「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

オペラ「青髭公の城」と「Erwartung」

5月30日、ロイヤルオペラにて。

(1)A Kekszakállú herceg vára (Duke Bluebeard’s Castle)
Music: Béla Bartók
Libretto: Béla Bartók after a fairy-tale by Charles Perrault
Duke Bluebeard: Albert Dohmen
Judit: Petra Lang

(2)Erwartung (Expectation)
Music: Arnold Shönberg
Libretto: Marie Pappenheim
The Woman: Angela Denoke

Conductor: Kirill Petrenko
Director: Willy Decker (revised by Gregor Lütje)
Designs: John Macfarlane
Lighting: David Finn

どちらのオペラも短い(青髭公60分、エルヴァルトゥング30分)1幕物で、初めて観たのですが、管弦楽も歌手も舞台もすばらしくとても楽しめました。特筆すべきはまず、キリル・ペトレンコの指揮でしょうか。なんと芳醇なバルトークでありシェーンベルクであったことでしょう。

c0057725_19563965.jpg最初に上演された「青髭公の城」で青髭公を演じたアルベルト・ドーメンは1956年ドイツ生まれのバス・バリトンで今回初めて聴くのですが、最初の発声から魅了されました。歌も演技もとても上手いと思います。Juditを演じたペトラ・ラングは過去に「トリスタンとイゾルデ」のブランゲーネなど数回経験していますが、歌は今回が一番よかったと思います。青髭公とのバランスもよかった。
演出と舞台装置もなかなかの出来で、プレミエの2002年にはオリヴィエ賞にノミネートされたらしいですが、光とのコンビネーションがとても印象的で、舞台と音楽がぴったり同期してわくわくさせます。完全に舞台にのめりこまされた感じです。

c0057725_19573451.jpg次の「エルヴァルトゥング」は、歌唱はソプラノの独演です。ほぼ30分間歌いっぱなしなので歌手にとってかなり大変だと思いますが、アンゲラ・デノーケ(左の写真)は相変わらずの美声で声量もあり全く破綻もなく歌いきります。ウイグモアホールで彼女のリサイタルを聴いたときにこのロイヤルオペラデビューへの期待感を述べましたが、やっぱりいい歌手です。
舞台は大部分が「青髭公の城」と共通で、森とか家とかは全く関係ない手抜きともいえるもので、ちょっと不満ですが30分という短いものにあまりお金はかけられないのでしょうか。もっぱら観客の想像力任せになります。まあ、もともとそういう内容のオペラでもありますが。舞台を見ていて、ふとサミュエル・ベケットの戯曲「ゴドーを待ちながら」を思い出しました。ベケットは1906年生まれで、この戯曲はずっと後の時代に書かれているので、あるいはベケットもこのオペラを見たのかもしれません(オペラの初演は1924年)。

「青髭公の城」が1911年の作曲、「エルヴァルトゥング」が1909年の作曲ですから共に時代の同じ風の影響を受けているはずで、舞台の筋としてはどうにでも解釈できる謎的なものが支配しています。絵画で言えばシュールリアリズムと相通ずるところがあるような気がします。

劇場では先日コンサートを聴いたばかりのメゾソプラノ歌手、榎本明子さんにばったり会いました。彼女も青髭公を歌ったドーメンを高く評価していました。
[PR]
by dognorah | 2006-05-31 20:05 | オペラ

PDAにインストールしたGPSナヴィゲーションシステム

私の車にはGPSナヴィゲーションシステムがついているが、ちょっと古いのでDVDではなくCDで動作するもの。したがって地図もUKのみで、フランスなどに行っても役に立たない。欧州の地図CDを買えばいいのだが、安くないし使用頻度が少ないものなので躊躇してしまう。ということで2年前のフランス旅行時は昔ながらの地図と道路標識だけで我慢し、結構道に迷ってしまった。
しかし、この夏はフランスとイタリアを2週間にわたってドライヴすることになっており、迷ってばっかりでは時間をロスするのでちょっと不安になってきた。でも、今更この旧式のシステムのCDを買い足すのも業腹なので、GPSナヴィゲーションも出来るけれどスケジュールやメールなども出来るPDAを用意することにした。これだと歩いているときでも使えそうだし。
c0057725_20574110.jpg

