<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヘンデルのオペラ:オルランド(Orlando)

2007年2月26日、ROHにて。

ORLANDO:Opera in three acts
Music: George Frideric Handel
Libretto: Anonymous after Carlo Sigismondo Capece's L'Orlando and Ludovico Ariosto's Orlando furioso

Conductor: Sir Charles Mackerras
Director: Francisco Negrin
Designs: Anthony Baker
Lighting: Wolfgang Gobbel
Associate Director and Choreographer: Ana Yepes
The Orchestra of the Age of Enlightenment

Orlando: Bejun Mehta (a knight)
Angelica: Rosemary Joshua (Queen of Cathay, in love with Medoro)
Medoro: Anna Bonitatibus (an Aftican prince, in love with Angelica)
Dorinda: Camilla Tilling (a shepherdess)
Zoroastro: Kyle Ketelsen (a magician)

このプロダクションは2003年がプレミエでしたので4年ぶりに再演です。私は4年前はパスしたので今回が初めてでしたが、歌も舞台もとにかくすばらしい公演でただただ感心するばかり。ヘンデルのオペラを大いに堪能しました。

歌手は全て文句の付けようのない出来で、特に主役のベジュン・メータは、カウンター・テノールでここまで凄い歌唱が出来るのかと唖然としました。まるでベルカントオペラのように高音を張り上げて歌えるのです。声は低音から高音まで非の打ち所のない美しさ。表情も含めた演技も上手い。
ソプラノ二人もお互い張り合うように上手い歌唱を披露してくれました。ローズマリー・ジョシュアは初めて聴く人ですが潤いのある声で上手い歌唱の美人歌手ということでしっかり記憶に刻まれました。ティリングは何度も聴いている人ですが今夜もすばらしい高音を聴かせてくれました。
メゾソプラノのボニタティブスは昨年6月にツェルリーナ役で聴いたことがあります。それほど好きな声ではありませんが歌唱は大過なくこなしていました。
バリトンのケテルセンがまたすばらしく、彼がこんなに実力者だとは初めて知りました。2005年9月にMaskaradeで聴いたことがあるだけでしたが当時はそれほど印象的ではなかったのです。
舞台は円形の回り舞台を4つに区切って必要に応じて回転させるもので、全体としてもなかなか工夫が凝らされて楽しめるものです。衣装も違和感なく溶け込んでいます。あまりわけがわからないのは、3人のダンサーがエロス、ヴィーナス、マーズに扮してしばしば登場するところ。ヴィーナスとマーズは台詞にも出てくるのでいいとして、エロスがしょっちゅう歌手たちにちょっかいを出す場面はどうかなと思います。かなりしつこい。ヴィーナスは上半身ヌードで登場しますが、乳房の美しさで採用されたのではないかと思うくらいかっこよかった。写真を見ると結構美人さんでもあるのですが。とにかく舞台装置も含めてなかなかよく出来たプロダクションと思います。

写真は、左からボニタティブス、ジョシュア、マッケラス、メータ、ティリング、ケテルセンです。
c0057725_21312433.jpg


あらすじ
Cathayの女王アンジェリカはかつて命を救ってくれた騎士オルランドに謝意を示すため結婚を約束するが、しばらく会わないうちに女羊飼いのドリンダが怪我の介抱をしていたアフリカの王子メドロに出会い、自分も介抱するうちにメドロを愛してしまう。ドリンダもメドロを愛しているため二人で取り合いとなるがメドロはアンジェリカを選ぶ。
オルランドはアンジェリカを探し回るが見つけたときは彼女がメドロといい仲になっているのに失望し怒り狂う。あまりのことに正気を失いドリンダをアンジェリカと間違えたり乱暴狼藉をしたり挙句の果てにメドロを刺し殺し、次いでアンジェリカも殺す。疲れ果てて眠りにつくが、永い眠りの後に魔法使いゾロアストロに覚醒されようやく正気を取り戻す。メドロはまた彼が乱暴な振る舞いをするのではないかと戦々恐々とするがゾロアストロの魔術で生き返ったメドロとアンジェリカが現れるとオルランドは平静心を取り戻し二人の結婚を受け入れて自分はまた新たな人生を歩もうと決心する。
[PR]
by dognorah | 2007-02-27 21:32 | オペラ

ヤナーチェクのオペラ「ブローチェク氏の旅」(コンサート形式)

