カテゴリ:コンサート( 447 )

ラトル指揮ヴィーンフィル演奏会

2012年6月17日、バービカンホールにて。

Brahms Symphony No 3
Webern Six Pieces for Orchestra
Schumann Symphony No 3, 'Rhenish'

Vienna Philharmonic Orchestra
Sir Simon Rattle conductor

大好きなブラームスの第3番、始まってすぐに久しぶりに聴くヴィーンフィルの柔らかく厚みのある弦にヒーヒー言ってしまいました。冒頭部だけで幸せになります。
ラトルの指揮はいつものように確信に満ちた憑かれたような棒捌きで、豊麗な音と饒舌さに圧倒されました。熱演過ぎてちょっとオケのアンサンブルが乱れる部分もありましたが美しく迫力がありスケールも大きい演奏は過去に聴いたどんな演奏よりも心を打つものでした。この曲の中でも特に気に入っている第3楽章は退廃的な気だるさに惹かれるのですが、今日の演奏ではもう少し健康的なニュアンスで肩すかしではありました。でもそれにも勝る緻密な美しさのためにあまり不満は感じられませんでした。第4楽章の凄まじい盛り上がりの後の静かさがまた納得のいく対比で印象深い終わり方です。この曲だけでおなかが一杯、もう帰ってもいいと思ったぐらいです。予定を変更してこの後すぐにインターヴァルになったのはよい計らいでした。

ヴェーベルンの曲は初めて聴く音楽ですが気品の高いアンサンブルで提示される各テーマはなかなか面白く、結構楽しめました。短い曲ながら大編成の管弦楽です。この曲だけはラトルも譜面を見ながら指揮です。

ラトルの指揮するシューマンは3-4年前に聴いた古楽管弦楽団OAEのもの以来ですが、今回は通常のオーケストラなのでどうなるか楽しみでした。あれっと思ったのはヴェーベルンが終了するとすぐにかなりの弦楽器奏者が退場したことで、音の透明性を高めるためでしょうか。しかし第1楽章の始まりではそれまでと違って弦楽器のギスギス感が少し出てきて、やはり急な人数変更でアンサンブルに支障を来したかという感じでした。第1楽章の後半ではそれはなくなりましたが。
演奏はここでもスケールの大きい堂々たるものでラトルのエネルギーをまともに浴びる感じです。ブラームスと同様やはり饒舌でシューマン節というかラトル節を大いに楽しみました。OAEとの演奏とはそれほどかけ離れていない印象でしたが奏者を間引いて透明性を保った効果かも知れません。

全体としてはそれほど演奏時間の長いコンサートではなかったし、聴衆も大いに沸いたのですがアンコールは無し。


c0057725_0554443.jpg

c0057725_0561435.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-06-23 01:00 | コンサート

再びMTT指揮LSO演奏会

2012年5月31日、バービカンホールにて。

Berg Chamber Concerto
Mahler Symphony No 1 (‘Titan’)

Michael Tilson Thomas conductor
Yefim Bronfman piano
Gil Shaham violin
London Symphony Orchestra

ベルクの室内楽協奏曲は全く初めて接する曲です。独奏がピアノとヴァイオリン、オケが管楽器のみで大変ユニークな三楽章構成です。演奏開始前に指揮者MTTによる解説があり、この曲はシェーンベルクの50歳の誕生日を祝うために作曲されたとのこと。シェーンベルクはベルクより11歳年上で77歳まで生きましたがベルク本人は50歳で若死にしています。
曲は当然のことながら現代音楽で管楽器からは不協和音が頻繁に出てきますが独奏のヴァイオリンとピアノは総じて耳に心地よい音楽で、この二つが合奏するときの音楽はなかなか楽しめました。管楽器にしても独奏部分が多いのですがノーブルな音という印象です。演奏時間は30分ぐらいあるでしょうか、ちょっと長さを感じさせるもので、正直言って退屈さを感じた点もあります。

Gil Shaham, Yefim Bronfman and Michael Tilson Thomas
c0057725_22581214.jpg

マーラーの第1番は昨年ブダペストで聴いて以来です。各楽章とも大変立派な演奏で特に第3楽章の美しさは特筆ものでした。MTTはそういった面では非常に優れた指揮者ですが、オケを大音量で操るのはあまり得意ではないように見受けました。第4楽章の迫力など昨年聴いたフィッシャーや随分前に聴いたハイティンク指揮LSOの方が上です。ということで音楽的には十分楽しめましたが細かいところで不満が残る演奏でした。
[PR]
by dognorah | 2012-06-18 23:00 | コンサート

