「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ヤンソンス指揮バヴァリア放送交響楽団演奏会(PROMS)

8月30日、ロイヤルアルバートホールにて。

プログラム
Honegger:Symphony No. 3, 'Symphonie liturgique'
Beethoven:Symphony No. 9 in D minor, 'Choral'

出演
Krassimira Stoyanova (soprano)
Lioba Braun (mezzo-soprano)
Michael Schade (tenor)
Michael Volle (bass)
Bavarian Radio Symphony Chorus
Bavarian Radio Symphony Orchestra
Mariss Jansons (conductor)

このオケは各パートの技術が優れていて、どんな指揮者が来ようがちゃんとフォローできるような印象ですがルツェルンやコンセルトヘボーを聴いた後では特に特徴の感じられない楽団です。ロンドン交響楽団と同程度の実力と見ました。

最初のオネッゲルは初めて聴きましたが、管楽器が大活躍し、ピアノの左手の響きが印象的で音的にはなかなか面白いと思ったものの交響曲全体としてはどうかといわれるとよくわからないというのが正直なところです。オケは非常によく鳴っていました。

ベートーヴェンは第1楽章から第3楽章までかなりテンポを揺らせるなどしてはいるものの緊張感のないおとなしめの演奏(言葉を変えればやや退屈)でしたが、第4楽章で合唱が入る頃から演奏がかなり熱を帯びてきて最後は劇的に締めくくりました。これは2年前に聴いた彼のブラームス1番のやり方と同じでヤンソンス的演奏と言えるでしょうか。それはともかく、合唱隊と独唱陣は非常に高いレヴェルにあり全く不満はありませんでした。
プログラムにはバスと書かれているミヒャエル・フォッレは実際の声からしてバリトンですが、魅力的な声と堂々たる歌唱で開始。ミヒャエル・シャーデはいうまでもなく美声と力強い歌唱で惚れ惚れ。近視か老眼かは知りませんが、オペラ舞台と違って眼鏡をかけていたので最初は彼とは気づきませんでした。ソプラノのストヤノワは1月にヴィーンでフィガロの結婚のロジーナ役で聴いたばかりですが、そのときと同様今日もすばらしい歌唱でした。初めて名前を聞くメゾソプラノのリオバ・ブラウンも立派。
しかしこの楽章では、合唱が単独で長く歌う部分で最も感銘を受けました。この曲は独唱は飾りで主役は合唱隊なんだという気がします。普段聴くイギリスの合唱隊もすばらしいけれど、今日の合唱はこれぞ第9の合唱と思いました。技術的には完璧な上、ニュアンスの表現がきめ細かく、感動的です。
最初の写真はKrassimira Stoyanova(左)とLioba Braun、次の写真はMichael Shade(左)とMichael Volle(右)、それにMariss Jansons(手前)です。
c0057725_2249553.jpg

c0057725_22501318.jpg

[PR]
by dognorah | 2007-08-31 22:51 | コンサート

ダブルレイヤーDVDメディア

今まで4.7GBの普通のDVD±R/RWを使ってDVDヴィデオを作っていたが、今回日本に帰ったときにダブルレイヤーで8.5GBのメディアを買ってみた(イギリスではあまりお目にかからない)。三菱化学製の2.4倍速である。オペラなど市販のDVDは普通はダブルレイヤーで7GB以上あり、ネットで拾ったものも最近は圧縮しないでそのままの容量のものが多いので必要性を感じていた。
試しに数枚焼いてみたらPCでは手持ちの4台はすべて問題なく再生できた。ところが居間のTVに接続してあるパイオニアのDVDプレーヤーにかけると前半はまともに再生できるものの2層目の部分になるとブロックノイズがものすごく出て再生不能となる。大体、DVDに焼く理由はPCの小さい画面でなくTVの大きな画面でオペラを楽しもうと思ってのことなのでこいつは困った。このプレーヤーでも市販のDVDはどんなものでもちゃんと再生できるので、自家製DVDの2層目の反射率が悪いせいだろう。よりによってstand-aloneのプレーヤーが駄目な性能とは納得できない。非常に安物のPCに内蔵されているプレーヤーでさえ問題なく再生できるのに。
[PR]
by dognorah | 2007-08-29 09:05 | コンピュータ

