エッシェンバッハ指揮LPO

2008年4月13日、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールにて。

メゾソプラノ:Petra Lang (藤村実穂子の代役)
テノール:Nikolai Schukoff
指揮:Christoph Eschenbach
管弦楽:London Philharmonic Orchestra

プログラム
シューベルト:交響曲第8番
マーラー:Das Lied von der Erde (大地の歌)

未完成交響曲はゆっくり目のテンポで一音一音を大切にするように丁寧に演奏されたが管弦楽の持続した緊張力により第1楽章はどっしりした印象で名演であった。第2楽章もその延長であったがやや間延びした印象であったのが惜しい。全体としてはそこそこすばらしいものであったが。欧州一流どころには及ばないものの、このオケもこれほどの音を出すとは意外だった。やはり指揮者を選ばないと駄目という見本か。なお、編成は後のマーラーのせいか大きく、コントラバスが10本もあった。従って低音の充実はすばらしかった。

大地の歌は健康上の理由で藤村が降り、ラングが歌ったがすばらしい歌唱だった。対照的にテノールは声質があまり魅力のない声だし声量もなくてあまりいただけなかった。第1楽章は特に管弦楽と共に荒れ気味で感心しなかった。全体的には第4楽章ぐらいから乗ってきた感じでマーラーを強く感じる。圧巻はやはり第6楽章でここだけ繰り返して聴きたいほどだ。管弦楽とメゾソプラノの融合もすばらしい上に突出した彼女の声と感動的表現力に圧倒される。美しい。エッシェンバッハ指揮の管弦楽も渾身の演奏だったと思う。ブラヴォー!

写真は終演後のNikolai Schukoff、Christoph Eschenbach、Petra Lang。
c0057725_7342534.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-04-15 07:35 | コンサート
<< From Russia展 ロンドンで京劇「滑油山」を見る >>