ドレスデンの「タンホイザー」公演

2008年6月25日、ゼンパーオーパーにて。
c0057725_19474569.jpg

TANNHÄUSER und der Sängerkrieg auf Wartburg
Große romantische Oper in drei Aufzügen von RICHARD WAGNER

Musikalische Leitung Christof Prick
Inszenierung Peter Konwitschny
Bühnenbild Hortmut Meyer
Kostüme Ines Hertel
Dramaturgie Werner Hintze
Choreinstudierung Matthias Brauer

CAST
Landgraf Hermann von Thüringen Georg Zeppenfeld
Tannhäuser Robert Gambill
Wolfram von Eschenbach Christoph Pohl (für Olaf Bär)
Walther von der Vogelweide Martin Homrich
Biterolf Michael Eder
Heinrich der Schreiber Tom Martinsen
Reinmar von Zweter Rolf Tomaszewski
Elisabeth, Nichte des Landgrafen Brigitte Hahn (für Catherine Foster)
Venus Michaela Schuster
Ein junger Hirt Lydia Teuscher
Vier Edelfrauen Gabriele Müller, Ute Siegmund, Barbara Leo, Claudia Mößner

今回のドレスデン訪問の目的であったこのオペラは欧州では初の経験ですが、特に優れた歌手もいなくて出来としては水準程度かという印象です。そういうレヴェルのせいか、会場内は空席が結構目立ちました。
歌手陣では、タンホイザーを歌ったアメリカ人テノール、ロバート・ギャンビルは高音までよく伸びる声ながら時たま不快な声が出ます。全体としてはまあまあといったところ。
ヴォルフラムはオラフ・ベールの代役クリストフ・ポールが歌いましたが充分楽しめる声と歌唱でした。
エリザベト役はキャサリン・フォスターの代役ブリギッテ・ハーンが歌いましたが第2幕では声に張りがなくてハスキーで極めて不満足。第3幕でやや改善されたものの声質は好みではありません。かなり年増で50代後半か。がっかり。
ヴェヌス役のソプラノ、ミヒャエラ・シュスターは透明感のある声でよかったのですが第3幕ではヴィブラートが多くなってやや興醒め。
領主ヘルマン役のゲオルク・ツェッペンフェルトは声量あるバスがすばらしく、今回の歌手陣の中では一番光っていました。
また、合唱は本当にすばらしかったです。
クリストフ・プリック指揮のオケは重厚で美しい響きを出してヴァーグナーにふさわしいものでした。
このプロダクションは1997年プレミエのもので、演出はペーター・コンヴィチュニーですが、全体に訳の分からない部分はあるものの納得できるものでした。ただ、最後はエリザベトとヴェヌスが抱き合って終わるというのは非常にユニークです。しゃべっている言葉が分からないので子細は不明ですがありきたりの女性の死による救済とは違う解釈はあってもいいでしょう。細かいところでは、第1幕で大小様々なタンホイザー人形を弄ぶヴェヌスの取り巻き女性達とか、剣を使うときに手に嵌める甲冑をタンホイザーが終始手放さなくて、一度だけエリザベトの右手に嵌めさせることの意味などよく分かりません。いろいろ解釈を考えさせられますが、なるほど巷で評判のコンヴィチュニー、なかなか才能のある演出家であることはよく分かりました。面白いです。
舞台装置は第1幕が特に奇抜なものですが第2幕第3幕はそれなりに美しく、よく考えられたものです。第3幕では階段状の舞台が作られていますが、その下に左右に分かれた部屋があり全く別のオケ奏者達が10分程度演奏していました。それぞれに指揮者がいたので都合3人の指揮者が振る姿が私の3階席からは見えましたが、そういうヴァーグナーの指定なのか今回のプロダクションの創作なのか不明です。衣装はあまりいただけません。タンホイザーは終始パジャマのようなものを着ています。ヴェヌスは顔を青く塗っていますが尋常の世の人じゃないという意味付けでしょうか。

第2幕終了後の舞台
c0057725_19484756.jpg

第3幕終了後の舞台
c0057725_19491720.jpg

挨拶する出演者。左から、Christoph Pohl、Brigitte Hahn、Robert Gambill、Georg Zeppenfeldです。
c0057725_19494958.jpg


終演後は前日に続いて近くのレストランで食事をし、ホテル帰還は午前様。タクシーに乗っているとドイツの小旗をつけた車がピーピーとクラクションを流して走り回っており、ああドイツがトルコに勝ったんだ、と分かりました。非ドイツ人らしき運転手にスコアを確認しましたがあまり愉快そうではなかったのでひょっとして彼はトルコ人だったのかもしれません。
[PR]
by dognorah | 2008-06-29 19:55 | オペラ
<< トゥランガリラ交響曲演奏会 ヴェルディのオペラ「リゴレット」公演 >>