カテゴリ:バレー( 44 )

ロイヤルバレーのトリプルビル

2011年3月23日、ROHにて。

Rhapsody, Sensoriumおよび 'Still Life' at the Penguin Caféという短い作品を三つまとめて上演。

RHAPSODY
THE 79TH PERFORMANCE BY THE ROYAL BALLET AT THE ROYAL OPERA HOUSE
MUSIC: SERGEY RACHMANINOFF
CHOREOGRAPHY: FREDERICK ASHTON

LAURA MORERA, SERGEI POLUNIN
OLIVIA COWLEY, MELISSA HAMILTON, EMMA MAGUIRE,
PIETRA MELLO-PITTMAN, AKANE TAKADA, LARA TURK
SANDER BLOMMAERT, FERNANDO MONTANO,LlAM SCARLETT,
DAWID TRZENSIMIECH, JONATHAN WATKINS, VALENTINO ZUCCHETTI
SOLO PIANO JONATHAN HIGGINS

SENSORIUM
THE 10TH PERFORMANCE BY THE ROYAL BALLET AT THE ROYAL OPERA HOUSE
MUSIC: CLAUDE DEBUSSY WITH ORCHESTRATIONS BY COLIN MATTHEWS
CHOREOGRAPHY: ALASTAIR MARRIOTT

LEANNE BENJAMIN, MARIANELA NUNEZ
THOMAS WHITEHEAD, RUPERT PENNEFATHER
NATHALIE HARRISON, LAURA MCCULLOCH,
JACQUELINE CLARK, LEANNE COPE, EMMA MAGUIRE, KRISTEN MCNALLY,
PIETRA MELLO-PITTMAN, AKANE TAKADA, LARA TURK, SABINA WESTCOMBE
SOLO PIANO PHILIP CORNFIELD

'STILL LIFE' AT THE PENGUIN CAFE
THE 28TH PERFORMANCE BY THE ROYAL BALLET AT THE ROYAL OPERA HOUSE
MUSIC: SIMON JEFFES
CHOREOGRAPHY: DAVID BINTLEY

AIR À DANSER
THE GREAT AUK: EMMA MAGUIRE

PRELUDE AND YODEL
UTAH LONGHORN RAM: ZENAIDA YANOWSKY
GARY AVIS

LONG DISTANCE
TEXAN KANGAROO RAT: LlAM SCARLETT

THE ECSTASY OF DANCING FLEAS
HUMBOLDT'S HOG-NOSED SKUNK FLEA: IOHNA LOOTS
SANDER BLOMMAERT, ERICO MONTES,
MICHAEL STOJKO, DAWID TRZENSIMIECH,
JONATHAN WATKINS

WHITE MISCHIEF
SOUTHERN CAPE ZEBRA: EDWARD WATSON
CHRISTINA ARESTIS,
TARA-BRIGITTE BHAVNANI,
OLIVIA COWLEY, NATHALIE HARRISON,
LAURA MCCULLOCH, SIAN MURPHY,
ROMANY PAJDAK, LARA TURK

NOW NOTHING
KRISTEN MCNALLY, NEHEMIAH KISH
MINNA ALTHAUS

MUSIC BY NUMBERS
BRAZILIAN WOOLLY MONKEY: RICARDO CERVERA
LEANNE COPE, SABINA WESTCOMBE

NUMBERS ONE TO FOUR
ARTISTS OF THE ROYAL BALLET
SOPRANO: REBECCA DUGGAN

今日のバレーは以前から気になっていた若いプリンシパルダンサー、セルゲイ・ポルーニンを見るのが目的でした。彼はウクライナ人で3歳の頃からダンスをやっていたそうですが、13歳でロイヤルバレースクールに入学、17歳の時にロイヤルバレーに入団しました。入団して3年間は単なる団員だったのに、20歳の時(昨年)にいきなりプリンシパルという最高の位に抜擢されたのです。ちょっと異例な扱いを受けたこの人はどんなダンサーなのか興味津々です。
「ラプソディ」の前半はごく普通の振り付けで特に凄いシーンはなかったのですが、後半になって度肝を抜くような華麗なジャンプを披露してくれました。ちょっと類を見ない脚の使い方で回転していくもので、それも連続技で舞台を一周、さすがに若いだけに体力があります。目が釘付けになりました。ボリショイ並みのすばらしいダンサーがロイヤルバレーにも出現したというところでしょう。これから目が離せませんね。

