Michael Clark Company – Stravinsky Project

2007年10月31日、バービカン シアターにて。

出演
Choreography: Michael Clark
Dance: Michael Clark Company
Soprano: Constance Novis
Mezzo-contralto: Sylvia Clarke
Tenor: Gediminas Varna
Bass: Julian Close
Choir: New London Chamber Choir
Piano Duo (The Rite of Spring): Philip Moore, Andrew West
Conductor: Jurjen Hempel
Orchestra: Britten Sinfonia

プログラム
Apollo
The Rite of Spring
Les Noces

マイケル・クラーク率いるダンスカンパニーのストラヴィンスキー音楽に振り付けた新作公演。
Apolloは管弦楽をバックに踊るが割とゆっくりした動作が多くあまり面白くない。
春の祭典はピアノ・デュオを使う。これもストラヴィンスキーが作曲を残しているらしい。これは舞台奥に作られた8枚ぐらいの扉の動きと多彩な照明やとっかえひっかえする衣装もあってダンスはかなり面白い。男性がスカートをはいて踊ったりする。音楽が生かされている感じ。第2部の後半は上半身裸の女性ダンサー一人によって踊られる。しかしピアノで聴いてもいい音楽だ。写真は春の祭典のダンサー達。ガウン姿の女性がヌードで踊った人。
c0057725_2132981.jpg

Les Nocesは4人の独唱と合唱隊、管弦楽というストラヴィンスキー指定の編成をバックに踊るものだが正直言ってダンスはいまいち。
[PR]
by dognorah | 2007-11-04 21:34 | バレー
<< ベッリーニのオペラLa str... Wien-Paris絵画展 >>