ハイティンク指揮コンセルトヘボーのブルックナー8番(PROMS)

8月24日、ロイヤル・アルバート・ホールにて。
Bernard Haitink
Royal Concertgebouw Orchestra

Bruckner: Symphony No.8 in C minor (1890 Nowak edition)

緻密で洗練されていながらもスケールの大きいブルックナー8番でした。とにかく印象的だったのはオケのレヴェルの高さ。弦も管もしなやかで明晰、その音を聴くだけで幸せになるようなすばらしさ。ハイティンクはそれをたっぷり響かせて我が道を行くという演奏でしたが金管はがんがん鳴らすスタイルではなくかなり抑制を利かせたもので、私は体を震わせながらこのブルックナー交響曲の最高峰に聴き惚れました。
2年前に同じPROMSでエッシェンバッハ指揮ヴィーンフィルの8番を聴いて大感動しましたが、あの憑かれたような演奏とは違って今回はかなり冷静な印象でした。野性味と洗練との違いがその原因かと感じています。これがハイティンクなのでしょう。
写真は聴衆とオケの両方から拍手をもらうBernard Haitinkです。
c0057725_605068.jpg

[PR]
by dognorah | 2007-08-26 06:02 | コンサート

入国審査官を通さずにUKに入国する方法

イギリスでは2年ぐらい前から入国管理に生体認識システムが導入されている。イギリス在住の人に適用され、事前に虹彩パターンを登録しておけば入国時にその認識システムを通過するだけで入国できるというものである。このシステムをIRIS (Iris Recognition Immigration System)という。

普通は例えばヒースロー空港経由で英国に到着すると、世界各国から到着した大勢の旅行者で混み合うゲートで入国審査官の審査を受けなければ入国は許可されない。ゲートはEUのパスポートを持っている人といない人用に分けられている。ターミナルにもよるが持っていない人の数が多いし、最初から入国審査官は疑いの目を持って接するから質問も多く、一人あたりに費やす時間が多い。従って通過にはかなりの時間がかかる場合がある。意地悪審査官に当たると不愉快な思いもしなければならない。私のような永住権保持者でも、仕事は何をしているのかとか、どうやって永住権を取ったんだとか根掘り葉掘り訊かれることがある。永住権をいつどうやって取ったかなんてことは彼等の目の前に置かれている端末にちゃんと表示されており、こちらが正しく答えるかどうかをチェックしているだけで、答えを間違えるとねちねち虐めてやろうという魂胆である。

気の弱い私などいつもこれが精神的負担であるので、今回日本に里帰りするに当たって事前に虹彩を登録し、UKに帰国時には是非IRISで入国してやろうと考えた。登録は出国時に空港のセキュリティとパスポート検査を終えた後に出来るようになっており、所要時間は5分程度であった。対応は極めて親切で、最初にパスポートを提出して簡単な質問に答えてIRISに登録する資格のある人物との判定をもらった後機械の前に座って虹彩の写真を撮ってもらう。その後帰国時の機械の通過方法の演習を1回やり、Registration Reportをもらって終了。有効期限は2年間。2年後には再び登録する必要があるようだ。なお、登録資格としては、英国在住者(英国人、企業赴任者、外国人永住者など)で頻繁に入出国する人となっている。現在のところあまり登録者は多くないようだ。宣伝不足と思われる。

そして9日後に日本から戻ってきて入国審査ゲートの長蛇の行列を横目に見ながらIRIS用の無人ゲートに進んだ。通過者は私一人だけ。小さなモニター画面に私の顔と緑のスポット二つが表示されており、自分で顔とカメラの間の距離を調整してその緑のスポットが丁度両目に重なるようにするとカメラが動作して虹彩の写真を撮影し、あらかじめ登録されているものと比較するようだ。スポットと両目が一致してから入国用のゲートが開くまでは30秒以内。今回は初めてだったので顔とカメラの位置調整に手間取って数分間費やしてしまったが慣れればこのシステムを通過するのには1分程度でOKだろう。ということで鞄からパスポートを取り出す必要もなく、入国カードを提出する必要もなく、いやな入国審査官の顔を見る必要もなく入国できたのであった。なんて気持ちのいいこと!