構成は、HPのPDAとTomTomのGPSキットの組み合わせ(上の写真)。以前、ソニーがClieというPDAを販売していたときは同様のキットを供給していたが、それとほぼ同じものである。GPS衛星受信部(写真右端)は15 x 40 x 90mm程度のコンパクトな形状で、BluetoothでPDAと通信する。これを車のダッシュボードに転がしておくか自分の胸ポケットに入れておけばよい。PDAにはSDカードに入った地図ソフト(写真中央)を挿入すれば画面に道路地図と現在位置が表示され、音声で指示が得られる。西ヨーロッパ全土の詳細地図は2GBのSDカードに収まる。UKだけだと128MBでよい。

これを使ってEssex州にある欧州最大規模といわれるショッピングセンターまでドライヴして性能を試してみた。片道約40kmである。結果は非常に良好で一度もルートから外れることなく到着できた。実用的である。

余談だが、このショッピングセンターは確かに規模が大きく、一つの建物だけでもとても全てを見切れないのに、そういう建物がいくつもある。目的の建物を決めて駐車しないと、徒歩で別の建物に行くというのは非現実的。しかし入っている店はイギリスのハイストリートのどこにでもあるやつが低級から高級まで全て集まっているだけのもので普通の日本人だったら鼻も引っ掛けない種類の店ばかりで全く魅力なし。値段もロンドンのデパートと変わりない。二度と行くことはないであろう。

その後、Route 66という別のソフトと今回のTomTomを比較してみた。UKの地図としては、Route 66の方が詳細であり新しい。TomTomの地図は新しく開発された(といっても5年も前の話)私のアパートが載っていないのにRoute 66には載っている。
しかし使い勝手はTomTomのほうが優れていることがわかった。出発前に詳細にルートを決めて記憶させることが出来、車に乗り込んだら直ちに目的地に向けて発車できる。
Rote 66は、いざ出発という段階で目的地を入力する方式。入力手段もTomTomでは郵便番号にも対処しているのにこちらは住所だけ。その他、TomTomは至れり尽くせりな配慮がなされており、イギリスで最も人気の高いのがなるほどと思える。

あと、GarminとNavigonというソフトの評価版の到着を待っている。いずれのソフトもGPS受信機そのものはインターフェースが標準化されているらしく、TomTomや他のものがそのまま流用できるようである。

ところで、PDAはイギリスで購入したので当然のことながらOSは英語版。それは最初からわかっていたことであるが、デスクトップPCと同期させてOutlookをみると、日本語メールが読めないのがことのほか悔しくなってきた。コストがかかってもOSを日本語版にしたいと英国HPおよび日本HPに相談するも、「あんたは日本でそれを買うべきだった。ウチじゃ面倒見ないよ」といずれもつれない返事。仕方ないから、CE-Starとかいうソフトをインストールしたけれど、日本語は何とか読めても汚いフォントだし、時々変な中国文字が代用されて極めてunhappyな気分。日本語を書いて発信できないのもつらい。
[PR]
by dognorah | 2006-05-28 21:03 | 日用品

Asuka Kurogi ソプラノリサイタル

5月24日、St Martin-within-Ludgate(St Paulの近く)にて。

ソプラノ:Asuka Kurogi(黒木あすか)
ヴァイオリン:Mizuka Yamamoto
ピアノ:Richard Black

The South West Anglo-Japanese Society、日本語では南西日英会というらしいですc0057725_921068.jpgが、そこが主催のコンサートがシティ内で各種企画されています。そのうちの一つが上記のコンサートで、ソプラノ歌手の黒木さん(左の写真)は昨年stmargaretsさんに紹介して頂いた知り合いで、昨年11月のアマチュアオペラ劇団による「蝶々夫人」にも出演した人です。
彼女は、4歳の頃からピアノを弾き始めたそうですが、東京芸大でピアノと声楽を修め、奨学金を得てUKのRoyal Welsh College of Music and Dramaに留学、現在はロンドンに住んでソプラノ歌手として活躍中です。

山本さんは、やはり4歳からヴァイオリンを弾き始め、東京音大を卒業後RCMに留学、現在はロンドン大学のマスターコースに在学中です。欧州ならびに日本でソロ活動を活発にこなしています。

ブラックさんはオペラのRepetiteursでもありリサイタルの伴奏家でもあります。これまでに3ダースにも上るオペラを訓練してきました。ワーグナーは最も得意とするところのようです。

