」

2008年2月11日、ヴィーン国立歌劇場にて。
c0057725_152111.jpg

Mozart: Cosi fan tutte
Dirigent: Riccardo Muti
Fiordiligi: Barbara Frittoli
Dorabella: Angelika Kirchschlager
Gugliemo: Ildebrando D`Arcangelo
Ferrando: Francesco Meli
Despina: Laura Tatulescu
Don Alfonso: Natale De Carolis

指揮者も含めた主要出演者はオーストリア人のキルヒシュラーガーとルーマニア人のタツレスクを除いて全員イタリア人という布陣です。
フリットリは絶好調の歌唱で高音から低音までとても瑞々しい声です。歌の表現力は凄いものがあります。昨年1月にここで同じプロダクションを見ましたが、そのときの歌手リカルダ・メルベートも大満足でした。しかし今日のフリットリはそれをも凌いで私の過去の5回の経験の中では最高です。ムーティもさぞかし満足したことでしょう。
キルヒシュラーガーは1幕前半は余り調子が出ず、彼女らしいノーブルな歌唱ではありましたが声に潤いが無くちょっと満足できませんでした。しかし後半以降は調子が上がり2幕の有名なアリアではいつもの彼女に戻っていました。
ダルカンジェロは昨年1月の公演ではドン・アルフォンソを歌っていましたが今回はグリエルモに挑戦です。そしてしっかり歌い上げ本日の男声陣では一番の出来でしょう。
メリは2006年6月にバービカンで公演されたコンサート形式のドン・ジョヴァンニでドン・オッタヴィオ役で初めて聴き、高音のすばらしさに魅せられたものの中低音部で不快な声を時折出すという欠点も認識しましたが、本日は長所の方が遙かに欠点を上回っていてとても楽しめました。
タツレスクは素直な声がとても魅力的でいい歌唱でしたが有名な最初のアリアではやや一本調子で陰影があまりないのが気になりました。
ナタレ・デ・カロリスというバスは初めて聞く人ですが、低音はやや迫力不足で、ダルカンジェロに比べると軽い声という印象です。歌唱的には水準でしたが舞台上での存在感はいまいちでした。
ムーティの指揮は序曲では音も演奏もあまり印象的ではなく「あれ、こんなものなの?」と思ってしまいました。オケは恐らくヴィーンフィルの主力は抜けていました。しかし舞台上の歌手が歌い出すとどんどん調子を上げていって結局のところはすばらしいモーツァルトとなっていました。特に歌手の声とオケが完全に融合して得も言われぬアンサンブルを醸し出していたことに感心しました。さすがにムーティと言わざるを得ません。ここまで細かく舞台とピットをコントロールできるんですね。時々目をつぶって音楽に集中してみましたが至福でした。

トップの写真は左から Ildebrando D`Arcangelo 、 Barbara Frittoli 、Riccardo Muti、Angelika Kirchschlagerです。

次の写真は左から Natale De Carolis、 Laura Tatulescu、 Ildebrando D`Arcangelo 、Barbara Frittoli 、 Angelika Kirchschlager、 Francesco Meli です。
c0057725_155353.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-02-14 01:13 | オペラ

マドリード雑感

c0057725_951770.jpg
約10年振り3度目のマドリードですが、街をじっくり見たのは今回が初めてです。まずは翌日の朝食を部屋で食べるために材料をスーパーに買いに行きましたが、マジでこのスーパーが羨ましかった。ロンドンにこういう店が欲しい。食料品しか見ていませんが非常に品揃えがいいのです。特に魚屋の充実度が凄い!すべて新鮮そうでやたら種類が多くて貝類も蟹もエビもロンドンでは見たことがないものが一杯。ハロッズだってこんなに置いていませんから。昨年夏にバルセロナに行ったときは市場を訪問して魚屋がずらーっと並んでいてありとあらゆる魚介類が売られている様に度肝を抜かれましたが、海のそばの街だから当然だろうぐらいに思っていいたのです。でもマドリードのような内陸都市でもこれだけ豊富に魚介類があるとは想像していませんでした。スペイン人恐るべし。

