「パルジファル」公演

2008年8月16日、バイロイト祝祭劇場にて。
第3幕終了後の舞台
c0057725_8484372.jpg

Parsifal
Musicalische Leitung: Daniele Gatti(イタリア人)
Inszenierung: Stefan Herheim(ノルウエー人)
Bühnenbild: Heike Scheele

CAST
Amfortas: Detlef Roth(ドイツ人)
Titurel: Diógenes Randes(ブラジル人)
Gurnemanz: Kwangchul Youn(韓国人)
Parsifal: Christopher Ventris(イギリス人)
Klingsor: Thomas Jesatko(ドイツ人)
Kundry: Mihoko Fujimura(日本人)
Gralstritter 1: Arnold Bezuyen
Gralstritter 2: Friedemann Röhlig
Knappe 1: Julia Borchert
Knappe 2: Ulrike Helzel
Knappe 3: Clemens Bieber
Knappe 4: Timothy Oliver
Klingsols Zaubermädchen: Julia Borchert, Martina Rüping, Carola Guber, Anna Korondi, Jutta Maria Böhnert, Ulrike Helzel
Altsolo: Simone Schröder

国際色豊かなキャストながらすばらしいとしか言いようのない感動的名演でした。今年の新演出であり、目玉だったこのプロダクションは演出と指揮と歌手に最高クラスの人材を投入したのでしょう、瑕のない立派な公演となりました。

まず筆頭にあげたいのはバイロイト初登場のダニエレ・ガッティの名指揮。これまでの6公演を聴いてきてほぼ最後列の席から聞こえる音というのは把握していたつもりですが、それらを更に凌ぐ響きが聞こえてきたのです。前奏曲から最後まできちっとオケを把握した音楽作りで、終始遅めのテンポを緊張感を失わずに持続していました。どのシーンでもまず音楽が主張し、それがかなり不可解な演出にしても舞台とちゃんとマッチしているのです。
そして歌手達。第1幕でまずヨーンの歌唱に圧倒されます。第2幕では出てくる歌手が次から次と持てる力を発揮。タイトルロールのヴェントリスはコヴェントガーデンで聴いたときよりちょっと太っており、それが良かったのか圧倒的な声量と美声で、今までで最高の歌唱でした。藤村はヴィーンで聴いたクンドリーの時の方がより純度の高い声でしたが、声量は今回の方があります。アンフォルタスを歌ったロトは初めて聴く歌手ですが声もよく苦悩が十分感じられる表現でした。第3幕での歌唱も立派。クリングゾルを歌ったトーマス・イェサトコも初めて聴いたと思いますが、脇役にしては立派な声です。

演出は、前奏曲開始とともに舞台上で無言の劇が進行します。子供時代のパルジファルと臨終のお母さんなどが登場するシーンは後にクンドリーによって語られる内容に基づいているように思えます。登場人物は、パルジファル、クンドリー、アンフォルタスなど一部を除いて全員背中に天使のように羽をつけていますが意味はよくわかりません。終幕に至るまで時代背景が交錯していますがそれも意図はよくわかりません。アンフォルタスの最後の儀式では大会社のプレゼンテーションルームみたいで全員背広姿です。外国人演出家だから出来たことだろうと思いますがナチスが堂々と出てきます。もっとも、クリングゾル側なのでパルジファルによって壊滅させられますが。パルジファルは第2幕までは終始セーラー服と半ズボンの子供姿でずっと子供時代に使った木馬が舞台の片隅に置かれ、クンドリーとの葛藤を経てようやく大人に脱皮します。彼に関するドラマは折に触れ子供俳優を使って丁寧に演じられその意味するところを推測させるのもおもしろい演出です。最後はクンドリーは死なずグルネマンツと抱擁して幕となるのも新鮮。なんだかんだとアイデア盛り沢山で消化不良気味ですが、不思議と音楽とともにそのまま受け入れてしまうような感じで、是非もう一度見たい演出です。舞台装置がまたすごくて、豪華な上に機能的によく設計された秀逸なものです。舞台のズームアップなんて初めて見ました。鏡を多用して視覚的な多様性も狙っていましたが、その鏡にガッティ指揮するオーケストラが映ったのは普段見えないだけにいいサーヴィスでした。解釈的には考えさせられる余地が多いものですが第一印象としては良くできた演出だと思いました。

第2幕終了後のMihoko FujumuraとChristopher Ventris
c0057725_8492870.jpg


珍奇な格好をしたクリングゾルのThomas Jesatko
c0057725_8501671.jpg


第3幕終了後。左からChristopher Ventris、Mihoko Fujumura、Kwangchul Youn、Detlef Roth
c0057725_8505581.jpg


Daniele Gatti
c0057725_851293.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-08-18 09:00 | オペラ
<< BBC交響楽団のチェコ音楽:P... 「ニュルンベルクのマイスタージ... >>