今日は、ヘンデル、シューマン、ベルリーニ、マックジョージ、日本の歌曲、オペラのアリアを合計18曲披露しました。そのうち、ヘンデルの9曲のドイツアリアから選んだ2曲はヴァイオリンとピアノの伴奏で歌われました。あとの16曲は全てピアノ伴奏のみです。
ヘンデルはヴァイオリンによってとても雰囲気が盛り上がり、黒木さんの美しい声と共にまさしくヘンデルの世界が展開されたといえます。せっかくヴァイオリニストがいらしていたのに、2曲だけというのはちょっともったいない気がしました。
4つ目のグループにAlastair Macgeorge作曲の6曲のW. B. Yeats(イエイツ)の詩に基づく歌が披露されましたが、作曲家自身が聴きに来ており、終演後は彼からもすばらしい歌唱に対する感謝の言葉が述べられました。

黒木さんはどちらかといえば華奢な方ですが、とても声量が豊かでしっかりとした発声をする人で聴いていてとても聴き応えがあります。これからもいろいろ歌う話がありそうなので活躍を期待したいところです。
[PR]
by dognorah | 2006-05-26 09:12 | コンサート

メゾソプラノコンサート

5月21日、レストランSoho Japanにて。

メゾソプラノ:Akiko Enomoto(榎本明子)
ピアノ:Yoko Hirao

ロンドン在住のメゾソプラノ歌手、榎本さんlは原則的に毎月第3日曜にここでコンサートをされますが、今回は久しぶりに参加しました。ワインをいただきながら聴けるリラックスした催しです。
今回は5月ということで“Spring – birds are singing in the trees”と銘打って春にちなんだ曲が多数歌われました。取り上げた作曲家は、Mozart, Quilter, Delius, Tirindelli, Cimara , Ireland , Finzi, Faure, Hahn, Fukamachi, Nakada, Bekkuなどなど。和気藹々の雰囲気の中、美しい声を披露していただきました。

同じ詩を違う作曲家が作ったものの比較など面白い企画と思いました。例えば「さくら横丁」という曲を中田喜直さんと別宮(べっく)貞夫さんが作曲したものとか。私は別宮さんのものの方が好みでしたが。
アルゼンチンのCarlos Guastavinoが作曲したLa Rosa y La Sauce (バラと柳)という歌はとても気に入りました。そういえば、ROHの昨年の津波ギャラコンサートでマルセロ・アルヴァレスが祖国の歌を歌いましたが、いい歌手を輩出する背景にいい歌が存在するんですね。

今回はロンドンの椿姫さんと湯葉さんをお誘いしたのですが、ロンドンの椿姫さんの着てきた和服と榎本さんのドレスが色といい柄といいそっくりで、みんな「あっ」とびっくりしたものです。写真はロンドンの椿姫さんのブログをご覧ください。
[PR]
by dognorah | 2006-05-25 07:26 | コンサート

歌劇「フィデリオ」(コンサート形式)

5月23日、バービカンホールにて。

Leonore/Fidelio: Christine Brewer
Florestan: John Mac Master
Don Pizarro: Juha Uusitalo
Rocco: Kristinn Sigmundsson
Marzelline: Sally Matthews
Jaquino: Andrew Kennedy
Don Fernando: Daniel Borowski
First Prisoner: Andrew Tortise
Second Prisoner: Darren Jeffery
London Symphony Chorus
London Symphony Orchestra
Conductor: Colin Davis

このオペラは舞台では見たことがありませんが、映像では何回も見ているのでコンサート形式でも問題なく楽しめます。
歌手は、ROHでよく見るサリー・マシューズとアンドリュー・ケネディ以外は知らない人ばかりです。でも総じて立派な歌唱でした。コリン・デーヴィスの指揮も合唱もすばらしい出来でした。

ベートーヴェンのオペラは筋的にはちっとも面白くないもので初演以来散々批判されていますが、こうして音楽だけ聴いていると、さすがにベートーヴェン、美しい音楽です。合唱の使い方もうまいし。この作品はオペラとして演じるよりも今日のように一種の交響詩のように演奏するのがいいというのが今日の私の結論です。

