歌舞伎パリ公演

2007年3月25日、パリオペラ座(ガルニエ)にて。

市川海老蔵(11代目)と市川亀次郎(2代目)は昨年6月にロンドンで公演していますが、今回は海老蔵の父である團十郎(12代目)を始め多くのメンバーを揃えてのパリ公演です。会場に着いて驚いたのは着物を着た女性がものすごく多く、恐らく日本から駆けつけたファンに相違ありません。インターネットでこの公演の切符が発売と同時に売り切れたのは日本からのアクセスのせいであったとは。観客も4割ぐらいは日本人と思われます。その割には会場からの掛声が少なかったのは歌舞伎ファンというより海老蔵ファンだからでしょう。ロンドンでは複数のイギリス人が「ナリタヤ!」と叫んでいたのとは大違いで、フランス人で声を出した人は皆無と思われます。モルティエ総裁の依頼で実現した公演の割にはパリではあまり歌舞伎ファンはいないようです。なお、舞台はロンドンと違って花道は造られず、代わりに客席中央通路に舞台から行けるようにしてそれを花道代わりに使っていました。

演目
(1)勧進帳
武蔵坊弁慶:市川海老蔵
九郎判官源義経:市川亀治朗
富樫左衛門:市川團十郎
常陸坊海尊:市川團四郎

c0057725_1933652.jpg

さすがに成田屋歌舞伎十八番の一つ、とても楽しめました。上の写真は弁慶の六尺棒と富樫の刀があわや火花を散らすかというクライマックスですが様式的にも美しく、歌舞伎ってすばらしい芸術だなぁと感心させられる場面です。市川親子の仕草は見事でした。下の写真は殴ってしまった義経に詫びを入れる弁慶。体格がいいこともあって海老蔵の弁慶はなかなか見応えがあります。以前から見たいと思っていたこの演目をこのようなすばらしい役者で見ることが出来て幸せです。
c0057725_19335970.jpg

(2)口上
c0057725_19344946.jpg

主立った出演者が上の写真のように正装してずらっと並び、観客相手に一人一人が挨拶するものです。9人並んでいますが、約1名を除き全員がフランス語で挨拶したのは立派。それも結構長い台詞で、フランス人観客にとても受けていました。しかしちゃんと字幕も出るので、口上だけだとどの程度通じたかは謎ですが。下の写真は長々とフランス語をしゃべりまくった團十郎です。
c0057725_19352498.jpg

(3)紅葉狩り
更科姫(後に戸隠山の悪霊):市川海老蔵
平維茂(たいらのこれもち):市川團十郎
山の神:市川亀治朗

c0057725_19361726.jpg

海老蔵は弁慶という偉丈夫を演じた後は一転して美女役、そして悪霊の役と芸達者なところを遺憾なく見せてくれます。上の写真は将軍、平維茂の前で挨拶する更科姫の場面。このあと次の写真のように悪霊に変化します。ここでも團十郎との立ち回りのコンビはすばらしい。舞台装置も衣装も美しく、舞踊と荒事の両方を堪能できるおもしろい演目と思いました。
c0057725_19371758.jpg

最後の写真はカーテンコールで勢揃いした主な出演者たちです。
c0057725_1938268.jpg

3月28日にフランス政府から團十郎と海老蔵に対してChevalier dans l'Ordre des Arts et des lettreという勲章が贈られたそうです。團十郎に対してCommandeur、海老蔵にはChevalierという格のものが授与されました。

今回の公演は昨年のロンドン公演より遙かに力が入ったもので、次回はロンドンでもちょっと大がかりな演しものを期待したいところです。
私は切符を入手できなかったのですが、sottovoceさんから1枚譲っていただき、このすばらしい公演をよい席で見ることが出来ました。またまた感謝です。
[PR]
by dognorah | 2007-03-29 19:41 | 観劇
<< パリオペラ座バレー「ドン・キホーテ」 ジェニファー・ラーモアのヘンデ... >>