ヴェルディのオペラ「ドン・カルロ」公演

2006年12月18日、ヴィーン国立歌劇場にて。イタリア語版の4幕ものなので休憩一回込みで3時間半と長くはない構成です。
c0057725_2246027.jpg

Don Carlo
Oper in vier Akten nach Friedrich Schiller von François Joseph Pierre Méry und Camille Germain Du Locle
Music: Giuseppe Verdi

Dirigent: Marco Armiliato
Inszenielung, Lichtarchitektur und Kostüme: Pier Luigi Pizzi
Chorleitung: Janko Kastelic

Philipp II: Matti Salminen
Don Carlo: José Cura
Rodrigo: Simon Keenlyside
Der Großinquisitor: Kurt Rydl
Ein Mönch (Kaiser Karl V): Goran Simić
Elisabeth von Valois: Olga Guryakova
Princzessin Eboli: Luciana D’Intino
Tebaldo: Laura Tatulescu
Graf von Lerma/ Herold: Vladimir Moroz
Stimme vom Himmel: Ileana Tonca

今回ヴィーンに来た主目的であるこの公演、こうして配役を書いていても改めて凄い顔ぶれだなぁと溜息が出ます。コヴェントガーデンではちょっと真似が出来そうもない感じがしますし、恐らく将来的にも当分これに匹敵するプロダクションも経験できないでしょう。

その歌手陣ですが、期待に違わず圧倒的な歌唱であり声でした。贅沢を言えば、大審問官と先帝カール5世の声がもう少し低音部で迫力があれば何も言うことはないというところです。男声陣ではサルミネンもキーンリサイドもクーラも好調でした。まずちょっと太目のテノールが舞台に響き、おお、クーラの美声だと頬が緩みましたが、次いで登場したキーンリサイドのど迫力の声で更にうれしくなります。最初から第3幕で射殺されるまで緩むことのない歌唱で、ややクーラが食われ気味。
サルミネンも持ち前の迫力ある低音が冴えます。彼の声が果たしてフィリッポ2世の役にふさわしいのかと言う巷の前評判もあったようですが私的にはすばらしい出来です。第3幕冒頭での独白シーンは悩める王の姿を感動的に歌って長い拍手を貰っていました。
c0057725_22452010.jpg女声陣ですが、エボリを歌ったディンティノが全く期待通りの歌唱でしびれました。演技も上手く凄い存在感があります。この夏にヴェローナ歌ったカルメンもすばらしいものでしたが、この小さな歌劇場では声をぐっと絞っても十分迫力を出せる歌手です。これに対してグリヤコワも一歩も引けを取らず凛々しく気品のある声を響かせて見事なエリザベッタ役を披露しました。私は初めて聴く人ですが細面の美人で、この役にはぴったりです。左の写真はクーラとグリヤコワです。
存在感的に一番アピールしたのは僅差ながらキーンリサイドとディンティノでしょうか。逆に5人の主要役者の中ではクーラがやや薄い存在感という印象です。

舞台は、宮殿などのフェンスでよく使われている金飾り付きの高い鉄柵を多用したやや象徴的な装置に古典的な柱を組み合わせたもので、衣装は古典的です。演出的にも特に変わった点は認められない素直なものです。最後はカール5世がカルロを引き離し、王との間に鉄柵が出現する仕組みになって終了。

演奏ですが指揮のアルミリアートを高く評価します。ヴェルディらしい劇性と叙情的な美しさを余すところなく表現した格調の高い音楽でした。管弦楽もさすがと言わせる美しいアンサンブルで、昨日のグノーとは大違い。国立歌劇場管弦楽団らしい甘美な音に酔いました。
本当に感動した公演で、途中何度か感動の余り涙が出るほど。カーテンコールでブラヴォーを連発しすぎて帰宅時には喉がガラガラでした。
トップの写真は第2幕終了時のもの。カーテンコールで珍しく舞台を見せてくれました。
次の写真は最後のカーテンコール時のもの。左からクーラ、グリヤコワ、アルミリアート、ディンティノ、サルミネン、キーンリサイド、リドル、シミッチです。
c0057725_22462482.jpg

[PR]
by dognorah | 2006-12-22 22:51 | オペラ
<< シュトラウスのオペラ「アラベラ」公演 グノーのオペラ「ロメオとジュリ... >>