バーンスタインの「キャンディード」ロンドン公演

2008年6月23日、ENOにて。

2年前の暮れにパリで初演されたカーセンのプロダクションがミラノのスカラ座を回ってやっとロンドンにやってきましたので、初日を見てきました。
パリからのTV放送を見ていたとは言え、やはり生で見ると楽しいです。最初はアメリカの50-60年代の映像が序曲をバックに流されますが、その音楽の何と活き活きしていることか。指揮者とオケに拍手です。また、主役のキャンディードにはちゃんとしたオペラ歌手であるトビー・スペンスが起用されましたがパリで主演したウイリアム・バーデンより歌がずっと上手かったので全体としてもいい出来だったと思います。相手役のクネゴンデはパリと同じです。ヴォルテールは当然のことながらここではすべて英語で話します。
5人の政治家が水着姿で出てくるところは現在の状況に応じて変えられていて、最初に舞台に出てくるのはシラクではなくブレアです。やはりロンドンでも受けていました。そして台詞も「僕ちゃん首相を辞めちゃったもんね」、シラクが「ワシもだよ」、ブッシュ「俺ももうすぐ引退さ」、プーチン「同じく辞めちゃったけど、ベルルスコーニ君、君は復活したね」など。ヴィデオを見ればもっと違いがいろいろ見つかるでしょうけれど。
この初日は満席でしたが、他の公演日は早くもディスカウントチケットが出回っているようです。
下の最初の写真はクネゴンデを歌ったAnna Christyとエールを送るToby Spence。右端はヴォルテール役のAlex Jennings。
c0057725_914021.jpg

次の写真は、盛大な拍手で成功裏に終わって上機嫌のRobert Carsenです。
c0057725_9143897.jpg

Candide
Comic operetta in two acts
Music by Leonard Bernstein
Lyrics by Richard Wilbur, additional lyrics by Stephen Sondheim, John Latouche, Lillian Hellman, Dorothy Parker and Leonard Bernstein
Book adapted from Voltaire by Hugh Wheeler, freely adapted by Robert Carsen and Ian Burton
Orchestrations by Leonard Bernstein and Hershy Kay, with additional orchestrations by John Mauceri

Conductor Rumon Gamba
Director Robert Carsen
Set designer Michael Levine
Costume designer Buki Shiff
Lighting designers Robert Carsen and Peter Van Praet
Dramaturg lan Burton
Sound designer Nick Lidster
Choreographer Rob Ashford

Cast
Voltaire, Pangloss, Martin:Alex Jennings
Candide:Toby Spence
Cunegonde:Anna Christy
Old Lady:Beverley Klein
The Grand Inquisitor, Captain, Governor, Vanderdendur, Ragotski:Bonaventura Bottone
Paquette:Mairéad Buicke
Maximilian:Mark Stone
Cacambo:Ferlyn Brass
Baron:James Glenister
Sailor:Simon Butteriss
Officer 1:Adrian Brand
Officer 2:Graeme Danby
Immigration Officer Aide:Philip Sheffield
Jazz Band Musician:Claire Mitcher
The Beggar:Thierry Laurion
[PR]
by dognorah | 2008-06-27 09:25 | オペラ
<< ヴェルディのオペラ「リゴレット」公演 ヴォーン ウイリアムズのオペラ... >>