ヴェルディのオペラ「リゴレット」公演

2008年6月24日、ドレスデン州立歌劇場(ゼンパーオーパー)にて。

Rigoletto
Oper in drei Akten von Giuseppe Verdi

Musikalische Leitung: Fabio Luisi
Inszenierung: Nikolaus Lehnhoff
Bühnenbild: Raimund Bauer
Kostüme: Bettina Walter
Lichtdesign: Paul Pyant
Choreografie: Denni Sayers

CAST
Der Herzog von Mantua: Juan Diego Flórez
Rigoletto: Željko Lučič
Gilda: Diana Damrau
Graf von Monterone: Markus Marquardt
Graf von Ceprano: Markus Butter
Gräfin Ceprano: Kyung-Hae Kang
Marullo: Matthias Henneberg
Borsa: Oliver Ringelhahn, Timothy Oliver
Sparafucile: Georg Zeppenfeld
Maddalena: Sofi Lorentzen
Giovanna: Angela Liebold
Ein Page: LinLin Fan

Tさんとロンドンの椿姫さんと3人でドレスデンにオペラを見に行こうという話が5月にまとまり、やはりヴァーグナーを見たいということで、ネットで切符が取れたタンホイザーを目的に行きました。到着はタンホイザー前日の24日で、飛行機の中で椿姫さんからこの日は人気が高くて切符が売り切れたフローレス出演の「リゴレット」があるという話を聞いていました。フライトも順調に到着し、ホテルにも意外に早くチェックインできたので、劇場に行ってもし切符が入手できるようならこれも見ましょうということで3人の意見が一致。で、行ってみたら当日売り目当ての行列もあったけれど、ダフ屋が出ていました。かなり高かったけれど3人とも見たいという欲求には勝てずイージーゴーイング。
割といい加減な気持ちで見たわけですが、これが私が見た中では過去最高のレヴェルの高い公演でした。まず、フローレス、ダムラウ、ルチッチの3人がすべて上手い上に絶好調で、更にルイージ指揮のオケもすばらしい演奏で、それに加えて演出と舞台もとてもよくできたもので、うなってしまいました。
マントヴァ公爵としてのフローレスの声は私にはマルセロ・アルバレスよりも好みです。終始例の美声が全開で、第1幕第2場のジルダとの二重唱もダムラウのすばらしさもあって圧巻でした。
リゴレットを演じたジェリコ・ルチッチはROHのラ・トラヴィアータでジェルモンをやったことがあり、そのときのすばらしい歌唱はよく憶えています。そしてこのリゴレットも文句のつけようがない立派な歌唱でした。素直で抜けのよい安定感ある声と類い希な格調高い歌唱で終始感動的でした。ただ、リゴレットという役柄は外面的に道化でも内面的にまじめな性格ですが、ルチッチの場合ほとんど道化としての柔らかい面は出ていなくて終始まじめ一方というのがちょっと気になるところです。演出がそういう方針なのでしょうか。
ジルダを歌ったディアナ・ダムラウもそれに劣らず安定した音程と魅力的な声による情感たっぷりの歌唱で親子コンビでも公爵との熱愛コンビでも第一級のドラマティックな高みに達していたと思います。ROHで夜の女王をやった時みたいに濃い特殊メーキャップもしていないので、美しさにも惚れ惚れです。
この3人に加えて、殺し屋スパラフチレを歌ったゲオルク・ツェッペンフェルトの低音もなかなかのものでした。
しかしマッダレーナを歌ったゾフィ・ロレンツェンの声、歌唱ともあまり魅力的ではないです。したがって第3幕の4重唱はちょっと瑕があるものの後の3人が凄かったのでよい印象です。
指揮のファビオ・ルイージは初めて経験しますが、ヴェルディ音楽を魅力たっぷりに響かせる好感の持てるもので、厚みあるオケの音にも感動しました。
演出と舞台もかなりいい線を行っており、現在のROHのもの(マクヴィカー)より好きです。マントヴァ公の宮殿の黒大理石も豪華だし、ヌード女性を徘徊させたり怪しげな動作をするカップル達で退廃的な雰囲気もきちんと出ています。第二場のリゴレットの家はちょっと変な作りですがまあまあ。しかし第3幕の居酒屋はあまりいただけません。恐らく空を描写する空間をたっぷり取りたいがために、居酒屋そのものは極力小さく簡素にしたのでしょう。リゴレットの性格付けは先に述べたようにあまり道化という雰囲気はありません。前奏曲が鳴っている最中に彼がプロンプターボックスから這い出し、まじめで厳しい顔つきをしながら道化の衣装を身につけていきます。最初から道化はほんの仮の姿であることを強調しているようです。しかしながら細かいところがあちこち凝っていて、リゴレットは宮殿では30センチぐらいの金色の棒をいつも持っているのですがよく見ると(席が前から3列目だった)凄くエロティックなもので、棒の先がヌード女性の下半身に刺さったものです。また、ジルダがマントヴァ公に犯された後では彼女の白いドレスの下腹部が血で汚れているなど生々しさも感じます。
このプロダクションのプレミエは3日前の21日でしたが、来期の再演はごくローカルな歌手達ばかりで、ドレスデンにしては今回の歌手陣は異例の豪華さであることが分かりました。

下の最初の写真は第2幕終了後のもので、左からŽeljko Lučič、Diana Damrau、Juan Diego Flórezです。
c0057725_2254670.jpg

次の写真は公演終了後のもので、左からGeorg Zeppenfeld、Juan Diego Flórez、Diana Damrau、Željko Lučičです。
c0057725_2262732.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-06-28 02:38 | オペラ
<< ドレスデンの「タンホイザー」公演 バーンスタインの「キャンディー... >>