ドヴォルザーク特集

2007年10月18日、St George’s Church, Hanover Squareにて。

Dvorak: Cello Concerto, Op.104
Dvorak: Symphony No.8, Op.33

Cello: Aleksei Kiseliov
Conductor: Andrew Gourlay
Hanover Square Chamber Orchestra

チェリストはベラルーシ生まれの22歳の新鋭。RCMでマスターコース在学中。
指揮者はジャマイカ生まれのイギリス人でRCMを卒業後指揮活動をしている。まだ20代と思われる。
オーケストラも若いメンバーばかりで元気いっぱいの演奏で小さな教会が飽和しそうなくらい。木管達の弱音部がもう少し小さい音で鳴らせればいいのだが。オケはこの6月にも聴いたけれど今日の方がいい出来のように思う。
曲は両方とも金管が外しそうになったりアンサンブルの乱れなどもちょっとあったもののこれらのポピュラーな名曲を十分楽しめるレヴェルだった。聴いていて思ったけれど少々下手でも生の演奏というのは例え世界的名オーケストラの録音といえども及ばないエネルギーがある。独奏者も上手かったけれど、指揮者もツボを押さえた立派な指揮だった。

コンサート終了後は仲間と教会裏のパブへ。オケのメンバーも楽器を抱えたまま沢山飲みに来ていた。
[PR]
by dognorah | 2007-10-19 23:38 | コンサート
<< ドニゼッティのオペラ「リタ」公演 ハーディング指揮LSOのヤナーチェク >>