LAURA MORERA & SERGEI POLUNIN
c0057725_957842.jpg

c0057725_9575387.jpg

次の作品「Sensorium」は振り付けが平凡でやや退屈なバレーながら、ニュネスとベンジャミンのダンスは見応えがありました。
c0057725_9593739.jpg


MARIANELA NUNEZ & RUPERT PENNEFATHER
c0057725_1002863.jpg


LEANNE BENJAMIN & THOMAS WHITEHEAD
c0057725_101423.jpg

最後の「ペンギンカフェの'静物画'」はクラシカルを基調としながらもポップ調が幅をきかすリズミカルな音楽に乗って、舞台奥に現れる静物画が表現するテーマに沿ったダンスが踊られるという趣向のものです。最後は天変地異みたいな雰囲気になってペンギン以外は全員ノアの箱船みたいなものに避難しておしまい。久しぶりにヤノウスキーを見ました。
c0057725_105067.jpg


ゼブラ姿のEDWARD WATSON、ZENAIDA YANOWSKY & GARY AVIS
c0057725_1053779.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-03-25 10:14 | バレー

吉田都さん主宰チャリティコンサートとバレー

2011年3月20日、ROH内リンブリー劇場にて。

JAPAN TSUNAMI APPEAL CONCERT
20 March 2011 4.00pm
LINBURY STUDIO THEATRE

第1部:器楽コンサート
Minuet (Luigi Boccherini) : Alice Ashmall-Umebara
Sonata G Minor (Geroge Frideric Handel) : Saki Uchishiba
Andantino 2nd Movement Concerto No.4 Op.65 (Georg Goltermann) : Kay Howard-Shigeno
Praeludium und Allegro (Fritz Kreisler) : Henry Ashmall-Umebara
En forme de Habanera (Maurice Ravel) : Daichi Sugimura
Double Concerto (J.S.Bach) : Saka Misa, Juri Uchishiba &May Howard-Shigeno
Cello Sonata 3rd Movement (Sergei Rachmaninov) : Natsumi Sugimura
Pianist: Yuki Negishi

第2部:バレー
Giselle Peasant pas de deux (Adolphe Adam)
Choreography Marius Petipa after Jean Coralli
Akane Takada & Kenta Kura

Swan Lake Act II pas de deux (Pyotr II'yich Tchaikowsky)
Choreography Lev Ivanov
Yuhui Choe & Ryoichi Hirano

Qualia pas de deux (Scanner)
Choreography Wayne McGregor
Mara Galeazzi & Edward Watson

La 8ayadere Act I Solo (Ludwig Minkus)
Choreography Madam Asami Maki
Hikaru Kobayashi

Cinderella Act II pas de deux (Sergey Prokofiev)
Choreography Madam Asami Maki
Miyako Yoshida & Valeri Hristov

Pianist: Kate Shipway

たまたまロンドンにいらしている元ロイヤルバレープリンシパルの吉田都さんが中心になって実現したチャリティ舞台です。急遽決まったイヴェントで、私は守屋さんのメールで前日に知り、すでに何枚かの切符を押さえていた守屋さんから切符を譲っていただきました。その日のうちに全席売り切れたようで、当日はキャンセル待ちの人たちが大勢ROHのボックスオフィスに行列していました。客は大部分が日本人ですが、地元の方々も大勢いらっしゃいました。

第1部の奏者は恐らくどこかの音楽学校に在籍している方々でしょうか10代前半が多く、チェロとヴァイオリンが中心です。短い曲ながら懸命の演奏で心が温まります。一番印象的だったのはクライスラーのヴァイオリン曲を弾いた少年で、暗譜での演奏姿も堂に入ったもの、しっかりと音楽を伝えてくれました。

