UK初演ヴァイオリンソロ曲と映画「アンドレイ・リュブレフ」

2007年10月21日、バービカンシネマ2にて。

ソ連時代に共産党政権から弾圧を受けながら名作を作ったとされるAndrei Tarkovsky監督の映画「Andrei Rublev」を見ました。普通だったら見ない映画ですが、急遽映画上演の直前に日本人作曲家がこの映画からインスピレーションを得て作曲したヴァイオリンソロ曲「Rublev’s Door」が演奏されることになったことから行くことにしたのです。しかもそういうイヴェントを企画し推進した人がmixiで親しくさせていただいている山崎スピカさんであり、ヴァイオリニストをその方に紹介したのが私なので。

かいつまんで経緯を述べますと、
・作曲家は日本で活躍されている糀場富美子(こうじば・とみこ)氏。
・山崎さんがちょっと前に友人からその曲「リュブレフの扉」の譜面をプレゼントされた。
・アマチュアながら子供の頃からチェロを弾いていらっしゃる山崎さんはその曲の雰囲気に惹かれた。
・山崎さんはロンドンのどこかでこれを演奏してもらう機会はないかと考えていたところ、糀場さんがインスピレーションを受けた映画が10月21日にバービカンシネマで上映されることを発見。
・山崎さんがバービカン側と連絡を取って映画関連イヴェントとして「リュブレフの扉」を演奏する場を設けたらどうだろうと提案したところ好意的な興味を示してくれた。
・先般日本に一時帰国した折に山崎さんが糀場さんに電話連絡を取ったところ彼女も、是非UK初演を実現させて欲しい、との強いサポートを得た。
・山崎さんから誰か演奏してくれるヴァイオリニストを紹介して欲しいとの依頼が私に来た。
・以前友人宅のパーティで会って以来時々メールをやりとりしていた植田梨沙さんというRAMの学生さんをご紹介。
・時間的余裕が10日もないのに植田さんはRAMの教授とも相談の上演奏を引き受けて下さった。

ということで21日の午後2時45分より滞りなくBarbican Cinema 2の舞台でこの曲のUK初演が植田梨沙さんによってなされたのでした。映画そのものは1967年のソ連時代に作られた白黒の地味なものなので観客は100人程度と少なかったけれど、約7分の演奏後は暖かい拍手がありました。植田さんの演奏は集中力が感じられる立派なもので響きも美しかったと思います。曲は当然現代的な響きながら不協和音が多用されることもなく、思索の内面を表現するような物静かな印象です。所々共感を覚えるようなパッセージもあるのですがその後見た映画との関連性については時間的経過(映画は3時間!)もあってよく分からなかったというのが正直なところです。

映画は15世紀のロシアの実在人物アンドレイ・リュブレフのイコン画家としての活動を絡ませながら当時のロシアの暴力に満ち満ちた世相を表現したものという印象です。白黒の映像が美しい場面がいろいろあり雨のシーン(川とか馬も)が多いのも特徴と言えましょう。体制側の暴力で民衆が苦しむというメッセージが読み取れないこともなく、それが共産政権をして弾圧させたのかも。ただ、この映画をもう一度見ようという気にはなりませんが。
c0057725_1192028.jpg

c0057725_1195825.jpg

画像は入場前に配られたパンフレットの表と裏のスキャンです。UK初演のヴァイオリンソロ曲が映画の前に演奏されること、作曲家のこと、演奏者のことなどが紹介されていますが、このままでは読みにくいのでそれぞれの文章だけ活字で紹介いたしましょう。

(表の左下)
+ UK premiere! Rublev's Door
Composed for solo violin by Tomiko Kohjiba, and performed live by Lisa Ueda
Japan 2006 7 mins

(裏の左下)
UK Premiere!
Rublev's Door
Japan 2006 Composer Tomiko Kohjiba 7-8 min
The Barbican is thrilled to present the UK premier of Rublev's Door, created for solo violin by leading Japanese composer Tomiko Kohjiba. Produced for the 20th anniversary of the death of director Andrei Tarkovsky (1932-86), the piece was influenced by his 1967 film Andrei Rublev and designed to expresses the depth of universal existence through the solo violin.
The world premiere was performed by Nobuko Kaiwa at the Exhibition of Contemporary Music 2006 at Tokyo Opera City Recital Hall.
Rublev's Door is now available through Zen-on Music, Japan.

(裏の右上)
Lisa Ueda
Solo violin
Lisa started playing the violin at the age of four, studying with Miyuki Emura and Hisako Tsuji and has subsequently performed all over the world, including Japan, London, Boston Tanglewood, Toronto, Shanghai, Munich, Geneva, and Vienna.
Awarded an ABRSM International Scholarship in 2005, Lisa is currently at the Royal Academy of Music with Richard Deakin and has recently been received an "Upcoming young artist" nomination
Lisa eagerly accepted the opportunity to perform this piece at the Barbican and hopes that through the composer, Tomiko Kohjiba, she can communicate the mood and atmosphere of the forthcoming film.
[PR]
by dognorah | 2007-10-23 01:24 | コンサート
<< シレジアン弦楽四重奏団演奏会 ドニゼッティのオペラ「リタ」公演 >>