ヴァーグナー「トリスタンとイゾルデ」公演

2008年2月4日、テアトロ・レアル(マドリード)にて。
c0057725_1231043.jpg

Tristan und Isolde
Acción en tres actos
Musica y libretto: Richard Wagner

Director musical: Jesús López Cobos
Director de escena: Lluis Pasqual
Escenógrafo: Ezio Frigerio

Tristan: Robert Dean Smith
Isolde: Jeanne-Michèle Charbonnet
Brangäne: Mihoko Fujimura
Kurwenal: Alan Titus
El rey Marke: René Pape
Melot: Alejandro Marco-Buhmester

Coro y Orquesta Titular del Teatro Real
Coro y Orquesta Sinfónica de Madrid
Producci”on del Teatro San Carlo de Nápoles

ミュンヘンもスカラも切符が取れなかったヴァルトラウト・マイヤーを聴くためにマドリードまでやって来たのに敢えなく振られてしまいました。喉の調子が悪いということで3日も前に降板が発表されていたようです。
しかし代役を務めたダブルキャストのジャンヌ=ミシェル・シャルボンネが圧倒的にすばらしく、また他の歌手も揃って充実した歌唱だったので充分満足しました。
トリスタンを歌ったロバート・ディーン・スミスは過去にROHでマイスタージンガーとローエングリンを聴いているのでこれが3回目の経験です。今回も非常に印象的というわけではないのですが声の質、声量ともまあまあと言える歌唱で合格点。しかし1年前に聴いたペーター・ザイフェルトのすばらしさには及びません。
イゾルデを歌ったシャルボンネは全く初めて聞く人ですが、フランス系の名前にも拘わらずアメリカ人です。若々しく美しい声を大きな声量で響かせる容姿的にも魅力的なソプラノでスタミナも充分。最後の愛の死は直前のマルケ王の独白が圧倒的なこともあってややあっさりしすぎた印象でしたが。ヴィデオで見るマイヤーの歌唱を思い出してやはりちょっと悔しい思いではありました。
ブランゲーネ役の藤村実穂子は良く声が出ていたし歌唱も文句なしで、贔屓目に見るせいもあるかもしれませんが舞台での存在感はとても大きいものがあります。
アラン・タイタスのクルヴェナールはROHでの同役以来2度目の経験ですがこの人も立派な歌唱でした。
ルネ・パーペは実演では初めて接する人ですがヴィデオで聴く通りの立派なマルケ王で、最初はやや声が控え目でしたがだんだん大きくなり最後の独白は胸を打つものがありました。
メロット役は恐らく地元の歌手だろうと思いますが声の良く通るなかなか印象的なテノールでした。

管弦楽はリセウと同様若い団員が多く上手いのですが音がやや明るすぎる印象です。やはりお国柄でしょうか。指揮のヘスス・ロペス・コボスはあまり情念でうねらせるような音楽ではなく美しくまた劇的にまとめ上げるスタイルで違和感なく舞台を楽しめるものでした。最後は終了直前にフライイングの拍手がありコボスが怒って手で制すると共に他の観客も「シーッ」とたしなめて止めさせるシーンがありましたがどこの国もせっかちな人がいるもので腹が立ちます。

しかし今回のヴァーグナーはマイヤーが抜けたためにドイツ人はパーペだけであとの主要な役はアメリカ人3人と日本人という配役になりました。ヴァーグナーではアメリカ人歌手の活躍が目立ちますね。

演出はあまり違和感のない標準的なものでしたが、男性の衣装が幕ごとに新しい時代のものに変化していってあまり一貫性がないのが気になりました。従って第1幕は極めて自然な印象です。舞台も第1幕の大海を航海中の船の舳先が波に揺られるシーンや、第2幕の大木がいろいろな位置関係を形成するところなどは良くできているなぁと思わせるのですが、第3幕で打って変わって簡素な現代オブジェ的な作りはかなり違和感があります。
c0057725_124475.jpg

写真は左からRené Pape、Jeanne-Michèle Charbonnet、Robert Dean Smith、Mihoko Fujimura、Alan Titusです。トップの写真はタイトルロールの二人です。

初めて訪問したテアトロ・レアル(王立劇場)はとても新しい建物で内装はなかなかすばらしく、3階部分では劇場の周りを囲んで豪華な絨毯を敷いた小部屋が連なってレストランとバーに続いていました。このレストランは有名で食事だけのために来ている客もいました。私の座った2階バルコニー最前列から見ると劇場自体はコヴェントガーデン、パリのガルニエ、ヴィーン国立歌劇場、バルセロナのリセウと比べて一回り小さく、とても聴きやすい空間です。座席数は約1700です。舞台の全部が見えない客のためにヴィデオの大きなスクリーンがあちこちに設置してあります。上演中に見てみると全体を映したりズームにしたりパンしたりとちゃんとTVカメラマンのように手動で映しています。外国人客が少ないのか字幕はスペイン語だけでした。インターヴァルに歩き回った限りではアジア系の客は私一人しかいなかったような。
劇場を出たのは12時を回っていましたがまだ開いていた近くのレストランで軽く食事しました。暫くすると他の客がブラヴォー、ブラヴォーと叫んでいるので見ると、ロバート・ディーン・スミスがきちんとした背広姿で食事に入ってきたのでした。もっと来るかなと期待していましたが後はオケの団員だけで歌手は来ず。
[PR]
by dognorah | 2008-02-07 01:31 | オペラ
<< エル・グレコの「オルガス伯爵の埋葬」 モーツァルトのオペラ「魔笛」公演 >>