第2部はロイヤルバレーに在籍している日本人ダンサーの中から高田茜さん、蔵健太さん、ユフイ・チェさん、平野亮一さん、小林光さん、それにこのイヴェントに賛同してくれたマラ・ガレアッツィ、エドワード・ワトソン、ワレリー・フリストフといったプリンシパルダンサーたちが吉田都さんと一緒に踊ってくれました。再び吉田さんのバレーを見ることは想像していなかっただけに感激でした。しかし、すべてのダンスの中ではマラ・ガレアッツィとエドワード・ワトソンによるモダンダンスが振り付けも含めて特段の印象を与えてくれました。とにかく美しい動きです。
あと、ユフイ・チェさんの白鳥の細やかな表現力にも感嘆しました。この人はきっとプリンシパルになるだろうという印象も持ちました。

最後は吉田さんのスピーチなどで締めくくられましたが、さて入場券売り上げ以外にどれくらいの寄付が集まったでしょうか。私も幾ばくかの寄付をしましたが、大勢の方が箱にお金を入れていましたのできっとかなりの額になったことでしょう。

カーテンコールの写真(クリックで拡大)
本日出演のダンサー達
c0057725_7555120.jpg


Miyako Yoshida & Valeri Hristov
c0057725_757178.jpg

c0057725_7575010.jpg


Edward Watson
c0057725_7584452.jpg


Mara Galeazzi
c0057725_7592337.jpg


Yuhui Choe
c0057725_801039.jpg


Hikaru Kobayashi
c0057725_803999.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-03-23 08:06 | バレー

ロイヤルバレーの「ジゼル」

2011年1月11日、ROHにて。

Music: Adolphe Adam revised by Joseph Horovitz
Choreography: Marius Petipa after Jean Coralli and Jules Perrot
Conductor: Koen Kessels

Giselle: Tamara Rojo
Albrecht: Carlos Acosta
Hilarion: Gary Avis
Wilfred: Valeri Hristov
Berthe: Genesia Rosato
Pas de six: Yuhui Choe, Ricarda Cervera, Akane Takada, Fernando Montaño, Iona Loots, Valentino Zucchetti
Myrtha: Laura Mcculloch
Moyna: Helen Crawford
Zulme: Sian Murphy

この演目は以前見たことがあるもののかなり前で記憶もあやふやなので今回久しぶりに見てみました。
ダンサーはロッホ、アコスタ、エイヴィスにマッカロッホもすべて不満のない出来です。それに加えてPas de sixのユフイ・チェも美しいダンスで楽しめました。相手役のリカルド・セルベラも結構頑張っていました。
管弦楽もよい出来でした。

終了直後のカーテンコール
c0057725_20543064.jpg

c0057725_215789.jpg

c0057725_2164253.jpg

c0057725_2173191.jpg


Tamara Rojo
c0057725_218269.jpg


Laura Mcculloch
c0057725_2184922.jpg


Carlos Acosta
c0057725_2192062.jpg


Gary Avis
c0057725_2195692.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-01-17 21:15 | バレー

ロイヤルバレー「シルヴィア」ドレスリハーサル

2010年11月1日、ROHにて。
c0057725_6181382.jpg

Sylvia: Ballet in three acts
Music: Léo Delibes
Choreography: Frederick Ashton

Conductor: Boris Gruzin
Orchestra of the Royal Opera House

Sylvia: Marianela Nuñez
Aminta: Rupert Pennefather
Orion: Gary Avis
Eros: Kenta Kura
Diana: Laura Morera

この演目はBBCのTV放送で見たことはあっても実際の舞台を見るのは初めてです。舞台装置も振り付けも大変よくできていて大いに楽しみました。ダンサー達もすべてすばらしい。
また管弦楽も絶好調で、音楽だけでもすごく楽しめました。指揮者ボリス・グルージンはたいしたもの。
タイトルロールのマリアネラ・ニュネスは優雅で気品のある踊りがとても魅力的です。相手役のルパート・ペニファーザーは久しぶりに見ましたが、すっかりプリンシパルダンサーとしての貫禄がつき、堂々と安定した踊りで、心地よいものでした。日本人男性はKenta Kuraのほかもう一人すごく足の長い人が出ていたけれど、名前はわからず。女性はYuhui ChoeとHikaru Kobayashiはわかりましたが。

