ヴィヴァルディのオペラ「ティート・マンリオ」コンサート形式

2008年2月19日、バービカンホールにて。

Vivaldi Tito Manlio

Accademia Bizantina
Ottavio Dantone: conductor
Carlo Lepore: Tito (bass)
Karina Gauvin: Manlio (soprano)
Ann Hallenberg: Servilia (mezzo-soprano)
Roberta Invernizzi: Lucio (mezzo-soprano)
Marina De Liso: Vitellia (contralto)
Josè Lo Monaco: Decio (mezzo-soprano)
Mark Milhofer: Geminio (tenor)
Christian Senn: Lindo (bass)

名演でした。ヴィヴァルディのオペラは初めて聴きましたが、管弦楽も歌もとても美しく、バロックオペラもいろいろすばらしい作品が多いことを改めて認識しました。
序曲が始まると「ああ、ヴィヴァルディ!」と誰でも感じれる弦楽合奏の特徴が前面に出てきます。古楽器なのでイ・ムジチのような明るい澄んだ音色ではありませんが、控え目にしっとりとした感じです。オケは最後まで魅力的な演奏を提示してくれて手慣れたものです。既に何度も演奏しているし録音もしているので当然かもしれませんが私には新鮮でした。

歌手がまたすべてすばらしく、各役に対してアリアが1乃至数曲あてがわれているのですが声も微妙な感情表現を歌い上げる様も見事でした。特に第1幕のヴィテリアが敵方の司令官となった恋人ゲミニオとローマの執政官である父ティートに挟まれて悩むアリアとか、第2幕でルチオがオーボエのソロに乗って切々とヴィテリアへの愛を歌うアリアなど心に響きました。

アリアの数はルチオ役が一番多かった気がしますがロベルタ・インヴェルニッチの歌唱はすべて感動もので、聴衆からも多大の拍手とブラヴォーをもらっていました。声で一番感心したのはセルヴィリアを歌ったスェーデン人アン・ハレンベリで、潤いと深みがあって心地よい響きでした。

指揮者のダントーネとは何度もコンビを組んでいるカナダ人ソプラノ、カリナ・ゴーヴァンの声と歌唱もなかなかのものです。発表されていた写真ではとても魅力的な顔でしたがどうやら数年前のものらしく今は太ってしまって丸顔でお腹も結構出ていました。

男性陣ではタイトルロールを歌ったカルロ・レポレがお腹に響いてくるような低音に迫力があり、歌唱も言うことなしという表現力です。近々コヴェントガーデンで上演されるロッシーニのオペラMatilde di Shabranに出演とのことですが来シーズンあたりでしょうか。もしそうならこれは楽しみです。

義務と愛との葛藤だけで3時間半の上演時間はちょっと長いとは感じましたが音楽的には思いっきり楽しめました。ブラヴォーです。客の入りは1階席はまあまあ、2階席は30%ぐらい、3階席はゼロ(恐らく2階席へアップグレードされたのでしょう)。Great Performer Seriesにしては寂しい入りでした。

写真は左からCarlo Lepore、Ottavio Dantone、Karina Gauvinです。
c0057725_2339729.jpg

次の写真は女性ばかり写したもので、左からJosè Lo Monaco、Roberta Invernizzi、Marina De Liso、Ann Hallenberg、Karina Gauvinです。
c0057725_23395337.jpg

【あらすじ】
ローマとラティンに諍いが発生したため執政官であるティート・マンリオは家族を含めた側近者にローマに忠誠を誓うよう言い渡すが娘のヴィテリアと息子マンリオの婚約者セルヴィリアはそれを拒否する。ヴィテリアの恋人がラティンの司令官ゲミニオであり、セルヴィリアはゲミニオの妹だからである。一方、ラティンの軍人であるルチオは親ローマ派でしかもヴィテリアに横恋慕している。
ティートは息子に和平使節としてラティンのキャンプを訪問するよう命令する。彼がキャンプに着くとゲミニオは彼を侮辱した上剣で挑みかかる。やむを得ずマンリオは応戦するが結果としてゲミニオを殺害してしまう。それはティートの命令に背いたことになりローマに戻った彼は激怒する父と嘆き悲しむ妹と婚約者から激しく責められる。そして父から死刑を宣告されて牢に入れられる。ルチオはローマ軍がマンリオの赦免を嘆願していることから彼を救出しようとするがマンリオはそれを断る。死刑執行の朝になってローマの市民がマンリオを死刑にさせないという行動を取ったためティートもやむを得ず死刑を撤回し、家族は和解する。
[PR]
by dognorah | 2008-02-20 23:47 | オペラ
<< ヴィーンフィル演奏会 ペトレンコ指揮ロンドン交響楽団 >>