ネトレプコの椿姫公演

2008年1月14日、ROHにて。

La traviata
Opera in three acts
Music Giuseppe Verdi
Libretto Francesco Maria Piave after Alexandre Dumas fils's play La Dame aux camelias

Conductor: Maurizio Benini
Original Production: Richard Eyre
Revival Director: Patrick Young
Designs: Bob Crowley
The Royal Opera Chorus
The Orchestra of the Royal Opera House

Violetta Valery: Anna Netrebko
Alfredo Germont: Jonas Kaufmann
Giorgio Germont: Dmitri Hvorostovsky
Flora Bervoix: Monika-Evelin Liiv
Gastone de Letorières: Ji-Min Park
Marquis d'Obigny: Kostas Smoriginas
Baron Douphol: Eddie Wade
Doctor Grenvil: Mark Beesley
Annina: Sarah Pring
Giuseppe: Neil Gillespie
Messenger: Charbel Mattar
Servant: Jonathan Coad

とても期待の持てる配役陣ですがその期待を裏切らないすばらしい公演でした。指揮者以外はイタリア人はゼロ。ロシア人、ドイツ人、エストニア人、リトアニア人、韓国人それにイギリス人という布陣。ヴェルディにしろこの演目にしろ完全にインターナショナルな人気度からすれば本家以外はどこでやってもそんなものでしょう。
まずネトレプコ。絶好調といってもいい出来でした。どんなピアニッシモでも掠れることのない声のなんとすばらしい艶でしょう。すべての音域で非の打つどころのない歌唱といえるでしょう。第1幕最後のe Strano!からSempre Kiberaに至る独唱など比類のない美しさで早くも耐えきれずに感涙。あまりにもすばらしかったのでここで彼女がキャンセルしても結構と思えたくらいです。インターヴァルに会ったM氏も「ここで家に帰ってもいいかな」と思ったとのことです。このプロダクションは舞台装置が豪華でとてもよくできたものですがその中で彼女の美しさが一段と栄えます。そして彼女の表情や立ち居振る舞いも場面にぴったり。

カウフマンの歌唱も立派でした。この人を2004年11月の「La Rondine」で初めて聴いたときはその美声に惚れ惚れしたものですが、その後のレパートリーの拡大のせいか声の陰影を優先させる歌唱に変化してきたように思えます。2006年12月の「カルメン」で私はそれに気付きましたが、絶叫型のテノールではなく歌のニュアンスをとても大事に表現する歌手ですね。声そのものは魅力的ですが、全音域で艶があるというわけではなく所々掠れが目立つことがあります。でもピアノからピアニッシモでの表現はすばらしい。スマートな体型はアルフレード役にはぴったりです。

ホロストフスキーの声はジェルモン役にはかなり軽いしちょっと明るすぎる嫌いはありますが歌唱そのものは立派でした。ただこの人のちょっと籠もるような歌い方はあまり好きじゃありませんが。ジェルモン役としては2006年1月に聴いたŽeliko Lučičを始め彼以上の歌手はいくらでもいるでしょう。

その他の歌手では、今年からYoung Artists Programmeに参加している3人の若手はなかなかよくやっているという印象ですが、特に韓国人のJi-Min Parkは今日もすばらしく、イタリアものにふさわしい軽めのテノールは第1幕冒頭ではカウフマンより目立っていました。この人は将来主役を歌うようになるでしょう。

ベニーニ指揮の管弦楽も特筆もので、美しいアンサンブルだったし弦の微妙な表現にはウットリしました。
ということで公演はとてもハイレヴェルで、終演後はROHでは珍しくStanding ovationとなりました。写真は左からAnna Netrebko、Jonas Kaufmann、Dmitri Hvorostovsky、Maurizio Beniniです。
c0057725_21104773.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-01-15 21:16 | オペラ
<< ネトレプコ早くも病気で「椿姫」... ルネッサンスのシエナ展 >>