MTT指揮LSO演奏会

2012年5月27日、バービカンホールにて。

Beethoven Piano Concerto No 3
Mahler Symphony No 4

Michael Tilson Thomas conductor
Elizabeth Watts soprano
Llŷr Williams piano(Yefim Bronfmanの代役)
London Symphony Orchestra

マイケル・ティルソン・トーマスを聴くのは約5年ぶりですがやっぱりいい指揮者です。
ピアノ協奏曲は構成のがっしりしたオケをバックに派手さはないものの堅実に音楽を作る美しいピアノによってしっかり楽しませてくれました。ウェールズ人ピアニスト、フリール・ウイリアムズは名前さえ初めて聞く人ですがイギリスでは結構ポピュラーな存在らしい。写真で見る通り外見的にも地味な人です。MTTは協奏曲でも緻密で豪快な演奏、さすがです。

Llŷr Williams
c0057725_041317.jpg

マーラーの4番は明快な演奏、各楽器のメロディーがクリアに聞こえる分析的な解釈でスケールの大きさはないものの第3楽章など実にマーラーマーラーしてこの曲も大変楽しめました。第4楽章で独唱のエリザベス・ウォッツは声量はそれほど無いものの持ち前の透明な美声がこの曲によくマッチして秀逸な出来です。

Elizabeth Watts
c0057725_041382.jpg


Michael Tilson Thomas & Elizabeth Watts
c0057725_0415881.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-05-29 00:44 | コンサート

ヤンソンス指揮コンセルトヘボー

2012年5月12日、バービカンホールにて。

Strauss Also sprach Zarathustra
Strauss Metamorphosen
Strauss Der Rosenkavalier - Suite

Royal Concertgebouw Orchestra
Mariss Jansons conductor

ヤンソンスを聴くのは久しぶりです。一段とコンセルトヘボーとの関係が緊密になっている印象を受けました。指揮姿もとても楽しそうだし。特に「バラの騎士」組曲ではカルロス・クライバーがニューイヤーコンサートでヴィーンフィルを指揮しているときに見せた上機嫌の笑顔そっくりの表情を浮かべていて思わずこちらも嬉しくなってしまいます。

最初の曲は昨年2月にハーディング指揮で聴いてhttp://dognorah.exblog.jp/15904832/以来ですが、冒頭の有名な部分はあまり劇的にせずにあくまで美しく謙虚に音を鳴らすという印象でした。それに続く音楽もオケの特上のアンサンブルを楽しませるという風な演奏で、あまり好きでないこの曲もまあ楽しめました。コンサートマスターの音も実にすばらしい。

2曲目のメタモルフォーゼンは23挺の弦楽器で演奏される曲で実演に接するのはこれが初めてです。指揮者無しで、コンサートマスターの合図で演奏をしていました。演奏時間は約20分ぐらいか。弦の音は美しいけれど重苦しくもの悲しい響きです。積極的に聴いてみたい曲とは思えませんでした。

最後の曲は本日一番楽しめた曲で、明るく緻密なアンサンブルと各パートの名人芸的うまさが思う存分発揮されました。こういうオケがピットに入っている舞台を見られたら本当に楽しいでしょうねぇ。そのときは勿論オクタヴィアンはエリーナ・ガランチャでなくてはなりません。
[PR]
by dognorah | 2012-05-15 01:41 | コンサート

再びエトヴェシュ指揮LSOのコンサート

2012年5月8日、バービカンホールにて。

Bartók Music for Strings, Percussion and Celeste
Bartók Violin Concerto No 2
Szymanowski Symphony No 3 (‘Song of the Night’)

Peter Eötvös conductor(Pierre Boulezの代役)
Nikolaj Znaider violin
Steve Davislim tenor
London Symphony Chorus
London Symphony Orchestra

バルトークの弦、打楽器およびチェレスタのための音楽は以前どこかで聴いたことがあったように思うのですが自分のブログにも記録がないので聴いたとしてもかなり前のことなのでしょう。舞台上の楽器配置(チェロを除く弦楽器が半分ずつ左右対向に置かれている。チェロは打楽器の前に10人が横一列に並ぶ。下の写真参照)を見てびっくりしたので、いずれにしてもほぼ初めての実演と等しいです。
c0057725_0461031.jpg

