オペラ「スペインの時」と「ジャンニ・スキッキ」

2007年4月24日、ROHにて。

本当は4月3日に見る予定でしたが不覚にも体調を崩して寝込んでしまったため最終日の今日見る羽目になってしまいました。どちらのオペラも1時間程度の短いものなので2本立てとなったわけですが、ジャンニ・スキッキは本来プッチーニがIl Tritticoという3部作を一晩に上演するように作曲したものの中の第3部です。なぜ作曲家の意図通りに上演しないのかよくわかりませんが、2本でも面倒なのに3本なんてやれないよ、ということでしょうか。なお今回のオペラについては既に多くの方がごらんになって感想を書かれています。あらすじに関してはロンドンの椿姫さんのブログをご参照ください。

L'HEURE ESPAGNOLE (Comédie musicale in one act)
Music: Maurice Ravel
Libretto: Maurice Ravel, after the play by Franc-Nohain

GIANNI SCHICCHI (Opera in one act)
Music: Giacomo Puccini
Libretto: Giovacchino Forzano after a passage from Dante Alighieri's narrative poem Commedia Part I: lnferno

Conductor: Antonio Pappano
Director: Richard Jones
Set Designs: John Macfarlane
Costume Designs: Nicky Gillibrand
Lighting: Mimi Jordan Sherin
Choreography: Lucy Burge
lllusionist: Paul Kieve

The Orchestra of the Royal Opera House
Concert Master Vasko Vassilev

出演
L'HEURE ESPAGNOLE
Torquemada: Bonaventura Bottone
Ramiro: Christopher Maltman
Consepcion: Christine Rice
Gonzalve: Yann Beuron
Don Inigo Gomez: Andrew Shore

GIANNI SCHICCHI
Buoso Donati: Bob Smith
Simone: Gwynne Howell
Zita: Elena Zilio
Rinuccio: Saimir Pirgu
Betto di Signa: Jeremy White
Mareo: Christopher Purves
La Ciesca: Marie McLaughlin
Gherardo: Jeffrey Lloyd-Roberts
Nella: Joan Rodgers
Gherardino: Jesus Duque
Gianni Schicchi: Bryn Terfe!
Lauretta: Dina Kuznetsova
Maestro Spinelloccio: Henry Waddington
Ser Amantio di Nicolao: Enrico Fissore
Pinellino: Nicholas Garrett
Guccio: Paul Goodwin-Groen

まず、「スペインの時」です。ラヴェルのオペラは見るのはもちろん聴くのも初めてですが、すばらしい音楽とおもしろい舞台設定で大いに楽しませて貰いました。写真は最後の場面です。
c0057725_0273187.jpg

1幕ものなので場面展開はありませんが、額縁の中に嵌めた作りの時計屋がとても美しい仕上げで様々な時計が華やかです。コメディとしての演出もよくできています。出演者はすべて演技も上手かったし。最後に筋とは無関係にショーダンサーが出てきて華やかさを盛り上げていましたが、いいですねこういうの。

歌手ではマルトマンとブロンが声も歌も印象的です。マルトマンが鬘をつけてふさふさした頭にしているので最初はわからなかった(^^; でもこうして見ると結構ハンサムな人だなぁと思いましたよ。ブロンは昨年12月にバービカンでの「キリストの幼児」でボストリッジの代役で出演したときが初の体験でしたが、今日もそのとき同様すばらしい歌唱でした。クリスティーヌ・ライスはいつもズボン役で見ていたのがど派手なメーキャップで好色女房役を好演しているのにびっくり。赤いパンティを見せるなど熱演していましたがその太ももを見るにつけこんなに太った人とは今まで気づきませんでした。歌は上手いのですが私は今までの印象通り、どうもこの人の声は好みじゃないです。パッパーノ指揮の管弦楽団のラヴェルはすばらしい演奏でした。
写真は左から、ボットーネ、ブロン、ライス、マルトマン、ショアです。
c0057725_0304124.jpg

次のジャンニ・スキッキは以前のプロダクションをROHで見た記憶があります。新作といっても1幕ものじゃあまり変える余地はないような気がしますが。ということで演出的にはまぁこんなところかという感じで特に印象的ではないです。演技はこちらの方もすべて上手かったと思います。ターフェルは悪役的な所作はとても上手いし。声はちょっと迫力ありすぎる感じでした(まさかマイクなんて使ってないでしょうね)。
他の歌手では、今年の1月にヴィーンの「コジ・ファン・トゥッテ」のフェランド役で好印象を残してくれたSaimir Pirguがやはりすばらしい。ROHデビューのディナ・クズネツォワが歌う例のアリアはなかなか上手かったと思います。余り感情を込めて歌うシーンじゃないから今回のようにさらっと歌うのがいいのでしょう。しかしこのローレッタ役はこれ以外にほとんど出番がないんですよね。父親によって部屋から追い出されるものですから。
喜劇オペラとしては先の「スペインの時」の方が優れていると思いました。音楽的にもラヴェルの方に軍配です。
写真は左から、パッパーノ、クズネツォワ、ターフェル、ピルギュです。ターフェルの巨体ぶりが目立ちますね。
c0057725_0311633.jpg


最後に訃報
c0057725_033636.jpg我々日本人はいつもピットの中を見て、ここにも日本人奏者がいると気づいていました。第2ヴァイオリンプリンシパルの一之瀬康夫氏です。もう30年もここで弾いてきた人ですが、3月27日に逝去されたことが今回のプロダクションの出演者表の最後のページ全面に掲載されています。そしてこのプロダクションを彼の思い出のために捧げますと。享年65歳。ご冥福をお祈りします。LSOの第2ヴァイオリン奏者にMiya Ichinoseという人がいますが、彼のお嬢さんのようです。
[PR]
by dognorah | 2007-04-26 00:41 | オペラ
<< 小澤征爾の復帰公演「さまよえる... ROHのランチタイムコンサート >>