ネトレプコ復活 - ドン・ジョヴァンニ

2007年6月15日、ROHにて。
c0057725_1034963.jpg

Donna Anna: Anna Netrebko
その他の出演者は6月10日の記事に書いたものと同じです。

リハーサルも含めて最初の3ステージを休演したネトレプコは本日は登場してくれてほっとしました。しかもほんとに病気だったの?というくらいの好調な歌唱で。容姿も立居振舞も美しい。演技も上手い。リゴレット以来2年ぶりに舞台での彼女を見ただけで感動し、第1幕のアリアでは深みがありながら高音まで伸びていく美声に涙まで出てしまいました。第2幕のアリアでもうっとりする出来です。今日の席はオーケストラピット横の指揮者より舞台に近い位置で、前に視界を遮る観客はいない上に数メートル先で歌う歌手たちを聴ける大好きな場所でしたので細かいことも逃さず聴けました。休憩時間に後方の席で聴いていた人の意見ではすべての歌手があり得ないぐらいの音量だったというコメントでしたので、今日もPAを使っていたのでしょうが私の席からはほとんどが直接音だったのも幸いしました。

そのネトレプコを歓迎するかのようにアナ・マリア・マルティネスもリハーサル時と同じ好調さを披露し、エルウィン・シュロット、カイル・ケテルセン、ミヒャエル・シャーデは相変らずのすばらしい歌唱で、今日はとても幸せな舞台でした。こういう人たちに並ぶとやはりツェルリーナ役のサラ・フォックスは残念ながらちょっとレヴェルが違うのが歴然です。

今日は最後の舞台が割れて下から騎士長の亡霊が現れるところで機械装置が不調だったらしく、騎士長は舞台袖から歩いて登場していました。その他細かいところで演技を変えている部分もあって、毎回出演者が適当にやっているんだなということがわかります。その他、脱いだマントを床に置忘れたり、ドンナ・エルヴィーラが騎士長の亡霊を見て悲鳴を上げるのを忘れたり、など細かいミスもいろいろありました。タイトル・ロールのエルウィン・シュロットはやはりラテン系の性格で毎回アドリブを変えるのはもちろん、マルティネスの豊かな胸を触って睨まれるとか、カーテンコールで舞台に引込むときにカメラを向けている我々の前でおどけてみたり楽しそうな人です。
写真は左からネトレプコ、ケテルセン、ボルトン、シュロットです。
[PR]
by dognorah | 2007-06-16 10:09 | オペラ
<< ラファエロとタピストリー International M... >>