ヘンデルのオペラ Flavio (コンサート形式)

2008年4月17日、バービカンホールにて。

Handel: Flavio, re de’ Langobardi

Academy of Ancient Music
Christopher Hogwood: conductor
Iestyn Davies: Flavio (countertenor)
Karina Gauvin(Sandrine Piauの代役): Emilia (soprano)
James Gilchrist: Ugone (tenor)
James Rutherford: Lotario (bass-baritone)
Robin Blaze: Guido (countertenor)
Maite Beaumont: Vitige (mezzo-soprano)
Renata Pokupić: Teodata (mezzo-soprano)

ヘンデルのオペラを鑑賞するのもこれで恐らく6つめでかなりの数になりました。ただし舞台上演はヘラクレス一つだけで後はすべてコンサート形式ですが。過去にいい思いをしたために上演があると行くことにしているのでこれからも増えて将来的にはモーツァルトを凌ぐかもしれません。以前に比べるとロンドンでの上演数も増えているような気がします。そういう状況で2009年5月17日にはバービカンホールとロイヤルフェスティヴァルホールでバッティングするという憂うべき事態になっています。バービカンではArianna in Cretaを今回のホグウッドが上演し、かたやロイヤルフェスティヴァルホールではミンコフスキー率いるチューリッヒオペラが来てAgrippinaを上演することになっています。どちらが先にプログラムを固めたのか知りませんが、日程をずらせば両方とも満員になるだろうに、これじゃ共倒れではありませんか。こういうことがあるから両者ともどんどん前倒しで切符を販売するんでしょうが、協調できないものでしょうかね。歌手ではキルヒシュラーガーとカサロヴァの対決になりますが、私は先に情報が入ったバービカンの切符を買ってしまったのでミンコフスキーはあきらめざるを得ません。

それはさておき、今回のオペラは音楽的にはとても楽しめたのですが、ヘンデル音楽の出来は今までの作品に比べてちょっと弱い感じがしました。ホグウッドの指揮はさすがといわざるを得ない出来で、安心して聴いていられます。彼は昨年5月にここでAmadigi di Gaula を上演し、来年は上に書きましたようにArianna in Cretaを上演してヘンデルの死後250年に合わせてこの3つのオペラの上演を完結させる計画です。
歌手では題名役のカウンターテノール、イェスティン・デイヴィースは美声な上に声量もあり歌も上手いです。聴いた後、心に余韻が残る感じでした。もう一人のカウンターテノール、ロビン・ブレイズは歌唱に芯が無くごく並の歌手という印象です。ヴィティーゲ役のメゾソプラノ、マイテ・ボーモントは良く響く美声で上手い歌唱です。これに比べるともう一人のメゾソプラノ、レナータ・ポクピッチは顔の表情が多彩で魅力的なのですが歌唱はやや力弱く、タメがない感じがします。エミリア役のソプラノ、カリナ・ゴーヴァンは相変わらず素敵な声でいい歌唱です。印象としては2月の「ティート・マンリオ」の時より更に太ったような。ウゴーネ役のジェイムズ・ジルクライストはいいテノールで声量もあって印象的でした。バスバリトンのジェイムズ・ラザフォードも文句のない声でした。

下の最初の写真は左からMaite Beaumont、Renata Pokupić、Karina Gauvinです。
c0057725_9581265.jpg

次の写真は左からChristopher Hogwood、Iestyn Davies、Robin Blaze、James Gilchrist、James Rutherfordです。
c0057725_9585021.jpg


【あらすじ】
紀元7世紀のミラノでの悲喜劇。ロンバルディアの王フラヴィアの宮廷に仕えるウゴーネには妙齢の息子グイドと娘テオダータがいる。グイドは同じく宮廷に仕えるロタリオの娘エミリアと恋仲で婚約している。またテオダータは若い宮廷吏ヴィティーゲと密かに相思相愛の仲である。ウゴーネはグイドとエミリアの婚約の件をフラヴィアに報告するときにテオダータをフラヴィアに紹介する。フラヴィアは后がいるにも拘わらずテオダータに一目惚れし、ヴィティーゲに仲介の労を執るように命令する。一方、フラヴィアはブリテン島の総督が辞任したので後任にロタリオを任命すると宣言していた。しかしテオダータという美しい娘を獲得する下心があって総督としてウゴーネを任命することに変更してしまう。これに怒ったロタリオは王に盾突けない鬱憤晴らしにウゴーネを殴って娘のエミリアに婚約を破棄しろと迫る。殴られたウゴーネは名誉が傷つけられたとして息子のグイドに仇を取るように頼む。グイドはエミリアの強い愛を確かめてからロタリオに決闘を挑み、彼を殺してしまう。息を引き取る間際に犯人の名前を聞いたエミリアは激怒してグイドを責め、王に裁きを求める。王はグイドを死刑にすると約束する。一方では執拗にテオダータに攻勢をかける。やきもきしたヴィティーゲは彼女に言うことを聞く振りをするようにアドヴァイスする。しかし王が離婚してテオダータを女王にすると提案すると彼女は有頂天になってホイホイと王に従う。ひどいじゃないかとヴィティーゲが彼女を捕まえて責めているのを物陰から聞いた王はすべてを察し、彼等を結婚させようと心に決める。
エミリアの方は、父の仇とはいえさすがに恋人が死刑になるということで大きな葛藤を感じていた。そこに王がグイドの首を持ってこいと官吏に命令すると大きなショックを受けて失神しそうになる。ところが持ってこられたのは生きたままのグイドで、その瞬間彼女は彼を許す気持ちになり二人はよりを戻す。
[PR]
by dognorah | 2008-04-19 10:04 | オペラ
<< ハンガリーの若きヴィオラ奏者 From Russia展 >>