カーテンコールの写真
Marianela Nuñez and Rupert Pennefather
c0057725_6191788.jpg

c0057725_62012.jpg


Marianela Nuñez
c0057725_621193.jpg


Rupert Pennefather, Laura Morera and Kenta Kura
c0057725_6223151.jpg


Gary Avis
c0057725_6235364.jpg


Iohna Loots and Paul Kay
c0057725_6242759.jpg


Conductor: Boris Gruzin
c0057725_625223.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-11-04 06:33 | バレー

バレー「オネーギン」(リハーサル)

2010年9月29日、ROHにて。
ONEGIN: BALLET IN THREE ACTS
MUSIC: KURT-HEINZ STOLZE AFTER PYOTR IL'YICH TCHAIKOVSKY
CHOREOGRAPHY: JOHN CRANKO
DESIGNS: JURGEN ROSE AFTER ORIGINAL 1969 DESIGNS FOR STUTTGART BALLET
CONDUCTOR: VALERIY OVSYANIKOV
ORCHESTRA OF THE ROYAL OPERA HOUSE

EUGENE ONEGIN: THIAGO SOARES
LENSKY: JOHANNES STEPANEK
MADAME LARINA: GENESIA ROSATO
TATIANA: ROBERTA MARQUEZ
OLGA: YUHUI CHOE
NURSE: FRANCESCA FILPI
PRINCE GREMIN: THOMAS WHITEHEAD

このバレーは2007年に一度見ています。その時はタチアナが手紙を書く場面でのコジョカルとコボーグのダンスに感動しましたが、今回の同じ場面、悪くはないもののそれほどの感動はありませんでした。ソアレスはニヒルなオネーギン役にはぴったりの風貌ですね。マルケスはオネーギンへの感情の綾や起伏がとても上手く表現していました。デュエットでは第1幕のオルガとレンスキーによるものが見ごたえありました。Yuhui Choeの踊りは大変魅力的です。
指揮者は前回見た時と同じ人でした。この演目の時はこの人が振ることになっているのでしょう。とてもこなれた演奏で音楽的にも楽しめました。ところで、この音楽のことは今まであまり深く考えなかったのですが、チャイコフスキーに基づいてシュトルツェという人が作曲したという経緯を調べたら、オペラ「エフゲニー・オネーギン」の音楽は全く入っていないんですね。詳しいことはWikiに述べられていますが、振り付けのクランコは南アフリカ出身ながらイギリスで振付家として名を成した人で、「エフゲニー・オネーギン」のバレエ化を決意した時、音楽はオペラと同じものを編曲して使うことを考えていたそうです。そしてロイヤルバレーでヌレエフとフォンテインを主役として上演する話が進んでいたけれど、オペラの音楽を使うことにロイヤルオペラハウスが難色を示し、更にクランコが芸術監督をしていたシュトゥットゥガルトバレーも同じ考えだったので、仕方なしにシュトルツェに作曲を依頼したそうです。彼はチャイコフスキーのピアノ曲などを寄せ集めて編曲したのでチャイコフスキーの名前は表記されているけれど音楽はオペラのものとは違うものになったのでした。

カーテンコールの写真
ROBERTA MARQUEZ and THIAGO SOARES
c0057725_7473930.jpg


THIAGO SOARES
c0057725_751170.jpg


ROBERTA MARQUEZ
c0057725_7515160.jpg


YUHUI CHOE
c0057725_7525721.jpg


YUHUI CHOE and JOHANNES STEPANEK
c0057725_7533691.jpg


VALERIY OVSYANIKOV
c0057725_754746.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-10-02 07:59 | バレー

ボリショイバレー「ドン・キホーテ」

2010年8月6日、ROHにて。
Don Quixote: Ballet in three acts
Music: Ludwig Minkus
Choreography: Marius Petipa
Conductor: Pavel Klinichev
Orchestra of the Bolshoi Theatre