2007年2月25日、バービカンホールにて。
Leoš Janáček: The Excursions of Mr Brouček
Libretto: Part 1 by the composer and others after Svatopluk Čech, Part 2 by the composer with F. S. Procházka after Svatopluk Čech

全く初めて聴く音楽で、その存在さえも知らなかったものです。しかし主席指揮者のビエロフラーヴェクはチェコ人であり、歌手も大部分はチェコから連れてきたということで本物が聴けそうです。
歌手は主役のJan Vacíkを始め概ね立派な歌唱でした。特に印象的だったのはMálinkaを歌ったソプラノのMaria HaanとWürflを歌ったバスのZdeněk Plechです。Haanは特に派手ではない歌唱ですが素直に伸びる声が終始心地よい。Plechは豊かな声量で、音域の広いこの役を見事に歌っていました。

このオペラは、Part 1が1908-13年に完成し、Part 2は1916-17年とちょっと間があいていますが、それもあって両曲はかなり印象が違います。
Part 1(演奏時間約65分)ははっきりいってちょっと出来が悪く、リズム、メロディ共にやや単調で退屈さを覚えます。多分台本で協力者がなかなか得られなくて苦労したせいでしょう。
しかしPart 2(演奏時間約60分)はすばらしい音楽で、物語の筋と共にシュトラウスの「ティル・オイゲンシュピーレル」を髣髴とさせるようなところもあります。ビエロフラーヴェクもPart 2でより奔放な音楽作りで、かなり乗っていました。

ということで音楽的には結構楽しめましたが、台詞が多いのでなかなか字幕を読みきれなくて筋的にはちょっとストレスがあります。バービカンの字幕は舞台の一番奥にやや小さめの活字で表示されるのもつらいところです。

出演
Jiří Bělohlávek: conductor
Jan Vacík: Mr Brouček (tenor)
Peter Straka: Mazal/Blankytný/Petřík (tenor)
Maria Haan: Málinka/Etherea/Kunka (soprano)
Roman Janál: Sacristan/Lunobor/Domšík from the Bell (baritone)
Zdeněk Plech: Würfl /Čaroskvoucí/Councilor (bass)
Ivan Kusnjer: The apparition of Svatopluk Čech/Second Taborite (baritone)
Lenka Šmídová: Housekeeper/Kedruto (mezzo-soprano)
Martina Bauerová: Young Waiter/Child Prodigy/Student (soprano)
Jaroslav Březina: Painter/Duhoslav/Vojta from the Peacocks/Voice of the Professor (tenor)
Aleš Briscein: Composer/Harfoboj/Miroslav the goldsmith (tenor)
Václav Sibera: Poet [Prague]/Oblačný/Vaček Bradatý (baritone)
Edward Goater: Poet (tenor)
Christopher Bowen: Another poet (tenor)
Charles Gibbs: First Taborite (bass)
*最後の3人はBBC Singersのメンバー。

BBC Symphony Orchestra
BBC Singers
Stephen Betteridge: chorus-master

Concert staging by Kenneth Richardson
字幕:Paula Kennedy

写真は、帽子をかぶっているのが主役のJan Vacík、右端の女性がMaria Haan、左端の太った人がZdeněk Plechです。
c0057725_216560.jpg

あらすじ
Part 1:ブローチェク氏の月への旅行
1888年のプラハでアパートの家主であるブローチェクはビールが大好きで、今晩もWürflの経営するバーでしこたま飲んで帰る途中アパートの入居者であるMazalと恋人のMálinkaに出会う。MálinkaはMazalと諍いを起こし、結婚するならブローチェクがいいと言って結婚してくれと頼む。ブローチェクはいったんはいいよと引き受けたものの前言を撤回して、わずらわしい世間よりもっと素敵な世界に行きたいと言って月に旅する。
月はしかし俗物で教養のないブローチェクにとって最も軽蔑すべき芸術家たちの集まる場所だった。そこではプラハでおなじみの隣人たちが名前を変えて登場し、Málinka扮するEthereaがMazal扮する恋人を振ってブローチェクを追いかける。二人で月の寺院に行くと別の芸術家集団がいて食事に花の香りをかいでいる。そんなものは食えないとブローチェクがプラハから持ってきたソーセージを食べるとパニックを引き起こし追放されてしまう。
プラハでは夜が明けてきたのでMálinkaはMazalと帰途に着く。アパートに着いたとき若いウエーターが、ブローチェク氏が泥酔して運び込まれたと告げる。