中心部のレストランはおいしそうで素敵そうなところがぎっしり軒を連ねているという感じでマドリード人の食い意地は相当なものと見受けました。もちろんシーフード専門店もたくさんあります。到着した土曜日の夜に知人達とレストランで待ち合わせしたのですが予約なしで行ったら振られてしまいました。それではあそこがあるということで移動したのですがそこも満員で11時半まではテーブルは空かないとのこと。やむを得ず空いているところならどこでもいいというスタンスでやっと席にありつけました。まあそこもおいしかったから良かったのですが。しかし土曜の夜の王宮に近い繁華街は新宿並みの人出で、欧州では見たことがない風景にびっくりしたものです。めったやたらと靴屋が目に付きましたね。値段はロンドンに比べて格段の安さ。知人によると品質も全く問題ないとのこと。

月曜は美術館が休みなので火曜日にティッセン=ボルネミッサ美術館(Museo Thyssen-Bornemisza)で開催されているモディリアーニ展に行ったら午前中前半に行ったにも拘わらず大行列でしかも今から入手できる入場券は午後2時15分以降のものということで、夕方の飛行機でロンドンに戻る予定の私は断念。それじゃ3回目の訪問になるけどまたプラド美術館に行くかと方向転換したもののそちらも最後尾が見えないくらいの大行列。このシーズンで平日だというのにどうしたことでしょう。10年前の2回目の訪問時はもっと気候がマイルドな秋に行ったのにすぐ入場できたことを思うとちょっと異常ですね。係員にこれは特別展ではなく常設展の入場客だよね?と念のために訊いたらそうだという。ということでこちらも断念。しようがないから近くのParque del Buen Retiroという公園(広いです)を端から端まで散歩して昼食用にバーを2軒はしごして今回のマドリード訪問はおしまい。今度はシーフードを堪能しに来たいです。

トップの写真はエジプトから贈られたDebod Temple(紀元前2世紀の作品)でAmonとIsisの神を祀ったものということです。王宮公園にありますが夜散歩していてライトアップが水に映えてあまりにも美しかったので撮ってみました。
[PR]
by dognorah | 2008-02-11 09:53 | 旅行

エル・グレコの「オルガス伯爵の埋葬」

c0057725_2193154.jpg
オペラを見に行ったついでに1973年以来となるトレド再訪を果たしました。
街自体とても印象的だったので今でも丘の上から見たトレド遠景とタホ川ははっきり憶えています。団体旅行だったのでどこからその風景を見せられたのかは憶えていませんが。当時はもちろんチャーター観光バスで行ったわけですが今回はマドリード駅から電車で行きました。マドリードのターミナル駅(Estacion de Atocha)を見たのは初めてでしたが熱帯植物を植えた大温室が待合室になっているというスケールの大きさなどなかなか魅力的なところです(上の写真)。
この路線は割と最近整備されたらしく、線路も車両も新しく、さらにはトレド駅も古い建物を改装してまるで新築のようにピカピカ。古典的なデザインがすばらしくちょっと駅舎とは思えない趣があります。マドリードからはノンストップで27分の距離。全席座席指定の電車はあまり頻繁ではなく朝のんびりと出かけたら昼頃だったせいか1時間以上待たされました。マドリードは雨でしたが約70km南のトレドは曇りで降る気配はなし。しかしちょっと風があり気温は5度ぐらいであったものの体感的にはかなり寒かった。新市街は建築ラッシュで、クレーンが何本も林立していましたが旧市街は関係なし。

エル・グレコは目玉の「オルガス伯爵の埋葬」を始めたっぷり見てやるぞと思っていたのですが、エル・グレコの家が改装中で見られず、サンタ・クルス博物館は6点もの作品をセビリアと中国で開催中のグレコ展に貸し出し中だし他の博物館は日曜だから午後2時頃で閉店とさんざんでした。しかし「オルガス伯爵の埋葬」は前回の団体旅行中と違ってじっくりと鑑賞できたのでまあいいとしましょう(次の写真)。
c0057725_2202529.jpg