昔フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団のLPを持っていてその演奏の記憶が未だに強烈に頭に残っているのですが、それに比べると今日の演奏の何と生ぬるいことか。リズム感が無く切れが悪いので終始不満でした。前回の公演でエトヴェシュはまあまあの指揮者だと思いましたがこれで点数はガクッと落ちました。大作曲家の作品に対して同じハンガリー人の演奏とは思えません。

ところが次のヴァイオリン協奏曲はすばらしい演奏でした。ヴァイオリン独奏のニコライ・ズナイダー(デンマーク生まれ)は指揮も得意にしているのでリハーサルでエトヴェシュにいろいろ要求を出したのかなと思ってしまいました。そのヴァイオリンですが美しく芳醇な音で大変感心しました。1741年製ガルネリだそうです。結構難しそうな曲だと思うのですがそんなことは感じさせず苦もなく弾いていく感じです。カデンツァも聴き応えがあります。長身を真っ直ぐ保って弾く姿も美しい。
この曲は恐らく初めて聴いたと思いますが、曲想豊かで聴いていて面白く、なかなかの名曲と思いました。ヴァイオリン独奏部分も管弦楽部分も凄く聴き応えがして豊かな音楽という印象が強く、いい音楽を知ったとほくそ笑んだのでした。

Nikolaj Znaider
c0057725_0471252.jpg


最後のシマノフスキーの交響曲第3番も初めて聴く曲ですが、胸にキュンと来るような叙情性とスケールの大きさを持った曲でなかなか楽しめます。歌詞は美しい夜に空に思いを馳せる詩的な内容です。合唱と独唱を必要としている分演奏されにくいと思われるので、こうして聴けてよかったと思いました。元々ピエール・ブーレーズの選曲ですが。独唱のオーストラリア人テノール、スティーヴ・ダヴィスリムはやや太めの声が気持ちよく出る人で声量もまあまあと思いました。

Peter Eötvös & Steve Davislim
c0057725_0475195.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-05-10 00:52 | コンサート

LPOによるチェコ音楽の夕べ

2012年5月2日、RFHにて。

Leos Janácek: The Cunnning Little Vixen Suite
Antonin Dvorák: Piano Concerto in G minor
Interval
Josef Suk: The Ripening - symphonic poem, Op.34

London Philharmonic Orchestra
Vladimir Jurowski conductor
Martin Helmchen piano
Ladies of the London Philharmonic Choir

「利口な女狐」組曲は作曲家自身が編曲したのかどうか知りませんが随分端折ったもので20分ぐらいの演奏時間しかありません。それでもあの美しいメロディを聴くと情景が彷彿としてきます(ただし覚えているのは最初の方の情景だけですが)。音響的には十分楽しめました。

ドヴォルザークのピアノ協奏曲を実演で聴くのはこれが初めてです。第1楽章はスケールが大きく、かなり力を入れて作曲したんだなぁと想像できるものです。第2楽章になると彼独特の郷愁を呼び起こすようなメロディがふんだんに出てきて、ここでも沸々と湧き起こる創作意欲が強く感じられます。とても好ましい音楽です。第3楽章もその流れを敷衍しながら展開していきます。ピアノ独奏のマーティン・ヘルムヒェンは第1楽章ではまあ普通のピアニストかなぐらいの印象でしたが楽章が進むにつれて詩的な雰囲気を強く感じさせる弾き方と美しい音が好感度を増していきます。全曲終わってみれば大変すばらしい演奏だったと思わせるもので、会場も沸きました。残念ながらアンコールはありませんでした。

最後のスークの曲は全く初めて聴く音楽です。彼の曲といえばヴァイオリン協奏曲を聴いたことがあるかなぁとか思って調べるとそんなものは存在しなくて、孫の高名な同名のヴァイオリニストが弾いたドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲の演奏と混同していたことに気付くお粗末さ。ということでこれが作曲家スークの音楽初体験ということになります。残念ながらあまり好きな音楽ではありませんでした。管弦楽編成は大きく、舞台せましと奏者が並びますが、大きな音ががんがん鳴るもののやや単調で音楽にのめり込めません。それにしてもユーロフスキーは珍しい音楽を引っ張ってくるものです。お陰で客の入りはかなり悪いものでした。
今日は友人につきあって参加したコンサートなのであまりいい席ではなく、写真は撮れませんでした。
[PR]
by dognorah | 2012-05-07 01:40 | コンサート