Part 2:ブローチェク氏の15世紀への旅行
バーで飲み仲間たちと議論しているときに誰かが中世プラハの地下にトンネルが掘られているんだと話す。千鳥足で家に帰ったブローチェクはそのトンネルを探す。そこで過去の亡霊に出くわし1420年代のプラハに連れて行かれる。そこではドイツからの攻撃を受けている最中で街をこぞって防衛に大童。出会う人たちはやはり普段の隣人たちが名前を変えて登場している。当然ブローチェクも武器を取って戦うことを強要される。しかし死にたくない彼は戦場で敵に命乞いをして逃げる。戦いはチェコ軍の勝利に終わりみんなは戦勝のお祝いをするが、逃げたブローチェクは糾弾され、裁判でビヤ樽に詰めて死刑と宣告される。
1888年のプラハのバーでブローチェク氏がビヤ樽の中で寝ているのが見つかる。自分は一人でプラハを救ったんだと言いながら帰途につく。
[PR]
by dognorah | 2007-02-26 21:09 | オペラ

ロイヤルバレーの白鳥の湖

2月21日、ROHにて。

Swan Lake : Ballet in four acts
Music: Pyotr Il'yich Tchaikovsky
Choreography: Marius Petipa and Lev Ivanov
(Act III Neapolitan Dance by Fredrick Ashton, Act I Waltz by David Bintley)
Production: Anthony Dowell
Design: Yolanda Sonnabend
Lighting: Mark Henderson
Conductor: Martin Yates
The Orchestra of the Royal Opera House

Odette/Odile: Tamara Rojo
Prince Siegfried: Carlos Acosta
The Princess: Elizabeth McGorian
An Evil Spirit/Von Rothbart: Gary Avis
The Tutor: Philip Mosley
Benno: David Pickering


昨年8月に見たボリショイのプロダクションと比較すると、大元の振付は同じプティパながらボリショイが何人もの後世の振付家が変更したため各ダンスの細部はかなり違っており、ボリショイの方がテクニックを見せる場面が多い分見応えがあるような気がします。
ロイヤルバレーでは王子のバレーが第3幕(ボリショイでは第2幕第1場)以外はサポートやリフトのみで自身の目立ったダンスがないし、悪魔もほとんど踊らない。テクニシャンのアコスタが出演しているのにもったいない感じがします。ボリショイでは悪魔もかなりテクニックを見せるし、道化役がBennoの代わりに出てこれも相当なダンスを見せてくれます。第3幕でのプリンセスや各国のダンスもボリショイの方が印象が深いと思いました。

第2幕の王子とオデットのダンスは洗練された様式感が漂う気品を感じますが、これとてボリショイのときの方が感動が深かったと思います。

第3幕の例の32回転の場面では各ダンスがぴたっと決まって見せ場としては満足が得られるものでした。特にオディールの32回転直後のアコスタのダンスは凄い。こういう離れ業を各幕で見せる振付に替えてほしいものです。

筋としては王子とオデットが死んだ後、あの世で結ばれたかのようなシーンが美しいコーダに調和して出てくるのはなかなかいいアイデアです。舞台装置はロイヤルの方がはるかに豪華です。音楽は音も演奏もすばらしく、これはロイヤルの圧勝。観客もボリショイのときに比べるとはるかに品がよく、ロイヤルの上演ではまだまだ大丈夫という感じです。
写真は、指揮者と共に挨拶するロホとアコスタ。おどろおどろしいのは悪魔役のエイヴィス。
c0057725_42098.jpg

[PR]
by dognorah | 2007-02-23 04:21 | バレー

シャガール展

先月ヴィーンで見たのですが都合によりアップできなかったものです。
今回の展覧会はシャガールの初期に焦点をあてたもので、1920年ごろまでの油彩画約40点とスケッチ等(カラーもあり)数十点が展示されていました。彼の初期の作品群を見るのは初めてでしたが、すばらしい展観で、いまいち理解が深まらなかったシャガールという人にかなり近づけた気がしました。願わくはこの後の時代も順番に見て見たいものです。
下の絵は1917/8年の作ですが、妻ベラとの幸せな生活が溢れんばかりの高揚した気分で満たされていて、こちらまで幸せになるような絵です。これはぜひ恋人同士で見たいもの。キュービズムの影響が残っていますが、空の複雑な構造が光を感じさせるし街や大地の丸い描き方、左下から右上への赤系統の色のつながりなどと相俟って生じているリズムがすばらしい。しばらく絵の前を動けませんでした。
c0057725_1235178.jpg