Performers
Kitri: Natalia Osipova
Basilio: Ivan Vasiliev
Don Quixote: Alexey Loparevich
Sancho Panza: Alexander Petukhov
Gamache: Denis Savin
Juanita, Piccilia:Olga Stebletsova , Victoria Osipova
Street Dancer: Anastasia Yatsenko
Espada:Vitaly Biktimirov
Mercedes: Anna Balukova
Lorenzo: Egor S imachev
Lorenzo's Wife: Elena Bukanova
Duke: Alexei Fadeyechev
Duchess: Nino Astiani
Tavern Owner: Roman Simachev
Queen of the Dryads: Maria Allash
Cupid: Nina Kaptsova
Three Dryads: Angelina Vlashinets, Yulia Grebenshchikova, Olga Marchenkova
Four Dryads: Svetlana Pavlova, Yulia Lunkina, Maria Prorvich, Joo Yoon Bae
Spanish Dance:Kristina Karaseva, Ludmila Ermakova, Nino Asatiani
Gypsy Dance: Anna Antropova
Bolero: Anna Antropova, Evgeny Golovin
Grand Pas 1st Variation: Anna Tikhomirova
Grand Pas 2nd Variation: Anna Nikulina
その他

いやー、ボリショイバレーは凄すぎる!その実力をまざまざと見せてくれました。もう、舞台に釘付けです。今日の主役オシポワとワシリーエフの組み合わせは今回の公演でスパルタクス、海賊に次いで3回目ですが、このドン・キホーテの振り付けが彼らの持てる力を最高に発揮させるものと思いました。ワシリーエフが舞台狭しと飛び跳ねるダンスは全くミスのない完璧なもので1幕から3幕まで歓声を挙げながら見惚れるしかなかったです。それに対抗するようにオシポワまで高いジャンプを繰り返していましたがバレリーナでもこんなにジャンプするんだとびっくりしました。彼女はカーテンコールでもジャンプしながら出てきて観客を湧かせていましたよ。第3幕での二人のフェッテの競演も凄いもので、二人とも今夜は絶好調だったのでしょう。その他の出演者の踊りもすばらしくて本当に堪能しました。音楽は「海賊」を担当したのと同じ指揮者ですが、流麗な演奏で今日も文句なし。

カーテンコールの写真
第1幕終了後
Vitaly Biktimirov and Anna Balukova
c0057725_059047.jpg


Natalia Osipova and Ivan Vasiliev
c0057725_0593517.jpg


第2幕終了後
c0057725_101853.jpg


Nina Kaptsova as Cupid and three Dryads
c0057725_105914.jpg


公演終了後
c0057725_11304.jpg

c0057725_1218100.jpg

c0057725_12468.jpg

c0057725_131346.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-08-08 01:11 | バレー

ボリショイバレー公演「海賊」

2010年8月2日、ROHにて。
Le Corsaire: Ballet in three acts with epilogue
Music: Adolphe Adam
Choreography: Alexei Ratmansky and Yuri Burlaka (based on Marius Petipa)
Conductor: Pavel Klinichev
Orchestra of the Bolshoi Theatre

Medora: Maria Alexandrova
Conrad: Nikolai Tsiskaridze
Gulnare: Marianna Ryzhkina
Birbanto: Vitaly Biktimirov
Pas d’esclaves: Nina Kaptsova and Ivan Vasiliev
その他大勢

今回の公演は事前に調べて行ったストーリーとはかなり違っていてちょっと戸惑いましたが、要するにダンスを沢山お見せすればよろしいでしょうというスタンスか。とにかく登場人物が多くてダンスがこれでもかこれでもかと言うくらい盛りだくさんで、7時半開始の公演は2回のインターヴァルを挟んで終了は11時。ちょっと飽和気味でした。そのくせ一番人気の海賊首領コンラッド役のNikolai Triskaridzeが踊るのは第1幕と第2幕のほんのわずかで第3幕は全くなし。しかしそのわずかでも第2幕のメドラ役Maria Alexandrovaともども回転技には舌を巻きました。この部分が一番の見所でしょう。これ以外では第1幕で披露されるPas des esclavesで、先日スパルタクスで凄い踊りを見せてくれたIvan Vasilievが同じパートナー Nina Kaptsovaを相手に舞台狭しと飛び跳ねるダンスかな。
その他では第2幕で大勢のコールドの隙間を縫って踊られるMaria AlexandrovaとMarianna Ryzhkinaのダンスでしょうか。足技の見事さに感嘆しました。私はMarianna Ryzhkinaの方が好みかな。
管弦楽は特に不満のない出来。この作品はアダンの作ということになっていますが、音楽的にはドリーブはじめ合計6人の他の作曲家のスコアも付け加えられていてその分だけでも盛りだくさんです。
Nikolai Tsiskaridzeはロンドン公演では出演が今日で最後ということなので終演後はフラワーシャワーが浴びせられました。