レオノーレ第3番は演奏されませんでした。全体がこの序曲を敷衍したようなものだからデーヴィスは敢えて挿入しなかったのでしょう。オペラの舞台では退屈さを和らげるためにも演奏した方がいいと思いますが。
c0057725_8161455.jpg

写真は拍手に答える出演者たちです。向かって右から、指揮者、レオノーレ、フローレスタン、ロッコ、ドン・フェルナンド、マルツェリーネ、ジャキーノ、ドン・ピツァロです。
レオノーレとフローレスタンはご覧のようにデブデブコンビです。両方ともいい声をしていますが。
[PR]
by dognorah | 2006-05-24 08:18 | オペラ

Yuki Negishi ピアノリサイタル

5月18日、ハイドパークチャペルにて。
約2ヶ月ぶりにこの教会に来てみたら以前のコンサート担当者がアメリカから戻ってきていてお互いに再会を喜びました。彼女の、演奏者と聴衆を交流させようというやり方が好きです。

プログラム
Sofia Gubaidulina:Chaconne (1962)
Franz Liszt:Ricordanza (Transcendental Study No.9)
Franz Liszt:Harmonies du Soir (Transcendental Study No.11)
Ludvig van Beethoven:Sonata No.30 in E major, Op.109

Yuki Negishi(根岸由起)さんは、1977年生れ。5歳のとき方NYでピアノを始め、10歳のときにジュリアードのPre-College Divisionに入学、12歳で日本に帰国、桐朋学園に入り大学を卒業後The Amsterdam Conservatoryを経てロンドンのRoyal College of Musicでも学んだ。現在はそこのArtist Dioloma Programmeで研鑽を積んでいる。
数々の賞を取って、UK、オランダ、フランス、ドイツ、ルーマニア、日本、米国で演奏活動をしてきた。

演奏は全てすばらしいものでした。特に音が一音一音磨き上げられたかのように美しいのに感心。ここのピアノは教会が外装を他の調度品のデザインに合わせて特注したスタインウエーの小型グランドピアノですが、今まで聴いた限り、ピアニストによっては汚れた音が出る扱いにくそうな楽器です。そのピアノがまるで別物のような音を奏でます。

1曲目のシャコンヌはつい1ヶ月前のMari Sakataさんのリサイタルで聴いたばかりです。このような頻度で演奏されるということはグバイドゥーリナも随分ポピュラーな作曲家になったのだといえるでしょう。この曲は演奏時間10分足らずで演奏しやすいということがあるからかもしれませんが、何と言っても聴き応えのある曲だし演奏家の共感を得やすいのだと思います。なお、作曲年は今回は1962と標記されていたのでそれに従いましたが、Mari Sakataさんのときは1961とされ、ネットで調べたら1963という説も出てきて、正確なところは不明です。あるいは作曲家による改訂があったか。
演奏ですが、Mari Sakataさんと比べるとダイナミズムの点で控えめな性格(舞台での振舞いから判断)が反映されている気がしますが、音楽そのものは魅力的です。スタイルの違いといってもいいでしょうが、前回はベーゼンドルファーのフルコンサートグランドであったことも影響しているかもしれません。

2曲のリストの作品は続けて演奏されましたが、今日一番感銘した演奏でした(特にRicordanza)。抒情性溢れる詩が煌めく音を通してジーンと心に染み入る気がします。曲の持つ良さを余すところなく表現する丁寧な演奏でした。

ベートーヴェンの30番も魅力的な演奏ですが、特に第3楽章の内省的なニュアンスがよく表現されていたと思います。聴き応え十分。さすがにRCMのベートーヴェンコンクールで2位を獲得した実力の持ち主です。

今後の活躍を期待したいところですが、コンクール暦を見ても優勝経験がないということは何か飛び抜けて目立つところがないのでしょう。そこが問題かもしれません。
[PR]
by dognorah | 2006-05-19 21:10 | コンサート

シラノ・ド・ベルジュラック(2回目)

5月17日に再びこのオペラを見に行きました。
出演者はRoman Trekelが病気のため次のように変更になりました。
De Guiche:Carmelo Corrado Caruso
Ragueneau:John Rawnsley

