シュトラウスのオペラ「Capriccio」

2008年10月9日、ヴィーン国立歌劇場にて。
c0057725_1933251.jpg

Capriccio
Ein Kanversationsstück für Musik
Text von Clemens Krauss und Richard Strauss
Musik von Richard Strauss

Dirigent: Philippe Jordan
Inszenierung, Bühne und Licht: Marco Arturo Marelli
Kostome: Dagmar Niefind
Choreographie: Lukas Gaudernak

CAST
Die Gräfin: Renée Fleming
Der Graf: Bo Skovhus
Flamand: Jörg Schneider (Michael Schade の代役)
Olivier: Adrian Eröd
La Roche: Wolfgang Bankl
Die Schauspielerin Clairon: Angelika Kirchschlager
Monsieur Taupe: Peter Jelosits
Eine italienische Sängerin: Jane Archibald
Ein italienischer Tenor:. Ho-yoon Chung
Der Haushofmeister: Clemens Unterreiner

Orchester der Wiener Staatsoper

今年の6月にプレミエだったものをほぼ同じ出演者で再演したものです。因みに題名の「Capriccio」というイタリア語は、気紛れなどの意味があります。

まず特筆すべきはジョルダンの指揮。とてもよくコントロールされた美しい表現がすばらしい。前奏曲こそ眠くなるような音楽でしたが、どんどん調子を上げて最後は乗りに乗っている様が伝わってきます。この人は何度も聴いているけれど何を聴いても安心して任せられるという印象です。

歌手ではルネ・フレミングが相変わらずの美声を響かせ、最後の長大なアリアも見事でした。彼女の声がこの役に最適かどうかはよく分かりませんが。私の持っているDVDではキリ・テ・カナワが主演ですが声質は似ているという印象です。
舞台監督を演じたヴォルフガンク・バンクルもすばらしい歌唱で、終始艶のあるバスはとても心地よく響きます。
ミヒャエル・シャーデの代役は姿が似ているせいか声まで似ていてなかなか上手いものでした。詩人役を演じたアドリアン・エレートはやや調子が悪く、今まで聴いた中では最低の出来。声に艶のない時が多かった印象です。
キルヒシュラーガーは時折彼女らしい美声が聴けたものの全般的にはやや不調でした。
ボー・スコーフスは終始よい歌唱でした。しかしこの人は演技が下手だなぁという印象。

演出はよくできたものです。舞台も全体的に美しいし衣装もまあまあ。全てのオペラ関係者が退出した後、伯爵夫人が一人になる場面は特によく出来ていて、彼女のドレスや豪華なネックレスやドレスアクセサリーに使われた宝石類も舞台と非常に良くマッチした気品のあるものです。登場人物と音楽をそのままにして行われる舞台転換もスマートでよく出来ています。

オペラとしてはストーリーというものがほとんど無く、会話ばかりなのでやや退屈ですが、音楽がすばらしくてそれを補っていますので、いい歌手を揃えて上演しないと失敗する気がします。

トップの写真は終演直後に舞台上で挨拶するRenée Flemingです。
次の写真は指揮者Philippe Jordanと笑顔を交わすところ。
c0057725_19335959.jpg

次の写真はいつものカーテンコールで、彼女の右側がWolfgang BanklとAngelika Kirchschlagerです。この写真の伯爵夫人の衣装の色が一番現実に近いです。
c0057725_19344150.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-10-11 19:41 | オペラ
<< ヴァン・ゴッホ展 – Albe... ハーディング指揮LSO >>