カーテンコールの写真
Nina Kaptsova and Ivan Vasiliev
c0057725_19224026.jpg

c0057725_19231383.jpg


第1幕終了後のNikolai Tsiskaridze and Maria Alexandrova
c0057725_19235048.jpg


第2幕終了後のMarianna Ryzhkina and Maria Alexandrova
c0057725_19244255.jpg


終演後のMarianna Ryzhkina
c0057725_1926278.jpg


終演後のMaria Alexandrova and Nikolai Tsiskaridze
c0057725_19264130.jpg

c0057725_19272643.jpg


Maria Alexandrova, Nikolai Tsiskaridze and Marianna Ryzhkina
c0057725_1928146.jpg


指揮者Pavel Klinichevと共に
c0057725_19284593.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-08-04 19:44 | バレー

ボリショイバレー公演「コッペリア」

2010年7月22日、ROHにて。
c0057725_21123722.jpg

Coppélia: Ballet in three acts
Music: Léo Delibes
Choreography: Marius petipa and Enrico Cecchetti
Revised Choreography: Sergei Vikharev
Conductor: Igor Dronov
Orchestra of the Bolshoi Theatre

Swanilda: Natalia Osipova
Franz: Ruslan Skvortsov
Dr Coppélius: Gennady Yanin
and Artists of the Bolshoi Ballet

古典的な美しい舞台と衣装で心が和む。スパルタクスのように凄いテクニックを見せる場面はないがとても楽しめる舞台だった。会場で会った友人によるとスワニルダを踊ったナタリア・オシポワというダンサーはRising Starだそうだが溌剌とした動きの中にしなやかさがあり演技も上手い。フランツ役も若いダンサーでいいコンビだった。
この有名なバレーを見たのは今回が初めてであるが、演奏を聴いていて、「あ、このポピュラーなメロディはこのバレー音楽からだったんだ」と認識した次第。それがいくつもあるので浮き浮きしてしまった。指揮はとてもスムーズで美しい音が奏でられていた。

第1幕終了後のNatalia Osipova and Ruslan Skvortsov
c0057725_21144964.jpg


第2幕終了後のNatalia Osipova
c0057725_2115466.jpg


第3幕終了後
c0057725_21163413.jpg

c0057725_2119847.jpg


Conductor: Igor Dronov
c0057725_21172178.jpg


Choreographer: Sergei Vikharev
c0057725_21183250.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-07-24 21:21 | バレー

ボリショイバレー公演「スパルタクス」

2010年7月19日、ROHにて。

Bolshoi Ballet: Spartakus
Ballet in three acts, twelve scenes and thirteen monologues

Music: Aram Khachaturian
Choreography: Yuri Grigorovich
Conductor: Pavel Sorokin
Orchestra of the Bolshoi Theatre

Spartacus: Ivan Vasiliev
Phrygia: Nina Kaptsova
Aegina: Maria Allash (Svetlana Zakharovaの代役)
Crassus: Alexander Volchkov

題名役のイワン・ワシリーエフの力強くて華麗なダンスが見ものでした。人並みはずれた跳躍力と体力には感心しました。スパルタクスの妻、フリーギアを踊ったニーナ・カプソワはすばらしい踊りで第2幕と第3幕のスパルタクスとのデュエットもなかなか美しいものでした。ローマ軍の大将とそのパートナーもまあまあの踊り、兵士たちの群舞も見事で舞台としては大変楽しめました。
勇壮な場面での男性陣の振り付けはよく出来ていると思いましたが、女性ダンサーに対する振り付けはあまり印象的ではなく、また叙情的な場面でのデュエットはやや情感に乏しいもので、このあたりがケネス・マクミラン並に美しければすばらしい舞台になるのではないかと無いものねだりをしてしまいました。私はテクニックだけに特化したようなバレーよりも叙情的な場面での二人の美しいデュエットが好みなんだとつくづく思いました。
音楽はあまり好みではなく、第1幕などドラムやシンバルの多用でちょっと品がないのでは?という印象を受けたものです。

