ベリーニのオペラ「カプレティ家とモンテッキ家」

2008年6月8日、パリオペラ座バスティーユにて。
c0057725_945167.jpg

I Capuleti ed i Montecchi
Opéra en deux actes
Musique: Vincenzo Bellini
Livret: Felice Romani

Direction musicale: Evelino Pidò
Mise en scène: Robert Carsen
Décors et costumes: Michael Levine
Lumières: Davy Cunningham
Orchestre et Chœurs de l'Opéra national de Paris

CAST
Capellio: Giovanni Battista Parodi
Giulietta: Anna Netrebko
Romeo: Joyce DiDonato
Tebaldo: Matthew Polenzani
Lorenzo: Mikhail Petrenko

初めて見るオペラです。ネトレプコが出演するというのでなければわざわざパリまで見に行くこともなかったでしょう。しかしキャンセルのリスクを心配しながらも行ってよかった。予定通り出演したネトレプコの歌唱はそれはそれはすばらしく、いつものあの柔らかく透明な声が全開で第1幕第2場冒頭のアリア“Oh! Quante volte”で早くも涙が出そうになったくらいです。世の中にはネトレプコのことが嫌いで彼女が歌うベルカントオペラを「あんなの、ベルカントじゃないよ」と悪口をたたく人も沢山いることは知っていますし、多分それはある程度的を得ているのでしょうけれど、彼女の歌唱はベルカントがどうのこうのというレヴェルを超えた高みにあると思います。
c0057725_955013.jpgそれに先立つ第1幕第1場でのディドナートの歌唱も文句なしのすばらしさですが、カチッとした輪郭を印象づけられる彼女の声はネトレプコと一緒に聴くと硬い金属を思わせる印象になります。それぐらい声質が違うんですね。彼女は今まで女性役ばかり見てきましたが今回初めてのズボン役でフラットな靴を履いたせいでかなり身長の低い人だということが分かりました。見栄え的には来シーズンのROHで登場するガランチャの方がいいでしょう。それにも拘わらずディドナートの凛々しい姿はなかなか魅力的です(左の写真)。
テバルドを歌ったポレンザーニは昨年ROHのコジ・ファン・トゥッテでフェランド役を歌った人ですが今回もしっかりした歌唱と声で充分満足です。ロレンツォを歌ったペトレンコは声が軽めのバスですがこの役にはふさわしく、きれいに低音が出ていました。もう一人のバス、カペリオ役のパロディは対照的に重めのバスですが特に文句はないです。
指揮のピドは例によって全身を使った派手な指揮振りですが今回はあまりオケがいい反応を示さなかった感じがします。序曲はペラペラの音で、ここで今まで聴いた中では最低の出来でしたが歌手が歌い始めるとかなり持ち直しました。
演出はカーセンお得意のチープ路線ではありますが想像力で充分補える範囲だし、単純な舞台装置も様式的な壁の使い方が上手くてそれなりに納得できるものでした。

次の写真は終演後のもので、左からEvelino Pidò、Anna Netrebko、Matthew Polenzaniです。また、冒頭の写真は第3幕でジュリエッタが死んだと思って嘆き悲しむロメオの場面で、横たわっているのは妊娠中のネトレプコです。パリは美術館同様フラッシュさえ使わなければ公演中でも写真OKですが、今回初めて撮ってみました。
c0057725_962522.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-06-11 09:14 | オペラ
<< ヴラマンク展 「トスカ」公演 >>