フローレス「オペラアリアの夕べ」

2007年10月4日、カドガンホールにて。

Juan Diego Flórez: tenor
Christopher Franklin: conductor
Royal Philharmonic Orchestra

Programme
Gioacchino Rossini: Sinfonia from ‘Cenerentola’
Gioacchino Rossini: Deh troncate from ‘Elisabetta, Regina d’Inghilterra’
Gioacchino Rossini: Oh muto asil del pianto from ‘Guglielmo Tell’
Gioacchino Rossini: Sinfonia from ‘Barbiere di Siviglia’
Gioacchino Rossini: Cessa di più resistere from ‘Barbiere di Siviglia’

Vincenzo Bellini: All’udir del padre afflitto from ‘Bianca e Fernando’
Vincenzo Bellini: Sinfonia from ‘Norma’
Giuseppe Verdi: Questa o quella from ‘Rigoletto’
Giuseppe Verdi: Parmi veder le lagrime from ‘Rigoletto’
Gaetano Donizetti: Sinfonia from ‘La Favorita’
Gaetano Donizetti: Linda si ritirò from ‘Linda di Chamounix’

アンコール
Gaetano Donizetti:Una furtiva lagrima from ‘L’elisir D’amore’
Juseppe Verdi:La donna è mobile from ‘Rigoletto’
Lara:Granada
Gioacchino Rossini: Cessa di più resistere の後半

カドガンホールは約800人の聴衆で満員。巨大ホールであるバービカンと違って一人の歌手の歌唱を聴くには理想的な空間です。
フローレスは前回のバービカンでのリサイタルでは風邪を引いていて絶好調とは言えなかったようですが今日は全くの絶好調。最初の歌” Deh truncate”の出だしからして声の魅力の虜になります。どこまで伸びるのかと思わせる輝かしい高音。前半はロッシーニを3曲、後半はベッリーニ、ヴェルディ、ドニゼッティで4曲。そしてアンコールは3曲やったところでもう終わりだろうと思っていたら指揮者が出てきてオケのメンバーと打ち合わせをしている。用意したアンコールはすべてやってしまったので前半歌ったセヴィリアの理髪師のアリアの後半部分だけ繰り返して歌ってくれたのでした。
彼の声は前半は3曲目でちょっと荒れた部分がありましたが、後半はすべてスムーズでした。今が彼の旬でしょうか、全く心地よい歌唱で大満足。
写真は歓声に応えるJuan Diego Flórez
c0057725_2327524.jpg

[PR]
by dognorah | 2007-10-05 23:29 | コンサート
<< ムーティ指揮シカゴ交響楽団演奏会 International M... >>