再びロイヤルバレーの「白鳥の湖」

2007年5月15日、ROHにて。
c0057725_2129444.jpg

出演
Roberta Marquez: Odette/Odile
Johan Kobborg: Prince Siegfried
Pavel Sorokin: Conductor

ロイヤルバレーの白鳥は2月に見たばかりですが、先日オネーギンを見たとき、コジョカルがすばらしかったので知人と相談して彼女の白鳥を見ようということになりました。ところがコジョカルが練習中に怪我をしてしまい、今日は代役のマルケスです。第2幕の詩情あふれるオデットと第3幕の父親の意図通りに王子の誘惑に成功する悪女としてのオディールはすばらしい表現でしたがやはりコジョカルで見たかった。
パヴェル・ソロキン指揮の管弦楽は美しい演奏でした。
トップの写真は、天国で結ばれたオデットと王子が現れる最終シーン。下の写真はカーテンコールのマルケスとコボーグです。共にクリックするともう少し大きくなります。
c0057725_21302342.jpg

[PR]
by dognorah | 2007-05-16 21:32 | バレー
<< ヘンデルのオペラ「Amadig... ゲルギエフ指揮LSOの「オイデ... >>