ターンテーブルに行ったら既に私のスーツケースは出てきており(これはヒースローにしては珍しい早業)、荷物をピックアップした人は当然のことながら私以外誰もいなかった。Heathrow Expressに乗ってパディントン駅に着いて時計を見たら、なんと飛行機を降りてからの所要時間は50分程度だった。これは記録もの。

ということで、英国在住者で頻繁に入出国を繰り返す人には絶対お勧めの登録である。私の場合今年はこれで7回目の入国であるが、もっと早く登録しておくべきだったと後悔している。
[PR]
by dognorah | 2007-08-24 19:55 | 旅行

アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団(PROMS)

8月22日、RAHにて。

プログラム
マーラー交響曲第3番

出演
Anna Larsson: mezzo-soprano
Trinity Boys' Choir
London Symphony Chorus (women’s voices)
Lucerne Festival Orchestra
Claudio Abbado: conductor

日本から帰国した日で、ヒースロー空港からパディントンに出て駅で荷物を預け、そのまま会場に来ました。交通がすべて順調だったので軽く夕食をとっても6時半には会場入り。廊下で待っていましたが中からは第5楽章の合唱が聞こえ、ぎりぎりまでゲネプロをやっている様子。

この曲はこのところ毎年のように聴いていますが、今年は既に4月にBBC響で聴いていますのでこれで2回目です。そのBBCのもいい演奏でしたが、今日初めて聴くルツェルン祝祭は各パートの音色もすばらしく、ラーソンの深みと奥行きのある包容力を感じさせる声、マーラーの美しさと凄さを最大限引き出したのではと思わせるアバドの指揮で時差ぼけの頭でも感動してしまいます。どんなに強奏してもまろやかさを失わない金管群は特に印象的でした。アバドはこの長大な曲を暗譜で指揮していました。
ルツェルン祝祭管は2003年に組織されてそのときに録音されたマーラーの第2交響曲のDVDを持っていますが、独唱のラーソンはそのときに比べてかなり太った印象です。しかし大きい人ですね。
写真は終演後の歓声に応えるAnna LarsonとClaudio Abbadoです。
c0057725_23222960.jpg

[PR]
by dognorah | 2007-08-23 23:23 | コンサート

日本で見つけた便利な道具

しばらく一時帰国していてブログがおろそかになっていますが、そろそろロンドンに戻ります。

ある日、東京の品川駅に電車で到着し、改札を出ようとすると奥の方になにやら店がいっぱいあるのが目に入った。見に行くとちょっとしたデパ地下みたいにおかずや弁当を売っている店とケーキ菓子類などがある上、エスカレーターで2階部分に行くと衣料品や文房具店まである。昔からレストランや飲み屋が構内にたくさんあるのは知っていたが、切符や定期を持っているJR利用者のみを相手にしてここまで発展していたとはついぞ知らなかった。

c0057725_1739422.jpgその店の中に丸善があったので最初は本でも見ようと思ったのだが、いろいろな文房具などが目についてついそちらの方に行ってしまう。その中でオヤと思って気になったのが写真に示すような道具。ホッチキスをちょっと大型にしたような形で、紙に穴を開けるパンチである。商品名をname-offという。普通のパンチは穴を2カ所開けてバインダーに綴じるわけだがこいつは7つの穴を一列に開けてしまう。目的は自宅に届いたダイレクトメールなどの住所、氏名などの部分をこいつで消してから捨てることにある。変な輩に住所氏名などを知られないようにするというのは現代社会では常識であるが、一般家庭にシュレッダーを備えるというのもちょっと大げさで躊躇するところである。こういう小型の道具なら机の引き出しにでもしまっておけるということでこれは「買い!」

実は自宅に銀行やクレディットカードの明細書の古いのが一杯溜っていて、どういう風に捨てるか悩んでいたところなのだ。毎日来るDMなどはその都度鋏で切り刻んで捨ててもいいが、バインダーに綴じられた重要な書類は数年で手動シュレッディング意欲がなくなるくらい溜ってしまう。この道具を使えば必要部分だけ機械的にパンチしていけばすぐに処理できそうだ。

