オペラ「フィデリオ」公演

2007年5月27日、ROHにて。
c0057725_84642.jpg

FIDELIO:Opera in two acts
Music: Ludwig van Beethoven
Libretto: Joseph Sonnleithner, Stephan von Breuning and Georg Friedrich Treitschke after Jean-Nicolas Bouilly's French libretto‘Léonore, ou L'Amour conjugal’

Conductor: Antonio Pappano
Director: Jürgen Flimm
Associate Director: Gina Lapinski
Set Designs: Robert Israel
Costume Designs: Florence von Gerkan
Lighting: Duane Schuler
The Royal Opera Chorus
The Orchestra of the Royal Opera House

出演
Jaquino: Robert Murray
Marzelline: Ailish Tynan
Leonore: Karita Mattila
Rocco: Eric Halfvarson
Don Pizarro: Terje Stensvold
First Prisoner: Haoyin Xue
Second Prisoner: Krzysztof Szumanski
Florestan: Endrik Wottrich
Don Fernando: Robert Lloyd

昨年コンサート形式で全曲を聴いて音楽だけで十分かなという感想を書きましたが、今日の舞台を見てそれを再確認しました。

今回の公演は2000年にMETでプレミエだった作品を借りてきての上演です。
演出はピツァロが糾弾される最後まではかなりまっとうな感じがします。舞台装置はよくできていて、刑務所の状態や地下の独房がそれらしい作りだし、コンクリート打ちっ放しという壁の質感もよく出ていました。しかし政府高官が出てきてフローレスタンが救われた後はドン・ピツァロがみんなに虐められ銃床で殴られたり壊された自分の騎乗銅像のかわりに生身で座らされたりする場面も含めて不出来な脚本にあほらしさを上塗りするような演出はかなり稚拙でちょっと情けなくなってきます。アメリカでは受けるのかも知れませんが。

歌手は総じてよく、お馴染みのカリタ・マッティラとエリック・ハーヴァーソンはいつもの安定感があって安心して聴いていられます。ただ、マッティラは後半ちょっと声に翳りが出てきて非常に満足というわけではありませんでしたが。印象深かったのはマルツェリーネを歌ったエイリシュ・タイナンとドン・ピツァロを歌ったテルイェ・ステンスフォルト。タイナンはボリス・ゴドゥノフや魔笛で聴いたことがあり、2年前にはPromsの「ナイチンゲール」に出演したものを放送で見ましたがそのときと同様今回も声、歌ともすばらしい。2年前に比べるとちょっと太ってしまったのが惜しい感じです。ステンスフォルトはROH出演は2度目ながら私は初めて見る歌手ですが、ヴァーグナー歌手らしく朗々たる声で秀逸。フローレスタンを歌ったエントリク・ヴォトリッヒはROHデビューですがくっきりした声のテノールでまずまず。
パッパーノ指揮のROH管弦楽団は前半がよくなく、序曲を聴いて「ああ、こりゃ駄目だ」と思いましたが休憩後は見違えるようによくなりました。序曲も含めて前半ははちまちま演奏で印象が悪くなりましたはもっとスケール大きくやってほしいものです。休憩後のレオノーレ序曲を期待しましたが演奏されませんでした。
各歌手のアリアや重唱、合唱はすばらしく音楽的には大変楽しめましたが、オペラとしての駄作ぶりは救いようが無いということを生舞台でも感じました。
トップの写真は終演直後の合唱団。次の写真は左からHalfvarson、Mattila、演出のFlimmです。さらにその下の写真は左からPappano、Wottrich、Stensvoldです。
c0057725_8154355.jpg

c0057725_8161611.jpg

[PR]
by dognorah | 2007-05-28 08:19 | オペラ
<< 松原勝也+平井元喜ジョイントコ... ペレアスとメリザンド >>