コジ・ファン・トゥッテ公演(ロイヤルオペラ)

2007年7月17日、ROHにて。
c0057725_1958221.jpg

Così fan tutte, ossia La scuola degli amanti: Opera buffa in two acts
Music: Wolfgang Amadeus Mozart
Libretto: Lorenzo da Ponte

Conductor: Colin Davis
Director: Jonathan Miller
Set Designs: Jonathan Miller
Lighting: Jonathan Miller and John Charlton
The Royal Opera Chorus
The Orchestra of the Royal Opera House

Ferrando: Matthew Polenzani
Guglielmo: Lorenzo Regazzo
Don Alfonso: Thomas Allen
Fiordiligi: Dorothea Röschmann
Dorabella: Elina Garanča
Despina: Rebecca Evans

このプロダクションは2004年9月に初めて見ましたが、現代に置き換えた演出です。全員携帯電話を持っていて、第1幕で登場する姉妹はそれぞれTextによるチャットでも楽しんでいるのか夢中になっています。グリエルモになびいたドラベラの写真を携帯で撮ってフェランドに証拠として見せるとか、二人が出征するシーンではCNNの取材陣が来たり、結婚届の書類はパソコンで作るなど現代技術が大いに披露されます。服装も背広、迷彩服、タトゥーに革のパンツなど。開始直後の3人の男達の議論は左側客席の中に置かれた食卓から始まります。彼等はすぐに観客席の仕切りを乗り越えて舞台に出てくるのですがおもしろい設定ではあります。ただし舞台は上の写真のような簡素な(チープな)物で最初から最後まで変化はありません。

3年前もトーマス・アレンがドン・アルフォンソ役でした。彼の歌唱は今回も悪くはありませんが当時の方がもっと声に張りがあったような気がします。しかし演技は相変わらず上手いですねぇ。フェランド役もグリエルモ役も今回の歌手はレヴェルが高く楽しめました。フェランドは第1幕ではクッションに寝転がったままアリアを歌うのですが弱音でも終始安定した音程で魅力的な声を響かせ、歌唱のうまさに感心しました。いいテノールです。

フィオルディギリを歌ったレシュマンは高音域は終始すばらしい歌唱でした。しかし低音域になるとやや違和感があり、特に第1幕ではその印象が強かったです。第2幕ではかなりそれは改善されましたが。しかし存在感のある声です。ドラベラよりアリアが多い分しっかりしたソプラノでないとこのオペラは持ちませんが彼女なら大丈夫ですね。

ドラベラは期待のガランチャですが、声はよく出ていたもののちょっと彼女のイメージとは違います。昨年9月に「皇帝ティートの慈悲」で初体験したときのたっぷりした潤いと深みのある声は、今年1月にヴィーンで見たドラベラでもかなり聴けましたが、今回はそれが非常に少ないと感じました。ただ、声には張りがあり、今回の演出で強調されている蓮っ葉なドラベラ役用に敢えて明るい声にしたのかも知れませんが。悪くはないものの私にはちょっと期待はずれではありました。

デスピーナを歌ったレベッカ・エヴァンスは結構上手いのですが非常にというほどではありません。声はよく出ていますが歌唱が平坦であまりおもしろみがないかなという感じです。

管弦楽は特にいいというわけではありませんが流麗に演奏されて歌手の邪魔にならないというか極めて自然な音楽作りでした。第1幕のデスピーナのアリアでは木管の音にちょっと違和感が感じられましたが。
演出は笑どころ満載でよくこなれており、現代風でも全く問題なくオペラとしては非常に楽しめました。二人の姉妹の性格はきっちり描き分けられていて意図はよく伝わります。前回の公演では最後に、浮気した相手同士手をつないで退出したようにおぼろげに記憶しているのですが今回は全員がばらばらに舞台奥に引っ込みました。
写真は左からElina Garanča、Matthew Polenzani、Dorothea Röschmannです。
c0057725_19591397.jpg

[PR]
by dognorah | 2007-07-18 20:01 | オペラ
<< ハイドンのオラトリオ「四季」(... ロッシーニのスターバト・マーテル >>