それにしてもイギリスでは毎年10万人の人が他人に自分の名前でクレディットカードを作られて身に覚えのない請求書を送りつけられているそうで、保険会社からこの手の詐欺(Identity Fraudと呼ばれている)を補償する保険に加入しろとうるさく勧誘してくる。全くやっかいな社会になったものだ。
[PR]
by dognorah | 2007-08-20 17:44 | 日用品

ヴァーグナー「神々の黄昏」コンサート形式(PROMS)

2007年8月12日、ロイヤル・アルバート・ホールにて。

出演
Christine Brewer: Brünnhilde (soprano)
Stig Andersen: Siegfried (tenor)
Sir John Tomlinson: Hagen (bass)
Alan Held: Gunther (baritone)
Gweneth-Ann Jeffers: Gutrune (soprano)
Gordon Hawkins: Alberich (baritone)
Karen Cargill: Waltraute (mezzo-soprano)
Andrea Baker: First Norn (mezzo-soprano)
Natascha Petrinsky: Second Norn (mezzo-soprano)
Miranda Keys: Third Norn (soprano)
Katherine Broderick: Woglinde (soprano)
Anna Stéphany: Wellgunde (mezzo-soprano)
Liore Grodnikaite: Flosshilde (mezzo-soprano)

BBC Singers
BBC Symphony Chorus
BBC Symphony Orchestra
Donald Runnicles Conductor

昨年4月にROHの舞台を見ていますが、演奏に関しては今回のコンサート形式の方が充実しているような気がします。
まず、ブリュンヒルデを歌ったブリューワーはすばらしい歌唱でした。ROHのリサ・ガスティーンは高音がややもすれば金属的に響くときがあってあまり好きじゃないのですが(5年前はそんなことはなかったのに)、ブリューワーは柔らかい美声が終始出ていて、弱音も低音も音程がしっかりした安心して聴ける歌唱です。昨年5月にやはりコンサート形式でフィデリオを聴き、感心しましたが、容姿(デブ)は目をつぶるからROHに出てほしい人です。
他の女声陣も概ねすばらしく文句のない出来でした。男声陣ではグンターを歌ったアラン・ヘルドがよく響く声で圧倒。トムリンソンももちろん文句なし。ジークフリートはROHのトレリーヴァンよりはましでしたが、やや声量的に物足りない感じです。合唱は上手かった。
今日はブリューワー、トムリンソンと共に一番拍手をもらったのは指揮のラニクルズでした。パッパーノの代わりにROHでリンクを振ってほしいと思いました。BBC交響楽団も彼への拍手を惜しまず、立つようにとの要請にも応じないで拍手し続ける場面もありましたが、いい音楽を作る人です。それに歌手への配慮もきめ細かく、歌っているときはオケの音量をやや下げるなどしていました。ジークフリートの旅立ちとか葬送行進曲では目一杯ヴォリュームを挙げていましたが、盛り上げ方も上手い指揮でした。

4時開始10時終了。インターヴァルは60分+30分。ここは字幕が出ないので、筋は知っているとはいえ長い台詞のところは細かいことがわからず、退屈な場合もあり、ちょっとコンサート向きじゃないなと思いました。
写真は、右下から左上にかけてTomlinson、Andersen、Runnicles、Brewerです。
c0057725_9321396.jpg

[PR]
by dognorah | 2007-08-13 09:35 | オペラ

ルネ・フレミング+ジャナンドレア・ノセダ

TVで見た8月6日のPROMSコンサートの感想です。

プログラム
ベートーヴェン:交響曲第8番
ベルク:Seven Early Songs
ベルク:An Leukon (arr. C. Gordon)
コルンゴルト:Die Kathrinから"Ich soll ihn niemals, niemals mehr sehn"
コルンゴルト:Das Wunder der Helianeから"Ich ging zu ihm"
シューマン:交響曲第2番

出演
ソプラノ:Renée Fleming
指揮:Gianandrea Noseda
管弦楽:BBC Philharmonic

ベートーヴェンの8番は立派な演奏でしたが、まじめなノセダの性格がそのまま反映されているような非常にストイックな印象です。普通だったらリズムに身を任せて楽しく演奏するところをインテンポでぐいぐいと突き進みユーモアの入る余地はありません。これも一つの行き方でしょうけれど。

