ランディのオペラ「聖アレッシオ」コンサート形式

2007年10月24日、バービカンホールにて。

Il Sant' Alessio
Music:Stefano Landi (1587 – 1639)

Sant' Alessio: Philippe Jaroussky (counter-tenor)
Sposa: Max Emanuel Cencic( counter-tenor)
Madre: Xavier Sabata (counter-tenor)
Curtio: Damien Guillon (counter-tenor)
Nuntio: Pascal Bertin (counter-tenor)
Martio: José Lemos (counter-tenor)
Nutrice: Jean-Paul Bonnevalle (counter-tenor)
Religione/Roma: Terry Wey (counter-tenor)
Adrasto: Ryland Angel (counter-tenor)
Angelo: David Malczuk / Beniamin Hiraux (boy soprano)
Eufemiano: Alain Buet (bass)
Demonio: Luigi de Donato (bass)
Uno del choro: Ludovic Provost (bass)

William Christie (Music Director)
Benjamin Lazar (Stage Director)
Alain Blanchot (Costumes)
Orchestra and Chorus of Les Arts Florissants
La Maîtrise de Caen children's choir

1631年に作曲された作品で、主人公のアレッシオは妻も両親も捨てて精進した結果天上に召されて聖人に列せられたという単純な物語ですが、悪魔や道化なども絡んで登場人物は多いですね。9人のカウンターテノールが出演するという情報がBowlesさんからもたらされたときはオエーっとびっくりしましたが、聴いてみるとすばらしい音楽で大満足の結果となりました。歌手はそれに加えてバス3人、ボーイソプラノ二人で男ばかりです。子供合唱団の中に女の子がいたので全員男性とはなりませんでしたが。

カーンの舞台写真などを見るとすばらしく美しい装置と衣装ですが、出演者は全く同じなのにロンドンではコンサート形式です。それなりの演技をするために合奏団は舞台奥に設置されて前面に空間を作っていました。衣装も布を羽織ったり合唱団が色とりどりのTシャツ、黒の上下、上着を脱ぐなど割ときめ細かく変えてディレクターはそれなりの仕事をしていたようで、最後の挨拶の時も舞台に出てきました。

William Christieは今日はずっとチェンバロとオルガンの前に座りっぱなしで、左右に配された合唱団が歌うときだけ立ち上がって両手で指揮をしていました。管弦楽が鳴り始めたらまあいつもの音だなという感じでしたが、合唱が加わると雰囲気ががらっと変わって彼等の作る世界にどっぷりつかってしまいます。それだけで今日は質の高い音楽が聴けそうというすばらしさ。歌手も最初に出てきたTerry Weyとそれに続くPhilippe Jarousskyの柔らかく無理のない美声に感嘆。プログラムにあらすじさえ載っていない不備に不満は大きかったものの単純な筋に助けられて劇の進行を気にすることなく音楽に浸れました。

9人もいるとカウンターテノールといってもいろいろな声質があることもよく分かります。お母さん役のMadreを歌ったXavier Sabataの声は女性でいえばアルトに相当しますね。タイトルロールのPhilippe Jarousskyは声だけでなく、女装すれば完全に欺かれるであろう女性的な顔をしています。妻のSposaを歌ったMax Emanuel Cencicは外見は坊主頭ですが非常に美しい声でした。バスでは悪魔役のLuigi de Donatoがいい歌手と思いました。
カーンの舞台が見たくなります。

写真は左から二人目がアレッシオ役のPhilippe Jaroussky、右端がスポサ役のMax Emanuel Cencicです。
c0057725_0321883.jpg

[PR]
by dognorah | 2007-10-27 00:33 | オペラ
<< シュトラウスのオペラ「薔薇の騎... ジョン・エヴェレット・ミレーの... >>