エトヴェシュ指揮LSO演奏会

2012年4月29日、バービカンホールにて。

Debussy Three Nocturnes
Szymanowski Violin Concerto No 1
Scriabin Symphony No 4 (‘Poem of Ecstasy’)

Peter Eötvös conductor (Pierre Boulezの代役)
Christian Tetzlaff violin
Ladies of the London Symphony Chorus
London Symphony Orchestra

ピエール・ブーレーズは目を患っているので降板らしい。もう恐らく聴くチャンスはないかもと思ってしまいました。
代役のペーテル・エトヴェシュは彼の作曲したオペラ「アメリカの天使達」のUK初演の際に舞台に顔見せしたのを見たことがありますが指揮を聴くのはこれが初めてです。指揮棒を持たずにしなやかな音楽を作る人で腕はなかなかのものです。オケのアンサンブルという観点からするといつものLSOとはちょっと違って緻密さがあまり感じられませんでしたが音楽的には3曲とも大変楽しめました。
ドビュッシーの夜想曲は実演では多分初めて聴いたと思いますが聴き応えのあるすばらしい曲で、音の強弱、音色の変化がいかにも彼らしい作品です。割と短めの曲なのに第3部に女声合唱を使うところから演奏回数は多くなさそうですがもっと聴きたい音楽です。
シマノフスキーのヴァイオリン協奏曲はこれが2度目の体験で最初に聴いたのは2006年のプロムスで独奏者はツィンマーマンでした。そのときと同様今回も曲の神髄を聴き取ったという状態ではありませんでしたが、テツラフのヴァイオリンがとにかく美しく、非常に楽しめました。純粋で品のある音色には本当に魅せられます。大きな拍手に応えてアンコールを演奏しましたがその曲は彼の特徴を思う存分発揮できる曲を選んだに違いなく、曲名も知らないのに(恐らく同じシマノフスキーか他の東欧の作曲家の作品と思われます)音楽を堪能しました。なおテツラフを経験するのもこれが2度目で、前回はベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲でした。演奏スタイルはそのときとほとんど同じです。

Christian Tetzlaff
c0057725_182459.jpg
c0057725_185818.jpg


3曲目はスクリャービンの「法悦の詩」。2008年に初めて聴いて以来これが2回目の経験です。ヴォリュームたっぷりの芳醇な音が楽しめるのは実演ならではで、あまりCDなどで聴く気はしません。この曲はオーガズムを表現したものだという説があり、それを連想しながら聴いてみましたがなるほどという感じでした(^^;)

Peter Eötvös
c0057725_1101766.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-05-01 01:12 | コンサート

ベートーヴェン「荘厳ミサ曲」

2012年4月22日、バービカンホールにて。

Beethoven: Missa Solemnis

Nikolaus Harnoncourt conductor
Marlis Petersen soprano
Elisabeth Kulman mezzo-soprano
Werner Güra tenor
Gerald Finley baritone
Groot Omroepkoor (Dutch Radio Chorus)
Royal Concertgebouw Orchestra of Amsterdam

この曲は確か90年代にジョン・エリオット・ガーディナー指揮の手兵で聴いたことがあり、これで2回目の経験です。ガーディナーの時は余りよくわからなかった音楽も今日は大変楽しめました。管弦楽は言うに及ばず、4人の独唱陣も合唱団も美しくもすばらしく、恐らくこれ以上は望めないほどの水準の高い演奏でした。さすがにアーノンクールが選んだだけのことはあるなぁと感心しきり。合唱は特筆に値する水準の高いものでした。そのアーノンクール、今回初めて指揮を見ましたが指揮台も指揮棒も使わないで見事な音楽を作ってくれました。
この曲、前半は相変わらず私にはあまり理解できない音楽でしたが後半はとにかく美しく、貴重な体験でした。

演奏終了後に、イギリスの伝統的音楽ソサイエティであるRoyal Philharmonic Societyからアーノンクールに対してGold Medalを授与するセレモニーが行われました。挨拶では、音楽というものはまず作曲家があって成り立ち、その後奏者達が重要で私のような指揮者はどうでもいいというような謙虚なコメントがあって笑わせていました。

Elisabeth Kulman (mezzo-soprano) & Marlis Petersen (soprano)
c0057725_21573696.jpg


Gerald Finley (baritone) & Werner Güra (tenor)
c0057725_2158059.jpg


Nikolaus Harnoncourt
c0057725_21583776.jpg


Nikolaus Harnoncourt received Gold Medal from John Gilhooly
c0057725_2159328.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-04-25 00:01 | コンサート