ドミンゴはほぼ好調を持続していましたが、第2幕第2場のバルコニー下でクリスチャンの代わりに愛を歌う場面、ちょっと弱音が上手く出なくなり声を張り上げて凌いでいました。喉がちょっと変調を来したのでしょうか。ステージそばで見ていた方の話では、そのとき彼は「あれっ?」というような顔をしたそうです。そのシーンの後はすぐにインターヴァルだったので何か手当てしたのでしょう、第3幕第4幕は問題なかったです。
ロクサーヌ役のソンドラ・ラドヴァノフスキーは、前回に比べてときどきハイCの出にくいところがありましたが相変わらずの美声を楽しませてくれました。ということで、概ねドミンゴとラドヴァノフスキーのすばらしい声は聴けました。

前回の記事でアルファーノの音楽をあまり評価しないような表現をしましたが、今日は上のほうの席で聴いて結構美しい旋律が散りばめられた部分が多いことに気付きました。また、第4幕はやはり泣いてしまいましたが、泣きながらなぜこのように感動するかを考えてみました。物語の顛末も感動的な内容なのですが、あの部分はプッチーニ張りに音楽が美しくまた劇的に盛り上がるところで、それにくわえてドミンゴが全編を通じて最も声量を上げて(死ぬ直前なのに)美しくまた感情表現豊かに歌い、ラドヴァノフスキーもそれに合わせてニュアンス豊かに呼応するから、という結論に達しました。やはりアルファーノの音楽をマーク・エルダー、プラシド・ドミンゴ、ソンドラ・ラドヴァノフスキーの3人で稀なる高みに持っていったということでしょう。
このすばらしいパフォーマンスを2回も聴けて幸せです。ドミンゴを聴けるのもこれが最後かもしれませんし。写真は終演後のドミンゴ、ラドヴァノフスキー、エルダーです。
c0057725_19472192.jpg

開演前とインターヴァルの時間は予定通り、ロンドンの椿姫さん、カルメンさん、湯葉さん、stmargaretsさんと集まりましたが、初対面の方もいらしたのでオペラ以外の話題でも盛り上がってしまいました。また次回楽しい時間を共有できますように。
[PR]
by dognorah | 2006-05-18 19:47 | オペラ

ユンディ・リーのピアノリサイタル

5月15日クイーン・エリザベス・ホールにて。

ピアノ:Yundi Li
プログラム
・モーツァルト:ソナタハ長調 K.330
・シューマン:カーナヴァル Op.9
・リスト:ソナタロ短調 G.178
・ショパン:Andante spianato & Grand Polonaise brillante Op.22

2月にチョンの指揮でショパンの協奏曲を聴いた人です。
今回は当初発表していた前半のショパンプログラムを変更してモーツァルトとシューマンを入れました。もうショパン弾きのレッテルを引きずりたくないという意思の表れでしょうか。また、リストのソナタは一度引っ込めてRhapsodie espagnoleにしていたのを再びソナタに戻すという奇妙なこともしている。揺れ動く心を見るよう。結果としては当初のものよりはるかに意欲的なプログラムですが。開始10分前まで聴衆を締め出して練習している姿がモニターに映っていました。そういう性格の人なのでしょうか。

モーツァルトのソナタは喜びに溢れるような感じがたっぷりで、聴いていて幸せになるような心温まる演奏です。やめないでいつまでも弾いていてほしいと思わせるすばらしいモーツァルトでした。

2曲目のカーナヴァルも立派な演奏ですが、シューマンのロマンティックな詩情溢れるというイメージではなくやや距離を置いた無機的な表現かと思います。元来それほど好きな曲でないせいか私はあまり演奏にのめりこめない感じです。

3曲目のリストは、がんがんダイナミックに弾き切るそのテクニックにまず圧倒されます。鍵盤上の手の動きがよく見える席だったので余計指捌きに感嘆させらました。全体としてはかなり暗めのニュアンスで、ロマンティックな叙情性も時折感じられるものの全体を支配しているわけではありません。しっかりした構成のレヴェルの高い演奏で結構楽しめましたが、ちょっと気負いすぎの感があります。

4曲目のショパンは、手馴れた曲で華々しく締めくくろうという意図でしょうか。その通り、さすがにすばらしい演奏でした。何よりも曲への共感が100%感じられるし、ダイナミックさを抑えた細やかなニュアンスの絶妙なタッチ、詩情を大切にするように美しい表現、と言うことなし。

