2005年 06月 27日 ( 1 )

ウインブルドンテニストーナメント(2)

今日は中日の日曜で試合はお休みです。この1週間TVでいろいろな試合を楽しませてもらいましたが、その感想などを述べてみたいと思います。

男子第1シードのフェデラーはここまであまり危なげなく勝ち進んでいます。でも圧倒的に強いという印象はそれほど持っていません。彼はあのレベルですから昨年よりうまくなったかどうかは微妙。それに比べてランクの下の方の人は確実に実力を上げているので、その差は縮まっている印象です。でもやはり優勝候補の筆頭でしょう。エラーの数はそれほど少なくないのですが、スーパーショットの頻度はやはりかなりのもので、相変わらず見ていて気持ちがいいです。

第2シードのロディックも昨年と比べて成長している節は見えません。むしろサービスの速さでは昨年より落ちている感じです。昨年は最高時速146マイル(234km)付近をばんばん出して我々を驚かせたものですが、今年はせいぜい130マイル台です。じゃあストロークがより安定したかというとそうでもなく、2回戦で対戦したイタリアのブラッチアリが同程度のサービスを連発して力強いストロークで攻めてきたときは負けるんじゃないかと思ったくらいです。主催側もまさかフルセットになるとは思わなかったみたいで、時間の読みを誤って日没中断にまでなってしまった。二日にわたったとはいえ、この試合はすごく面白かった。とてもエキサイティングでしたね。

第3シードのヒューイットはまあ順調に来ているので往年の力を取り戻しつつあるようです。このまま勝ち続けて準決勝でフェデラーと対戦するでしょう。これは楽しみです。

第4シードの全仏覇者ナダルはあっさりと2回戦負けで、本人が戦前に語っていたようにやはりローンコートはかなり不得意なのでしょう。

第5シードのサフィンは意外にもスペイン人のロペスに負けてしまいました。しかしこの試合でのロペスは絶好調で、4回戦で当たるアンチッチも戦々恐々でしょう。同国人のナダルが観客席からこの試合を見ていましたが、「なるほど、ローンではああするのか」といったかどうかは不明ですが、かなり先輩の試合を感嘆して見ていました。

第6シードはわれらがイギリスの英雄ヘンマンだったのですが、今の実力からするとまあ順当負けでしょう。第6シードにしたのは主催側の贔屓であることはみんな知っています。

ということで、月曜からの4回戦は、
   (1)フェデラー対フェレーロ
   (2)ゴンザレス対ユーズニ
   (3)ヒューイット対デント
   (4)アンチッチ対ロペス
   (5)ミルニー対ヨハンソン
   (6)ナルバンディアン対ガスケ
   (7)トゥルスノフ対グロジャン
   (8)コリア対ロディック
となります。この中の(5)と(6)の中の4人から誰が準決勝まで進むか、私は彼らを全くウオッチしていなかったので全然予想がつきません。シードの順位からするとヨハンソンが一番上なのですが。

ところで、25日の土曜日はロンドンへのオリンピック誘致活動の一環としてそれに協力的なオリンピックメダリストなど数十人を招待してセンターコートで見てもらうというイベントがありました。招待客の中にはかつてのアメリカのテニス女王ビリー・ジーン・キングや俳優のショーン・コネリーもおり、最後まで試合を楽しんでいました。特にショーン・コネリーは同じスコットランド人のマレイという18歳のホープを声を上げながら応援していましたね。残念ながらフルセットの末逆転負けしてしまいましたが。これでイギリス勢は全滅です。

女子の方は4回戦の組み合わせは、
   (1)ダヴェンポート対クライシュテルズ
   (2)マレーヴァ対クズネツォワ
   (3)モーレズモ対リコフツェワ
   (4)ミスキナ対デメンティエワ
   (5)ペンネッタ対ピアス
   (6)ウイリアムス対クレイバス
   (7)ペトロワ対ペシュケ
   (8)デシー対シャラポワ
この中では(1)の試合が見ものですね。クライシュテルズが大分復調していますから。でもダヴェンポートにはかなわないかな。
あと、(6)が興味津々です。クレイバスの昨日セリーナ・ウイリアムスを倒しているので姉妹退治がなるかどうかです。あの試合はほんとに面白かった。野獣のように吼えたり悲鳴を上げたりしながらばしんばしん打つセリーナに対して全く表情を変えず黙々と、時には私は何でこんなつまらないことをしているんだろう、みたいな顔をしながら、すごいプレースメントを連発した31歳のクレイバスに感嘆しました。曇天の上8時半を過ぎてかなり暗くなっていたので明日に延期しましょうみたいなことを審判に訴えていたけれど、続けてプレーしてよかったね。2セット連取して(2セット目はタイブレーク)勝ったら初めて笑顔を見せて小躍りして喜んでいました。
[PR]
by dognorah | 2005-06-27 08:04 | テニス