バレンボイム指揮ベルリン州立歌劇場管弦楽団

2012年4月17日、RFHにて。

Daniel Barenboim conductor
Staatskapelle Berlin

Bruckner: Symphony No.8 (vers. composite, ed. Haas)

この曲の実演を聴くのは2005年のエッシェンバッハ指揮ヴィーンフィル、2007年のハイティンク指揮コンセルトヘボーに次いで3度目です。特に今回は5年ぶりということで久しぶりに大好きな曲を聴けて幸せです。しかもバレンボイムという大物の指揮で初めてロイヤルフェスティヴァルホールという通常のホールでの演奏。なお前回まではノヴァーク版だったのでハース版を聴くのは初めてですが聞き比べているわけではないので私には違いはわかりません。
バレンボイムの指揮には何の問題もなくのめり込むことが出来ました。強奏でも刺激的な音は一切出さず美しい仕上げです。ティンパニーなど凄く音量をセーヴしている風な印象を受けました。今回第2楽章のトリオ部分で目が覚めるような美しいハープの音が目立ったのが新鮮でした。管弦楽団の実力はロンドンのオケとそれほど違わない感じですが弦楽器群の音がある種の輝きがあってやはり大陸のオケかなという印象を受けました。第3楽章ではその弦が効いて本当にロマンティックな美しさを堪能できます。第1楽章ではテンポはゆったりだなと思いましたが第2楽章以降結構揺れていました。特に第4楽章がそうで、随分早いなという印象部分もあり劇的に盛り上げていきます。
演奏全体から受ける感動はやはりエッシェンバッハの方が深いとは思ったものの十分楽しむことが出来ました。

久しぶりに見たDaniel Barenboim
c0057725_8244942.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-04-19 08:29 | コンサート

日曜夜の室内楽

2012年4月15日、Conway Hallにて。

Mozart: Duo in G, K.423
Handel-Halvorsen: Passacaglia
演奏:KloudDuo
Natalie Klouda: violin
Ashok Klouda: cello

Schumann: Trio No.2 in F, Op.80
Jean Françaix: Trio
Beethoven: Trio in E flat, Op.70-2
演奏: Barbican Trio
Sophie Lockett: violin
Robert Max: cello
James Kirby: piano

二組の演奏家による室内楽です。最初のものはPre-concert recitalと名付けられた30分程度のリサイタルです。ヴァイオリンとチェロによる二重奏というのはあまり聴いた記憶が無く、珍しい作品だなと思って調べたらこのモーツァルトの作品は元々はヴァイオリンとヴィオラのための二重奏らしい。ヴィオラの代わりにチェロでやるとなると少しスコアをいじっているのでしょう。それはともかく聞こえてくる音楽はとてもすばらしく、ヴァイオリンもチェロもよく響いて聴き心地のいい音楽でした。アンサンブルもすこぶるよかったし。
二人は夫婦で、それぞれ別の人たちとトリオやカルテットの室内楽活動をしていますが二人でやるときはこの名前を使っているようです。確かな腕と音楽性豊かな演奏で大好きになりました。

メインのコンサートは結成25周年を迎えるというピアノトリオの演奏です(それにしてはヴァイオリン奏者がかなり若いので、途中メンバー変更したのかも知れませんが)。

Barbican Trio (Conway Hallのサイトから借用)
c0057725_22343051.jpg

今回のプログラムではシューマンもフランセイもそれぞれ趣が違うもののまあ楽しめましたが、最後のベートーヴェンが圧巻で本日の白眉でした。このOp.70のトリオはOp.70-1とOp.70-2の2曲が含まれていますが、最初のもの(ト長調)が「幽霊」という名前で有名なためか、本日演奏された変ホ長調のものは演奏機会が少ないようです。でも音楽はすばらしく、さすがベートーヴェンです。スケールが大きく細やかな表現もいっぱいあって本当に楽しめました。演奏前にチェロ奏者から解説がありましたが、第2楽章のコインの裏表のような二重変奏が聞き所のひとつらしい。私は特にピアノパートの美しさに惚れ込みました。

このConway Hallはクラシックの室内楽は日曜の夜しかやりませんが、入場料8ポンド(1000円程度)で気が向いたら来て好きな場所に座って聴ける気軽なコンサートです。今まで何度か来ていますが、演奏の質は高いと思います。私の好きなベーゼンドルファーのピアノが常備されています。
[PR]
by dognorah | 2012-04-17 22:36 | コンサート