この絵は見れば見るほどすばらしく、なるほどエル・グレコの最高傑作と呼ぶにふさわしい精魂を込めた作品です。彼の他の絵画はほとんどこの絵の上半分のように曲線を多用した太めの柔らかいタッチで独特の雰囲気を出していますが、下半分は画家の技術を出し切ったように、金色の法衣や葬儀に参加している人たちはなんと精緻な筆致で描かれていることでしょう。自分自身と息子をも絵の中に描いていることからもこの絵への情熱が伺われます。よほど謝礼金が多かったのかと余計なことを考えてしまいます。
なお写真は禁止だったのでネットで拾ってきましたが、どれも実際の色と印象が異なりましたのでなるべく実際の印象に近い修正を加えてあります。35年前に初めて見たときは照明も暗めであったせいか一瞬白黒?と思ったくらい全体的に淡い色調という印象で、金色の法衣がやけに強調された感じでした。今回も全く印象は変わりません。後ろ向きの白衣をまとった人物の白衣の下の微妙な黒色を表現した半透明感がすばらしいのですが写真では捕らえ切れていません。
オルガス伯爵が死んでから200年以上経って依頼された絵なので画家の想像力で構図を考え出したものでしょうけれどパトロン達の顔も描かれているし依頼者は完全に満足したに違いありません。

この後はトレドの大聖堂を訪問しましたがそこにも何点かのエル・グレコによる肖像画がありましたが特記すべきほどの印象は受けませんでした。それにしてもかつてのスペインの首都だけあって立派な聖堂で祭壇など豪華絢爛。パイプオルガンなど4-5基はあるでしょうし、またそれだけの広さを持っています。つぶさに各部屋を見て回ると優に1時間はかかります。
c0057725_221654.jpg

なお、この日最初に訪問したサンタ・クルス博物館(上の写真は中庭から鐘楼を見上げたもの)では10点程度のエル・グレコを見ましたがどれも彼の特徴がよく出た佳作と思います。そこはグレコ以外にもいろいろ展示してあるのですが16世紀ぐらいのキリスト像彫刻(高さ1mぐらい)などはプリミティヴな手法ながら大変リアルで見上げると丁度目と合うように設置してあり、まるで彼に語りかけられているような錯覚を憶えますが、その目と表情がちょっと戦慄を覚えるぐらい強く訴えてくるのでややたじろいでしまいました。特に作者名は記されていないものですが大変印象的でした。夢に出てきそう。
[PR]
by dognorah | 2008-02-11 02:25 | 美術

ヴァーグナー「トリスタンとイゾルデ」公演

2008年2月4日、テアトロ・レアル(マドリード)にて。
c0057725_1231043.jpg

Tristan und Isolde
Acción en tres actos
Musica y libretto: Richard Wagner

Director musical: Jesús López Cobos
Director de escena: Lluis Pasqual
Escenógrafo: Ezio Frigerio

Tristan: Robert Dean Smith
Isolde: Jeanne-Michèle Charbonnet
Brangäne: Mihoko Fujimura
Kurwenal: Alan Titus
El rey Marke: René Pape
Melot: Alejandro Marco-Buhmester

Coro y Orquesta Titular del Teatro Real
Coro y Orquesta Sinfónica de Madrid
Producci”on del Teatro San Carlo de Nápoles

