ジェニファー・ラーモアのヘンデルオペラアリアの夕べ

2007年3月24日、シャンゼリゼー劇場にて。

Jennifer Larmore: mezzo-soprano
Jean-Christophe Spinosi: conductor
Ensemble Matheus: orchestra

プログラム(オールヘンデルプロ)
・「水上の音楽」第1組曲の序曲からアンダンテまで4部
・HerculesからアリアWhere shall I fly
・Giulio CesareからアリアEmpio, diro, tu sei
・「水上の音楽」第1組曲のプレストからメヌエットまで5部
・RinaldoからアリアCara sposa
・RinaldoからアリアVenti, turbine
・Giulio CesareからアリアDall’ondoso periglio…
・SemeleからアリアHence, Iris, hence away
・「水上の音楽」第2組曲のアレグロとAlla Hornpipe
・SerseからアリアOmbra mai fu
・AriodanteからアリアDopo notte

アメリカの歌手、ラーモアは3年前にROHで「ホフマン物語」のジュリエッタ役で聴いたことがあるだけであまり馴染みがあるとはいえない歌手です。40代後半ぐらいの年齢でしょうか。ここパリでどの程度の人気なのかよくわかりませんが、結構空席がありました。意外に入場料が高いのにはびっくり(最高72ユーロ、約£50)しましたがその割には高い席はかなり埋まっているのに感心。この劇場の安い席は舞台が半分ぐらいしか見えないせいかもしれません。

こういうプログラムであるからしてヘンデルは得意と思われますが、声はコジェナーのような華はないもののそこそこ美しいし、歌はとてもうまい。Cara sposaは心に染みる嘆き節でしたし他の曲も表現力ある歌い方です。
オケもなかなかの水準で、水上の音楽は結構楽しめました。クラヴサン奏者はYoko Nakamuraという日本人ですね。指揮者と歌手も気の合う演奏ぶりでこなれた音楽作りです。聴衆はかなり熱心な人が多いのでしょう盛大な声と拍手で、一体となって音楽を楽しんでいるようでした。アンコールは2曲演奏されました。1曲目は知らない曲ですが2曲目は本日のプログラムからEmpio, diro, tu seiの再演奏でした。

ということでホテルで思い立って雨の中を聴きに行った甲斐はありました。コンサート情報を提供くださったsottovoceさんに感謝します。
写真は拍手に答えるラーモアと指揮者スピノジです。
c0057725_2112428.jpg

[PR]
by dognorah | 2007-03-28 21:37 | コンサート
<< 歌舞伎パリ公演 ハーディング指揮LSOによるマ... >>