トーマス・アデスのオペラ The Tempest

2007年3月12日、ROHにて。

The Tempest: Opera in three acts
Music: Thomas Adès
Libretto: Meredith Oaks after Shakespeare
Conductor: Thomas Adès
Director: Tom Cairns
Set Designs: Tom Cairns and Moritz Junge
Costume Designs: Moritz Junge
Lighting: Wolfgang Göbbel
Choreography: Aletta Collins

歌手
Prospero: Simon Keenlyside
Miranda: Kate Royal
Ferdinand: Toby Spence
Caliban: Ian Bostridge
Ariel: Cyndia Sieden
King of Naples: Philip Langridge
Antonio: Donald Kaasch
Sebastian: Jonathan Summers
Trinculo: David Cordier
Stefano: Stephen Richardson
Gonzalo: Graeme Danby

2004年にプレミエだったものの再演です。当時は私はパスしたので今回が初めての経験です。作曲家自身が指揮しました。筋はシェークスピアのものをほぼなぞったものでした。
音楽は第1幕はかなりけたたましい音が出るもののやや退屈、しかし第2幕と第3幕はなかなか聴き応えのあるもので、劇の内容ともよくマッチしています。

歌手はキーンリーサイド始め全て持ち前の声がよく出ていたように思います。初めて聴くボストリッジの声はCDや放送で知っている声の先入観からすると道化た役柄にはちょっと違和感を感じましたが。ROHデビューのケイト・ロイヤルもはじめて聴く人ですがいい声をしています。Arielを歌ったアメリカのソプラノ、シーデンは曲の要請に応えて最高音域を出してはいたものの、精一杯という感じで聴いていてあまり気持ちのいいものではありません。尤もそういう音域が悠々と出せる人材はほとんどいないでしょうけれど。

舞台装置はよく出来ています。プロローグにおける船の沈没シーン(映像と思われる)と水中を沈んだり浮き上がったり泳いだりする人のワイヤーアクションがとても効果的です。背景や点在する爬虫類なども雰囲気があります。舞台中央にずっと存在し、開いたり回転したりするラップトップPCのような造作物も使い方が上手く、背景や周りの具象的なものが作る雰囲気の中で抽象化された空間を提示するなどアイデア一杯の演出でした。

アデスのオペラと言えば昨年6月にコンサート形式で「Powder Her Face」を経験しましたが、あの時は採用した台本とよくマッチした作品と思ったものです。しかし今回はなぜ古典的なシェークスピアを使う気になったのかいまいちわかりませんでした。
写真は、左からラングリッジ、ボストリッジ、キーンリーサイド、アデス、シーデン、ロイヤル、スペンスです。
c0057725_2265932.jpg

[PR]
by dognorah | 2007-03-13 22:09 | オペラ
<< ムーティ指揮ヴェルディのレクイエム トーマス指揮LSOによるマーラ... >>