The Promenade 1917/8 175 x 168cm
The Russian Museum, St.Petersburg

次の絵は1920年の作。上の絵と同様故郷の町を背景にした絵ですが、見れば見るほど味わいが深く、とても感動しました。
c0057725_124445.jpg

La maison bleue 1920 66 x 97cm
Musée d'Art moderne et d'Art contemporain de la Ville de Liège


Chagall, Exot der Kunst
BA-CA Kunstforum
15.11.2006 – 18.02.2007
[PR]
by dognorah | 2007-02-16 01:26 | 美術

ヤンソンス+コンセルトヘボー+ガランチャ

2月11日、バービカンホールにて。

メゾソプラノ:エリーナ・ガランチャ(Elina Garanča)
指揮:マリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)
管弦楽:ロイヤル・コンセルトヘボー管弦楽団(Royal Concertgebouw)

プログラム
Hector Berlioz:Overture Le carnival romain
Claude Debussy:La mer
Luciano Berio:Folk Songs
Maurice Ravel:La valse

ベリオを除いてall French programmeですが、管弦楽の上手さには感心しました。多分に曲の性格による面もあるかと思いますが、洗練された上品なアンサンブルはなかなかのもの。ヤンソンスにはこういう面もあるのかと発見した次第です。ドビュッシーの「海」は秀逸な演奏で非常に楽しめました。La valseも一部の隙もない統率力で好演。

ところで、今日このコンサートに来た目的はガランチャです。随分地味で珍しい曲を演奏するもので、私は当然初めて聴く曲ばかりです。各地の民謡を題材にした11曲で(最初のUSAの2曲は民謡ではないらしい)、次の順に歌われました。

1. Black is the color (USA)
2. I wonder as I wander (USA)
3. Loosin yelav (Armenia) = The moon has risen
4. Rossignolet du bois (France) = Little nightingale
5. A la femminisca (Sicily) = May the Lord send fine weather
6. La donna ideale (Italy) = The ideal woman
7. Ballo (Italy) = Dance
8. Motettu de tristura (Sardinia) = Song of sadness
9. Malurous qu’o uno fenno (Auvergne) = Wretched is he
10. Lo fiolaire (Auvergne) = The spinner
11. Azerbaijan love song

大体において哀調を帯びたメロディが多く、ガランチャの深みと潤いのある声がふさわしい曲と思え、歌唱の上手さもあってなかなか聴き応えのある演奏でした。特に第10曲目など。彼女の調子は十全ではなかったにしろ相当戻っている感じです。
ただ全般に地味であることは否定すべくもなく終演後は一度しか舞台に呼び戻されなかったのは残念です。気がついたら拍手していたのは私一人(^^;
管弦楽は小編成ですがなかなか機知に富んでいて面白い。
写真は花束を受け取って退場するガランチャです。
c0057725_5384817.jpg

アンコールは2曲、カヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲とベルリオーズのラコッツィ行進曲。両方とも聞いたことのある曲なのに題名が出てこず、終演後に会ったO氏から教えてもらいました。
今日はマチネーのため夕方の早い時間に終わり、canary-londonさんの音頭で私を励ます食事会を催していただき、楽しい会話でかなり元気をいただきました。とてもうれしかったです。参加されたOさん、Yさんともどもありがとうございました。
[PR]
by dognorah | 2007-02-14 05:40 | コンサート

諸行無常

生きとし生けるものすべての運命とはいえこれほど早いとは

いずれその日が来ることはわかっているつもりだったけれどこれほど突然とは

--------------------------------


妻を亡くしました
幸か不幸か、帰省中の東京での出来事でした
一瞬にして意識を失ったために苦痛がなかったのがせめてもの慰めです
生命維持装置を装着されたのは彼女にとって悔しかったでしょうけれど
一時的に仏教徒になって葬儀と初七日、納骨を済ませてきました

茫然自失、途方に暮れている毎日ですがそのうち復帰しますので以前同様よろしくお願いします
[PR]
by dognorah | 2007-02-09 08:27 | 悲しい出来事