ヘンデルのオペラ:オルランド(Orlando)

2007年2月26日、ROHにて。

ORLANDO:Opera in three acts
Music: George Frideric Handel
Libretto: Anonymous after Carlo Sigismondo Capece's L'Orlando and Ludovico Ariosto's Orlando furioso

Conductor: Sir Charles Mackerras
Director: Francisco Negrin
Designs: Anthony Baker
Lighting: Wolfgang Gobbel
Associate Director and Choreographer: Ana Yepes
The Orchestra of the Age of Enlightenment

Orlando: Bejun Mehta (a knight)
Angelica: Rosemary Joshua (Queen of Cathay, in love with Medoro)
Medoro: Anna Bonitatibus (an Aftican prince, in love with Angelica)
Dorinda: Camilla Tilling (a shepherdess)
Zoroastro: Kyle Ketelsen (a magician)

このプロダクションは2003年がプレミエでしたので4年ぶりに再演です。私は4年前はパスしたので今回が初めてでしたが、歌も舞台もとにかくすばらしい公演でただただ感心するばかり。ヘンデルのオペラを大いに堪能しました。

歌手は全て文句の付けようのない出来で、特に主役のベジュン・メータは、カウンター・テノールでここまで凄い歌唱が出来るのかと唖然としました。まるでベルカントオペラのように高音を張り上げて歌えるのです。声は低音から高音まで非の打ち所のない美しさ。表情も含めた演技も上手い。
ソプラノ二人もお互い張り合うように上手い歌唱を披露してくれました。ローズマリー・ジョシュアは初めて聴く人ですが潤いのある声で上手い歌唱の美人歌手ということでしっかり記憶に刻まれました。ティリングは何度も聴いている人ですが今夜もすばらしい高音を聴かせてくれました。
メゾソプラノのボニタティブスは昨年6月にツェルリーナ役で聴いたことがあります。それほど好きな声ではありませんが歌唱は大過なくこなしていました。
バリトンのケテルセンがまたすばらしく、彼がこんなに実力者だとは初めて知りました。2005年9月にMaskaradeで聴いたことがあるだけでしたが当時はそれほど印象的ではなかったのです。
舞台は円形の回り舞台を4つに区切って必要に応じて回転させるもので、全体としてもなかなか工夫が凝らされて楽しめるものです。衣装も違和感なく溶け込んでいます。あまりわけがわからないのは、3人のダンサーがエロス、ヴィーナス、マーズに扮してしばしば登場するところ。ヴィーナスとマーズは台詞にも出てくるのでいいとして、エロスがしょっちゅう歌手たちにちょっかいを出す場面はどうかなと思います。かなりしつこい。ヴィーナスは上半身ヌードで登場しますが、乳房の美しさで採用されたのではないかと思うくらいかっこよかった。写真を見ると結構美人さんでもあるのですが。とにかく舞台装置も含めてなかなかよく出来たプロダクションと思います。

写真は、左からボニタティブス、ジョシュア、マッケラス、メータ、ティリング、ケテルセンです。
c0057725_21312433.jpg


あらすじ
Cathayの女王アンジェリカはかつて命を救ってくれた騎士オルランドに謝意を示すため結婚を約束するが、しばらく会わないうちに女羊飼いのドリンダが怪我の介抱をしていたアフリカの王子メドロに出会い、自分も介抱するうちにメドロを愛してしまう。ドリンダもメドロを愛しているため二人で取り合いとなるがメドロはアンジェリカを選ぶ。
オルランドはアンジェリカを探し回るが見つけたときは彼女がメドロといい仲になっているのに失望し怒り狂う。あまりのことに正気を失いドリンダをアンジェリカと間違えたり乱暴狼藉をしたり挙句の果てにメドロを刺し殺し、次いでアンジェリカも殺す。疲れ果てて眠りにつくが、永い眠りの後に魔法使いゾロアストロに覚醒されようやく正気を取り戻す。メドロはまた彼が乱暴な振る舞いをするのではないかと戦々恐々とするがゾロアストロの魔術で生き返ったメドロとアンジェリカが現れるとオルランドは平静心を取り戻し二人の結婚を受け入れて自分はまた新たな人生を歩もうと決心する。
[PR]
by dognorah | 2007-02-27 21:32 | オペラ
<< ランチタイムコンサート2題 ヤナーチェクのオペラ「ブローチ... >>