BBCプロムス – メシアンの大作

2008年7月27日、RAHにてPROM 14。

Messiaen: La Transfiguration de Notre Seigneur Jésus-Christ

指揮: Thierry Fischer
BBC National Orchestra of Wales
BBC Symphony Chorus
BBC National Chorus of Wales

ピアノ、フルート、クラリネット、チェロ、サイロフォン、マリンバ、ヴァイブラフォンという7人の独奏者と大合唱団、それに多種類の打楽器を擁した大編成管弦楽で演奏時間が約100分という大曲です。
金属系の打楽器が各種打ち鳴らされた後グレゴリア聖歌を思わせる男声合唱が導入されます。その後各種独奏者やオケが多彩な音を響かせますが、終始打楽器奏者は忙しい曲です。舞台を見ながら聴くと演奏される楽器を目で追うので全く退屈しません。合唱は男女とも大変上手く、質の高いアンサンブルを響かせます。非常に宗教的な曲であるせいかもしれないし、またあまりにも多彩な楽器構成のせいかもしれませんが、曲全体から受ける印象はちょっとぼんやりして感動というのはなかったです。
恐らく大編成であるが故に滅多に演奏されることはなく、生誕100年だからこそ聴けたのでしょう。最初にして最後の経験であることは間違いなし。
[PR]
by dognorah | 2008-07-31 02:01 | コンサート
<< モンテヴェルディのオペラ「ポッ... モーツァルト「皇帝ティートの慈... >>