チャイコフスキーのオペラ「エフゲニー・オネーギン」公演

2008年7月13日、バイエルン州立歌劇場にて。
終演後のケント・ナガノと出演者達。
c0057725_0345844.jpg

Conductor: Kent Nagano
Production: Krzysztof Warlikowski
Set and Costumes: Malgorzata Szczesniak
Choreography: Saar Magal
Lighting: Felice Ross
Chorus: Andrés Máspero
Dramaturgy: Miron Hakenbeck, Peter Heilker

CAST
Larina: Iris Vermillion
Tatjana: Tatiana Monogarova
Olga: Elena Maximova
Filipjewna: Elena Zilio
Eugen Onegin: Michael Volle
Lenski: Marius Brenciu
Fürst Gremin / Saretzki: Günther Groissböck
Triquet: Guy de Mey

The Bavarian State Orchestra
The Chorus of the Bavarian State Opera

ヴィーンで見た「ドン・カルロ」でエリザベッタ役を歌ったOlga Guryakovaがタチアナ役で出演するのが決め手になってこのオペラの切符を買ったのですが残念ながら彼女は降板してしまいました。よくあることなのでまたの機会を楽しみにしましょう。

代役はやはりロシア人のTatiana Monogarovaという初めて名前を聞く人です。スタイルのいい人で見栄えがしますし歌も上手なのですが声は非常に魅力的というわけではありません。それでも前半はかなりよかったのでまたいいソプラノを見つけたかな、と思っていたらだんだん声が周波数的に分散するような状態になりそれは時間と共にどんどん増大してかなりがっかりさせられました。グリャコワのキャンセルが痛い。

オルガを歌ったElena Maximovaは特別なキャラクターには欠けるものの無難なメゾソプラノで悪くないです。

今日はレンスキー役に予定されていたChristoph Strehlも急病なのか代役が歌いました。ルーマニア生まれのMarius Brenciuというテノールです。声は美しくて魅力的ですがやはりキャラクターに乏しく、3月にROHで聴いたベチャラなどの一流どころと比べると単に優等生的という印象です。急な代役だから仕方がないかもしれませんが。

タイトルロールを歌ったMichael Volleは水準以上の歌唱ですが特段凄いと言えるわけではありません。アリアなどちょっと一本調子で、聴いていてわくわくするような歌唱ではないのが残念です。プリンス・グレミンを歌ったGünther Groissböckは姿形も若々しく力強い歌唱が印象的で、低音もよく響いていました。

ケント・ナガノ指揮のオケは質の高いいい音を出して「さすが」と思わせる演奏ですが、チャイコフスキーの音楽としてはやや流動感に乏しく、これも3月にROHで聴いたビエロフラーヴェクの指揮にはかないません。

演出は大変変わったものでゲイダンサーを始めカラオケやTV、カセットレコーダーなどが出てくる現代読替ものですが、既に普通の伝統的舞台を見たことがある人には受け入れられる範囲のものと思います。しかし初めてこのオペラを見る人にはあまりお勧めできません。叙情的な味がこのオペラのすばらしい一面だと思うのですがそれが払拭されています。タチアナだって読書シーンはあるものの現代娘的キャラクターで、最初のオルガとの二重唱はマイク片手にクラブで踊りながら歌うものだし、オネーギンへの告白を拒否された後も、「本当に好きなのよ」といわんばかりに脚を彼に絡めてまで追いすがる積極さも見せます。訳の分からない場面も満載で、決闘シーンだって二人でダブルベッドの上で悶々としているし、その部屋のガラス窓の外ではカウボーイ姿の男達が女の人形相手に輪姦シーンを描出しているし、レンスキーが殺された後は彼等が女装してベッドの周りを踊り回るし、どうもいまいち解釈に困るものの特に不愉快でもないです。文句を言いたいのは登場人物達があまりにも頻繁にたばこを吸うことで、最後にタチアナに振られたオネーギンもむしゃくしゃした気持ちを吹っ切るかのようにたばこを吸って幕。スポンサーにたばこ会社が付いているのかと疑ってしまいました。

ホールの音響について高い席だったにも拘わらず不満がありました。今回は1 Rangの中央やや右よりの最前列で、舞台を見るには最高ですが、歌手の歌う場所によってはすぐ後ろの天上と壁の間で共振するらしく、まるでそこにスピーカーがあるがごとくの音になりかなり不愉快でした。歌手が舞台の右端3分の1あたりで歌うとその現象が起きます。席が異なると歌手のポイントも違ってくるのでしょうけれど。翌日座った3 Rangの同様の席ではそういう現象は一切ありませんでしたし、10年ぐらい前に平土間で聴いたときも欠点は感じませんでしたので、1 Rang特有の現象なのでしょう。

10年前にここで「ヴァルキューレ」を見たときのことは仕事の合間だったせいかあまり憶えていないので、今回劇場を始めいろいろ新鮮に見ることが出来ました。観客のおしゃれ度はかなりのものでドレスデン、ヴィーン、パリ、マドリードなどのどこよりも服装に気を使っている感じでした。劇場はロビースペースが広々しているのも気持ちがいいです。インターヴァルには座席出入り口の鍵をかけてしまうので席に貴重品を残しても安心ですね。この日は気温が20度程度だったので多分エアコンは効いていなかったと思いますが、上の方の階に行くにつれて気温が上昇しているのはロンドンのロイヤルアルバートホールと同様でした。最上階はかなり暑いです。

下の写真はカーテンコールのTatiana MonogarovaとMichael Volleです。
c0057725_0353181.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-07-17 00:40 | オペラ
<< ヴェルディのオペラ「ナブッコ」公演 モーツァルトのオペラ「コジ・フ... >>