マスネーのオペラ「タイス」(コンサート形式)

2007年6月29日、ROHにて。

THAÏS:Comédie lyrique in three acts and seven scenes
Music:Jules Massenet
Libretto:Louis Gallet after the novel by Anatole France
Conductor:Andrew Davis
The Royal Opera Chorus
The Orchestra of the Royal Opera House
Concert Master:Peter Manning

Thaïs:Renée Fleming
Athanaël:Simone Alberghini
Palémon:Robert Lloyd
Nicias:Joseph Calleja
Servant of Nicias:Nigel Cliffe
Crobyle:Ana James
Myrtale:Liora Grodnikaite
La Charmeuse:Kiera Lyness
Albine:Clare Shearer

タイスの瞑想曲として知られる美しい曲しか聴いたことがなかったのですがコンサート形式ながら全曲を初めて聴きました。その瞑想曲のテーマが頻繁に使われるのでメロディが頭にこびりついてしまいます。しかし美しい曲ですね。
主演のルネ・フレミングは最初はちょっと声が固いかなという印象でしたがしばらくするといつもの美声で舞台を支配します。特に第2幕冒頭の、いつまでも美貌が衰えませんように、と歌うアリアは最後の高音を思い切り伸して劇的に終了し、聴衆を圧倒しました。すばらしかったです。ROHには珍しくブラヴォーの嵐で非常に長く拍手が続きました。
タイスの相手役アタナエルはもともとトーマス・ハンプソンが歌う予定でしたが体の具合が悪いらしくシモーネ・アルベルギーニが歌いました。バス・バリトンということですがバリトンよりも遙かにバスに近い声でmonk役にはふさわしいと思いますが、フレミングの細めの声との二重唱になるとちょっと低すぎるのが難点です。これは軽いバリトンのハンプソンの方がよく合ったのではないかと想像します。アルベルギーニも最初かなり固い声で、あまり好きじゃないなぁと思っていたらこの人もすぐに柔軟性を取戻して立派な声と歌唱でした。マルタ生れの若いテノール、ジョゼフ・カレージャはびっくりするぐらいの美声で声量もあります。アタナエルとは対照的な軽い性格にとてもふさわしい声でした。後印象的なのはAlbineを歌ったメゾ・ソプラノのクレア・シーラーです。

フレミングは第2幕までは赤い素敵なドレスを着ていましたが、心を入替えた第3幕はベージュのドレスでした。写真は左からSimone Alberghini、Renée Fleming、Andrew Davisです。フレミングのネックレスはダイヤと思しき宝石を連ねたとても豪華で素敵なデザインでした。
c0057725_923596.jpg

あらすじ
砂漠で修行する修道士アタナエルはアレクサンドリアを訪問してその享楽的な市民たちに深く失望し、分けても女優で高級娼婦のタイスは最も罪深い女と糾弾する。彼女を救済してキリストに仕える女にすることこそ自分の使命と思いこみ、彼女に近づいて説得を試みる。彼女の唯一の悩みは年をとって美貌が衰えることで、それを強く恐れている。そういう精神状態のところにアタナエルが肉体的な愛ではなく精神的な愛によって永遠の命が得られると説教すると彼女はそれを信じるようになる。そして世俗の快楽をすべて捨てて砂漠の中にある修道院へ行って修行することに同意する。困難な道をアタナエルに導かれて到着し、修道女たちに囲まれて修行する。一方、アタナエルは彼女と別れた後彼女に恋をしている自分を発見して悶々とする。タイスは悟りを開いてアタナエルが当初目標として与えた精神状態になるが、アタナエルに強制された過酷な旅が影響して衰弱する。知らせを受けて駆けつけたアタナエルは、タイスを愛していると告白し、以前彼が彼女に説教したことは全部嘘だから元通り元気になってほしいと懇願するが時既に遅く彼女は死んでしまう。

喜劇ということになっていますが、坊さんのいうことは全部でたらめという意味での喜劇でしょうか。あるいはミイラ取りがミイラになってしまったということを揶揄しているのかも知れません。
[PR]
by dognorah | 2007-07-01 09:28 | オペラ
<< ナタリー・ドゥセの「マノン」公演 ベルリオーズのオペラ「ベンヴェ... >>