アンコールは2-3分の短い曲を1曲。リストでしょうか、よく知りません。

すべて納得できるというものではありませんでしたが、全体としてはさすがと思わせるいいリサイタルだったと思います。

今日のホールはほぼ満席の人気コンサートでしが、最後の小節を弾き切る前に拍手を始める人が何人かいて、ちょっと不愉快だった。何で人より早く拍手をしたくなるのだろうか。理解できない。
[PR]
by dognorah | 2006-05-17 19:02 | コンサート

Southbank Sinfoniaのコンサート

Southbank Sinfoniaというのは、UKの音楽大学を卒業した有能な若い音楽家たちに8ヶ月間の訓練と聴衆の前で演奏するという経験を積ませることを目的としたユニークなオーケストラです。費用は大学の奨学金などで賄われています。プロとしてやっていけるようにすることが主目的なのでかなり実用的な訓練が課されるようです。
昨年は、全部で85回の管弦楽ならびに室内楽のコンサートをこなしました。その中には、6人の作曲家の作品を初演、メンバーの中から独奏者を立てての30回の協奏曲を演奏、2演目のオペラの演奏も含まれています。25人の指揮者の下で演奏し、イギリスと欧州のコンサート会場を30箇所訪問、という充実したプログラムです。
私も昨年、British Young Operaによる「ロメオとジュリエット」のステージを見たときのオーケストラがこれでした。

さて、今日は8人の弦楽奏者による室内楽です。場所はROHのLinbury Studio。
プログラム
・モーツァルト:Divertimento in F, K138
・メンデルスゾーン:8重奏曲変ホ長調、Op.20

モーツァルトは腕慣らし的な短く軽い曲で、特に言うことなし。
メンデルスゾーンがメインになりますが、リーダーがモーツァルトのときの男性ヴァイオリニストから女性に代わります。この男性は彼女の左隣に位置して、演奏中結構彼女を煽るのですが彼女は動じることなく冷静に弾ききります。このリーダーの弾くパートと残りの弦のパートが結構異なっていて、タイミングを計るときの各奏者の真剣なまなざしなど見ていて面白いものです。
第1楽章はスケール感もあり内容の濃い演奏でした。ただ、その後の楽章ではそれがあまり長続きしなかったのは残念。この曲は昨年9月にRoyal College of Musicのヴァイオリン教授がリーダーとなったThe Prince Consort Ensembleの演奏が私の中では標準になっていますが、やはり教授の力は偉大と思います。
[PR]
by dognorah | 2006-05-16 20:12 | コンサート

Firefox

最近、ブラウザーをInternet ExplorerからFirefoxに変えて使い勝手を比較していたのですが、当分Firefoxを使うことにしました。

記事の字の大きさを自由に変えることが出来るし、一般に言われているRSS対応だとかタブ機能なども便利ですが、なんと言ってもプラグインを追加することで、ウェブページがそのまま保存できることが決め手となりました。

IEでも多くのページは保存出来るのですが、出来ないページもたくさんあります。たとえば、このexciteのブログページをIEを使ってハードディスクに保存することは出来ません。ブログによっては、例えば以前使っていたyahooのブログではコメントも含めてIEで保存できますが、exciteはページをPDFに保存する有料サービスを提供している関係で、勝手にIEに保存させないようにしているのでしょう。その他、ネットショップをしたときのsecure siteなどもクレディットカードによる支払い記録を取るために保存しようとすると「保存できませんでした」というコメントを出して保存に失敗します。

ところがFirefoxにScrapbookというプラグインを追加すると、ほぼ全てのページが名前の通りスクラップブックとして保存できます。それもリンクを掘り下げて参照先のページまで全て保存できます。私のブログの例で言うなら、写真を含む記事やコメントはもちろん、トラックバック先の記事まで全部ハードディスクに保存されます。リンク掘り下げの深さも指定できますので、うっかりすると膨大なファイル容量になってしまいますが。私は定期的にこの方法でバックアップを取っていますので、例えexciteのサーヴァーが吹っ飛んでしまっても自分の記事は丸ごと救えるわけです。また、リンク掘り下げの深さを適当に設定することにより、TBをしてくださった方の元ページが消えても私のPCには原型どおり残すこともできます(今のところそこまではやっていませんが)。

IE7がリリースされたら恐らくFirefoxに負けない機能がついているでしょうから、そのときはまた比較して選択することになるでしょう。
[PR]
by dognorah | 2006-05-14 22:32 | コンピュータ