Nina Kaptsova and Ivan Vasiliev (第2幕終了後)
c0057725_313888.jpg

第3幕終了後
c0057725_321278.jpg


Nina Kaptsova, Ivan Vasiliev, Maria Allash and Alexander Volchkov
c0057725_325197.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-07-24 03:07 | バレー

吉田都さんロンドン最終公演「シンデレラ」

2010年4月23日、ROHにて。
c0057725_073426.jpg

CINDERELLA: Ballet in three acts
Music: Sergey Prokofiev
Choreography: Frederick Ashton
Conductor: Pavel Sorokin
Orchestra of the Royal Opera House

CAST
CINDERELLA: MIYAKO YOSHIDA
THE PRINCE: STEVEN McRAE
CINDERELLA'S STEP-SISTERS: LUKE HEYDON, WAYNE SLEEP
CINDERELLA'S FATHER: CHRISTOPHER SAUNDERS
FAIRY GODMOTHER: LAURA MORERA

ACT 1 SCENE 1
DANCING-MASTER: JOSE MARTiN
TWO FIDDLERS: MARK GREENSILL, DAVID HANESWORTH
A TAILOR ERNST MEISNER DRESSMAKERS: CELlSA DIUANA, DEMELZA PARISH
SHOEMAKER: MICHAEL STOJKO
HAIRDRESSER: JONATHAN WATKINS
A JEWELLER: LUDOVIC ONDIVIELA

ACT I SCENE 2
FAIRY SPRING: IOHNA LOOTS
FAIRY SUMMER: HIKARU KOBAYASHI
FAIRY AUTUMN: AKANE TAKADA
FAIRY WINTER: CLAIRE CALVERT

ACT ll
JESTER: PAUL KAY
THE PRINCE'S FRIENDS: RYOICHI HIRANO, VALERI HRISTOV, JOHANNES STEPANEK, ANDREJ USPENSKI
SUITORS: GARY AVIS, MICHAEL STOJKO

ACTIII
THE ENTIRE CAST

ロイヤルバレーで長年プリンシパルダンサーとして活躍してきた吉田都さんが今年夏に退団することが発表されたのが昨年で、いよいよ今日がコヴェントガーデンで踊る最後の日となった。演目のシンデレラというバレーは初めて見たが、それほど感銘すべきプロダクションではなく、それが彼女の最後というのはちょっと残念かもしれない。夏のロイヤルバレー日本公演では彼女はロメオとジュリエットを最終公演とするのでそちらの方が魅力的かも。そうは言っても彼女の踊りや立ち居振る舞いは素敵で極められた芸という感じがする。ロイヤルバレーの最高齢ダンサーとは言え、見た目には年齢的に衰えているわけではないのに退団してしまうのは勿体ない気がする。
相手役のスティーヴン・マクレは昨年11月のくるみ割り人形に続いてのお勤めであるが、今回も爽やかな踊りとサポートで楽しめた。
他の役では日本人ダンサーが3人も出演して見るのに大忙しといったところ。
振り付けはたいしたことが無いけれど、音楽はすばらしく、指揮も大変よくていい音が楽しめた。
特別な公演なのでカーテンコールの模様をヴィデオでお見せするとともに写真をたっぷりとアップしました。トップの写真も含めてすべてクリックで拡大します。



c0057725_082121.jpg


c0057725_09188.jpg


c0057725_092794.jpg


c0057725_010249.jpg


ジョナサン・コープも花束を持って駆けつけた。
c0057725_0104461.jpg


春夏秋冬の精を踊った女性たちと、王子の友人たち。
c0057725_0111232.jpg


床が花だらけなので足の踏み場を慎重に選ぶ吉田さん
c0057725_012086.jpg


c0057725_0123267.jpg


c0057725_013133.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-04-28 00:21 | バレー