ミュンヘンもスカラも切符が取れなかったヴァルトラウト・マイヤーを聴くためにマドリードまでやって来たのに敢えなく振られてしまいました。喉の調子が悪いということで3日も前に降板が発表されていたようです。
しかし代役を務めたダブルキャストのジャンヌ=ミシェル・シャルボンネが圧倒的にすばらしく、また他の歌手も揃って充実した歌唱だったので充分満足しました。
トリスタンを歌ったロバート・ディーン・スミスは過去にROHでマイスタージンガーとローエングリンを聴いているのでこれが3回目の経験です。今回も非常に印象的というわけではないのですが声の質、声量ともまあまあと言える歌唱で合格点。しかし1年前に聴いたペーター・ザイフェルトのすばらしさには及びません。
イゾルデを歌ったシャルボンネは全く初めて聞く人ですが、フランス系の名前にも拘わらずアメリカ人です。若々しく美しい声を大きな声量で響かせる容姿的にも魅力的なソプラノでスタミナも充分。最後の愛の死は直前のマルケ王の独白が圧倒的なこともあってややあっさりしすぎた印象でしたが。ヴィデオで見るマイヤーの歌唱を思い出してやはりちょっと悔しい思いではありました。
ブランゲーネ役の藤村実穂子は良く声が出ていたし歌唱も文句なしで、贔屓目に見るせいもあるかもしれませんが舞台での存在感はとても大きいものがあります。
アラン・タイタスのクルヴェナールはROHでの同役以来2度目の経験ですがこの人も立派な歌唱でした。
ルネ・パーペは実演では初めて接する人ですがヴィデオで聴く通りの立派なマルケ王で、最初はやや声が控え目でしたがだんだん大きくなり最後の独白は胸を打つものがありました。
メロット役は恐らく地元の歌手だろうと思いますが声の良く通るなかなか印象的なテノールでした。

管弦楽はリセウと同様若い団員が多く上手いのですが音がやや明るすぎる印象です。やはりお国柄でしょうか。指揮のヘスス・ロペス・コボスはあまり情念でうねらせるような音楽ではなく美しくまた劇的にまとめ上げるスタイルで違和感なく舞台を楽しめるものでした。最後は終了直前にフライイングの拍手がありコボスが怒って手で制すると共に他の観客も「シーッ」とたしなめて止めさせるシーンがありましたがどこの国もせっかちな人がいるもので腹が立ちます。

しかし今回のヴァーグナーはマイヤーが抜けたためにドイツ人はパーペだけであとの主要な役はアメリカ人3人と日本人という配役になりました。ヴァーグナーではアメリカ人歌手の活躍が目立ちますね。

演出はあまり違和感のない標準的なものでしたが、男性の衣装が幕ごとに新しい時代のものに変化していってあまり一貫性がないのが気になりました。従って第1幕は極めて自然な印象です。舞台も第1幕の大海を航海中の船の舳先が波に揺られるシーンや、第2幕の大木がいろいろな位置関係を形成するところなどは良くできているなぁと思わせるのですが、第3幕で打って変わって簡素な現代オブジェ的な作りはかなり違和感があります。
c0057725_124475.jpg

写真は左からRené Pape、Jeanne-Michèle Charbonnet、Robert Dean Smith、Mihoko Fujimura、Alan Titusです。トップの写真はタイトルロールの二人です。

初めて訪問したテアトロ・レアル(王立劇場)はとても新しい建物で内装はなかなかすばらしく、3階部分では劇場の周りを囲んで豪華な絨毯を敷いた小部屋が連なってレストランとバーに続いていました。このレストランは有名で食事だけのために来ている客もいました。私の座った2階バルコニー最前列から見ると劇場自体はコヴェントガーデン、パリのガルニエ、ヴィーン国立歌劇場、バルセロナのリセウと比べて一回り小さく、とても聴きやすい空間です。座席数は約1700です。舞台の全部が見えない客のためにヴィデオの大きなスクリーンがあちこちに設置してあります。上演中に見てみると全体を映したりズームにしたりパンしたりとちゃんとTVカメラマンのように手動で映しています。外国人客が少ないのか字幕はスペイン語だけでした。インターヴァルに歩き回った限りではアジア系の客は私一人しかいなかったような。
劇場を出たのは12時を回っていましたがまだ開いていた近くのレストランで軽く食事しました。暫くすると他の客がブラヴォー、ブラヴォーと叫んでいるので見ると、ロバート・ディーン・スミスがきちんとした背広姿で食事に入ってきたのでした。もっと来るかなと期待していましたが後はオケの団員だけで歌手は来ず。
[PR]
by dognorah | 2008-02-07 01:31 | オペラ