ロッシーニのオペラ「シンデレラ」

2007年12月31日、ROHにて。

La Cenerentola; ossia La bontà in trionfo
Dramma giocoso in two acts
Music: Gioachino Rossini
Libretto: Jacopo Ferretti

Conductor: Evelino Pidò
Directors: Moshe Leiser and Patrice Caurier
Set designs: Christian Fenouillat
Costume designs: Agostino Cavalca
Lighting design: Christophe Forey
The Royal Opera Chorus
The Orchestra of the Royal Opera House

Clorinda: Elena Xanthoudakis
Tisbe: Leah-Marian Jones
Angelina: Magdalena Kožená
Alidoro: Lorenzo Regazzo
Don Magnifico: Alessandro Corbelli
Don Ramiro: Toby Spence
Dandini: Stéphane Degout

今日もROHのオケは輝かしい音で始まり、活き活きしたピドの演奏はすばらしいものでした。私にとっては彼は2003年の「ルチア」、2006年の「ドン・ジョヴァンニ」に続いて3回目の体験ですが、とても優れた指揮者だと思います。

このプロダクションは2001年に見たことがあり、あのときはまだそれほど有名ではなかったフローレスが王子役でした。今回久し振りに見て、なかなか優れた演出であり舞台装置であることを確認しました。時代設定は結構新しくてカメラやラジオ、乗用車が出てきますが内容を損ねることなく小道具として使い切っています。

歌手ですが、さすがに国際的に知られた優れた歌手ばかり揃えただけにほぼ満足すべき出来でした。私の知らない歌手はLeah-Marian Jonesだけですが、彼女も悪くなかったです。デグーがちょっと他の歌手の水準より落ちるかなというぐらい。この人は演技的にもあまり喜劇には適していないような。コジェナーもスペンスもとてもよく、コルベリに至ってはさすがにイタリア人だけあって早口部分も見事で、演技と共に際立った存在感です。レガッツォもいつもの安定感は揺るぎもせず立派な歌唱。
これでマイクを使わない生の声だったらいうことはないのですが・・・
写真は左から拍手に応えるAlessandro Corbelli、Magdalena Kožená、Toby Spenceです。
c0057725_8131083.jpg

終演後は劇場を出てテームズ側の方に歩いていったらまだ10時前だというのに主要道路はすべて歩行者天国となっており、人々で溢れ返っていた。花火が打ち上がるまでまだ2時間もあるというのに既にこの人出。この群衆に囲まれて待つなんて考えられず、さっさと帰宅して花火はTVで見ました。大晦日は欧米やアジアの多くの国は首都だけでなく主要都市ですべて盛大に花火を打ち上げますが、費用はほとんど税金で賄われているはず。除夜の鐘を聞いて静かに年の暮れを過ごすという伝統を持っている日本ではちょっと考えられませんね。
[PR]
by dognorah | 2008-01-02 08:32 | オペラ
<< 新春室内楽コンサート このところ >>