ヤナーチェクのオペラ「カーチャ・カバノヴァー」

2007年6月25日、ROHにて。

KATYA KABANOVA (KÁT'A KABANOVÁ):Opera in three acts
Music Leoš Janáček
Libretto by the composer after V. Červinka's translation of the play Groza (The Thunderstorm) by Alexander Nikolayevich Ostrovsky

Conductor: Char1es Mackerras
Director: Trevor Nunn
Revival Director: Andrew Sinclair
Designs: Maria Bjornson
Lighting: Patricia Collins
The Royal Opera Chorus
The Orchestra of the Royal Opera House
Concert Master: Peter Manning

Váňa Kudrjáš: Toby Spence
Glaša: Miranda Westcott
Savìl Prokofjevič Dikoj: Oleg Bryjak
Boris Grigorjevič: Kurt Streit
Fekluša: Elizabeth Sikora
Marfa Ignatěvna Kabanová (Kabanicha): Felicity Palmer
Tichon Ivanyč Kabanov: Chris Merritt
Katěrina (Kát’a): Janice Watson
Varvara: Liora Grodnikaite
Kuligin: Jeremy White
Zena: Renata Skarelyte
Chodec: Neil Gillespie

なんてすばらしい音楽でしょう。美しい旋律が全編に散りばめられていて台詞のように歌われる歌と共に音楽的には至高の作品と感じました。舞台はもちろん音楽も初めて体験しましたが、マッケラス指揮のオケも歌手たちも文句なしの出来で、これはめっけもんと思った作品です。さすがにチェコ音楽を得意とするマッケラス、第2幕終了時のインターヴァルでのブラヴォーに加えて一番盛大な拍手をもらっていました。主演のジャニス・ワトソンは高い音域までよく声が出ていましたし、憎まれ姑役のフェリシティ・パーマーも立派。それに加えて代役で出演したROHヤング・アーティスト・プログラムのリオラ・グロドゥニカイテも柔らかい美声ですっかり上手くなったなぁと感心しました。男声のトビー・スペンス、クルト・シュトライト、クリス・メリット、ジェレミー・ホワイトも上手かった。
ただしオペラの筋はあまりおもしろいものでもありませんが。原作はショスタコーヴィッチの「ムツェンスク群のマクベス夫人」と同じで、こちらの作品では舅の代りに姑がいて彼女が嫁いびりを生甲斐としており、息子が親に頭が上がらないという設定と最後に嫁が川に身投げする点は同じです。

演出も舞台装置もよくできています。新作ではなく前回公演は19942000年ですので久し振りに引張り出された舞台装置は田舎道と粗末な木の階段が螺旋状に組合わされたもので、がらくたを組合わせたように見えながらもはっとする美しい空間を作り出しています。3幕とも基本的に舞台は同じというシンプルさですが照明の効果も相俟ってこれで十分と思いました。

写真は、Charles Mackerrasを挟んで左がLiora Grodnikaite、右がJanice Watson、その右がKurt Streitです。
c0057725_1045787.jpg

あらすじ
気が弱くて母親の言いなりの商人ティホンの妻カテリーナは姑の絶え間ないいじめで生活にいい加減うんざりしている。ある日ティホンが商用で10日ほど出張する。その機会を狙ってボリスが予てから思いを寄せているカテリーナを誘惑する。恋仲の学校の先生と上手くやっている姑の養女ヴァルヴァラの勧めも味方して、罪の意識がありながらも自身も彼のことを憎からず思っていたカテリーナはそれを受入れ、10日間毎日のように密会する。しかし罪の意識から脱することが出来ず、ティホンが帰宅すると半狂乱状態になりみんなの前で告白してしまう。ヴァルヴァラもとばっちりで養母から部屋に閉じこめられるが上手く家を抜出し、学校の先生とモスクワへ駆落ちしてしまう。ボリスは世話になっていた叔父から勘当されてシベリアに行くことになり、カテリーナも一緒に行こうと誘うが前向きに考えるヴァルヴァラと違ってカテリーナは罪を償うべきだと考えてそれを断わり、ヴォルガ河に身投げしてしまう。
[PR]
by dognorah | 2007-06-26 10:05 | オペラ
<< フリーメイスンイギリス本部のJ... ロンドン室内管弦楽団演奏会 >>