ロイヤルバレーの「オネーギン」

3月31日、ROHにて。

ONEGIN:Ballet in three acts
Music: Pyotr Il'yich T chaikovsky Arranged and orchestrated by Kurt-Heinz Stolze
Choreography and libretto: John Cranko (after a verse-novel by Alexander Sergeyevich Pushkin)
Staging: Jane Bourne
Set and costumes: Jiirgen Rose (Munich, 1972)
Lighting: Steen Bjarke
Conductor: Valeriy Ovsyanikov
The Orchestra of the Royal Opera House

ダンサー
Eugine Onegin: Johan Kobborg
Tatiana: Alina Cojocaru
Olga: Caroline Duprot
Lensky: Ivan Putrov
Prince Gremin: Bennet Gartside
Madam Larina: Genesia Rosato
Nurse: Gillian Revie

第1幕第2場でのタチアナがラブレターを書くシーンでのコボーグとコジョカルのPDDは息を飲むすばらしさで、感動の涙を流してしまいました。最初にオネーギンが背後からタチアナの腰を抱えてリフトするところでのコジョカルのまるで天女のように自然に空を飛ぶような姿形でまず完全に彼らのダンスに惹き込まれ、その後は至福の時間でした。私生活上でもパートナー同士である彼らならではのぴったり合ったダンスです。第3幕で言い寄るオネーギンを拒否するタチアナのシチュエーションで踊られるPDDもなかなか見応えのあるものでしたが、やはり恋心に想像を膨らませている第1幕の方が数段訴えるものが多く優れた出来になっています。コジョカルは読書が唯一の楽しみであるタチアナがオネーギンを見て心をときめかせる乙女になる過程や、決闘でオルガの婚約者レンスキーを射殺したオネーギンへの決別の意思表示、グレミン夫人という立場で成熟した女性、オネーギンの求愛を断固拒否した後の複雑な心境など見事に表情や演技を使い分けて表現していて、可憐な容姿と華麗なバレーと相俟ってほんとに惚れ惚れするダンサーです。
今日のオケは第1幕がやや堅い音だったものの第2幕以降はとても美しい演奏で、チャイコフスキーを堪能しました。指揮者はちょっと頑ななところがあって、観客の拍手は完全に無視し、間をおかず次の音楽を演奏する人です。ちょっとぐらいダンサーに挨拶させる時間を与えてもいいだろうにとは思いましたが、彼のポリシーなのでしょう。

下の最初の写真はCojocaruとKobborg、次の写真はDuprotとPutrovです。
c0057725_2254037.jpg

c0057725_22544167.jpg

[PR]
by dognorah | 2007-04-01 22:55 | バレー
<< ビエロフラーヴェク指揮BBC交... オランジェリー美術館再訪 >>