2曲目とインターヴァルを挟んだ3曲目はルネ・フレミングを独唱に迎えたものでフレミングによるとノセダとは初共演とのことです。今日のドレスはパリで誂えたクリスチャン・ディオールのデザインだそうですが緑系のシックな色と柄がとてもすてきです。インターヴァルを挟んでいたにもかかわらず今日はこれ1着のみでした。合計で30分程度の出演でしたからね。
c0057725_2121296.jpg

さすがフレミング、どちらも気品のある歌唱で聴き惚れました。曲はベルクよりもコルンゴルトの方がよかった。特に第2曲目のDas Wunder der Helianeは感動もの。もっとコルンゴルトを聴きたいと思わせるすばらしい音楽でした。

コルンゴルトといえばTVで紹介していた逸話。ドイツの作曲家マックス・シュタイナーと知り合って10年ぐらいたったときの会話です。
シュタイナー「この10年、君の作曲はどんどん悪くなっているね。それに比べて僕の作曲はどんどんよくなっているぜ」
コルンゴルト「それはだね君が私から盗んで、私が君から盗んだからだよ」

最後のシューマンの曲は多分実演は聴いたことのない曲です。ノセダ自身がベートーヴェン後の交響曲でもっとも偉大な曲と言っているようですがそれだけ彼が入れ込んでいる曲なんでしょう。演奏は例えば第2楽章ではリズムがとても活き活きして躍動感があり、第3-4楽章は深さや奥行きを感じさせるスケールの大きいもので迫力があり、なかなか聴かせます。
彼が音楽監督を務めるBBCフィルハーモニックはマンチェスターを本拠にしているので普段ロンドンでは聴けない。こういう機会しかないことを考えて切符を買うべきだったかと悔やまれました。
[PR]
by dognorah | 2007-08-07 21:34 | コンサート

欧米のディジタル放送の質

タイトルの質というのは技術的な質のことで、番組の質ではありません。

通常のオペラやコンサートのシーズンも終わったし欧州各地の音楽祭に出かける予定もないので家で音楽関連映像の整理などしております。ネットからダウンロードしたDVDに加えて今まで欧米各地で放送されたオペラなどを録画したものがいくつかmpegファイルとしてPCに保存されているのです。入手したままPC上で再生していただけですが、ハードディスクの容量も逼迫しているし居間の大きなTVでも見たいしということで少しずつDVD化しているのですが(これ、ものすごく時間がかかります)、そのときにソースによって随分画質が違うことに気づきました。

BBCが自分で作ったディジタル映像を放送した場合、ビットレートは6.5-8Mbps程度のあまり高画質ではないものでした。現在PROMSの真っ最中で週末には時としてTVで放送してくれるのですが、画質はちょっと不満があります。

アメリカのものも似たようなもので、METの演目が現地で放送された映像をチェックするとビットレートは7.8Mbpsでした。

ところが、オーストリアとフランスで放送されたものは15Mbpsもあります。これだけレートが高いとさすがにDVDに焼いてもあまり不満がありません。
おもしろいことに、BBCが欧州の放送局から映像をもらった場合、編集時間に余裕があるときはいつもの低いビットレートにまで落としてから使っていますが、ヴィーンフィルのニューイヤーコンサートのようにリアルタイムで流す場合は送られてきた映像をそのまま流すようです。従ってあの放送は高画質です。

フランスの映像は直接入手したことはなく、BBCの放送は今まで一回しか経験していません。それは昨年12月のシャトレーの新演出オペラ「キャンディード」で、このときはリアルタイムではなかったのにフランス語部分の英語字幕を入れるのに忙しかったのか高画質のまま放送されました(ラッキー!)。

このあたりのポリシーは著作権がらみもあり各国で対応が違うのでしょうが、同じディジタル放送でも英米は低画質で、欧州は高画質でというのが現状のようです。欧米では録画に対する規制は今のところ聞いたことがありません。
著作権に対して世界一神経質と思われる日本は地上ディジタル放送の録画にはいろいろ規制があるようですが、実際のビットレートはどの程度なのでしょう?どなたかご存じでしたら教えて下さい。
[PR]
by dognorah | 2007-08-05 07:59 | テレビ放送